ガード下の郷愁、ここが踏ん張りどころ‐1805‐

 昨日は京阪電車で萱島まで移動しました。

 いよいよ「Ohana」移転計画の工事が始まります。

 寂しい気持ち半分、ワクワクする気持ち半分。

 新店舗は 「あの森のOhana」。現場日記もスタートしたので、良ければまたのぞいて下さい。
 

 工事請負契約締結に同席してきたのですが、サインだけなのですぐ終わるかと言えばさにあらず。

 カメラマンの石井さんと建築会社の社長を交えて話を始めると、あっという間に2時間半が経っていました。

 帰りも天満橋駅で乗り換えますが、少し夕涼みでもして行こうかと。 

 八軒家浜に出て、西側の中之島を望む景色が素晴らしい。

 昨日の天気なら、夕日も素晴らしかったことでしょう。

 川沿いにマクドナルドがあるのですが、その前にテラス席があります。

 マクドナルドの席なのか、そうでないのか分かりませんが、この時期の特等席であることは間違いありません。

 実際には、アルコールの並んでいるテーブルも結構ありました。

 近くの店舗はすでに閉店時刻。

 咎めたい気持ちもありますが、仕方ないのかなという気持ちも少しあります。

 こんな貼り紙を見る度に、何とも心が重たくなりました。
 
 同級生のあの店は大丈夫なんだろうか……と。

 飲みに行く習慣がないので、普段から売り上げに貢献していませんが、世の中は勿論のこと繋がっています。

 「現代における禁酒法だ」というコメントもありました。飲食関係の人達にとって、本当にレベル5の緊急事態だったでしょう。  

 ガード下に息づく郷愁。

 昭和生まれは、行く行かないに関わらず、こんな景色が好きなのです。

 変異株の話があったり、ワクチン接種の遅さが未だに話題をさらいますが、ようやく、おぼろげながら、出口が見えてきたという場面でしょうか。

 日常に、こんな景色を取り戻すためには、このあたりが本当に踏ん張りどころなのだと思います。

■■■1月27日 『Best of Houzz 2021』を「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■12月28日発売『suumoリフォーム(関西版)』にインタビュー記事掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■9月11日発売『リフォームデザイン2020』に「回遊できる家」掲載

■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました

◆メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをたのしく‐1804‐

 昨日、6月6日は「ロックンロールの日」だったそうです。

 ロックンロールと言えば内田裕也さんですが、ラジオからはハワード・ジョーンズの曲が流れてきました。
 
 中学生の頃のヒット曲で本当に懐かしかったのですが、音が新鮮だったことにも驚いたのです。 

 阪神高速池田線は、伊丹空港あたりを過ぎると景色が随分変わります。

 終点付近で、亀岡に抜ける423号線と、京丹後へ抜ける173号線に枝分かれするのも特徴的。

 たまにしか乗らないので、やや緊張するのですが。

 昨日は173号線側に降りました。

 初期調査の為ですが、このあたりはあまり走った記憶がありません。

 自然豊かな景色も多いのですが、想像以上に住宅地が広がっていました。

 新築、フルリノベーションの両方を視野に入れているご夫妻と、5件の建物、敷地を見て回ったのです。

 もう6年程前のことですが「守谷さん、この中古物件買っていいですか?」と尋ねられました。

 コンマ数秒迷いましたが「新築を視野に入れないなら、いいと思います」と答えました。

 こうして「神戸の高台の家」は計画がスタートしました。

 裏手に擁壁があり、現行法規の下で建替えをするなら、その部分を全てやり替える必要があります。

 数百万は掛かると考えたので、「リノベーション一択なら」と答えたのです。 

 何千万もの買物を左右する可能性があるアドバイスで、多少の重圧を感じなくはありません。

 しかし、それを実務で経験させて貰ったからこそ私も鍛えられるのです。

 むずかしいことをやさしく

 やさしいことをふかく

 ふかいことをたのしく

 今年の2月、日経新聞の「私の履歴書」でホリプロ創業者、堀威夫さんが紹介された言葉です。 

 1960年にホリプロを創業した堀さんは、1980年代の半ば、ある月刊誌で作家・井上ひさしさんの書斎に張りだされているのを見掛けました。

 連絡を取るとご自身の言葉とのことで、ホリプロ本社の玄関には、直筆が掲げられているそうです。

 ある整形外科医のクライアントが、「僕は『腰椎』という言葉は使わないようにします。『腰骨』のほうが分かり易いですものね」と。

 次は、腰骨の大切さを説明します。

 そして、長く健康でいられる方法を、一緒に考えるのだそうです。

 ここまで相手のことを考えて、患者さんが殺到しないはずはありません。
 
 仕事の根源にある原則は、職種には寄らないのでしょう。

 「大変を楽しく」は私のモットーでしたが、井上ひさしさんの言葉には完全に一本負けです。

 吉川英治文学賞をはじめ多くの受賞歴があり文化功労者ですから当たり前と言えば当たり前ですが。
  
 ただ、求めれば、人はいくらでも成長できると信じます。

■■■1月27日 『Best of Houzz 2021』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■12月28日発売『suumoリフォーム(関西版)』にインタビュー記事掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■9月11日発売『リフォームデザイン2020』「回遊できる家」掲載

■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

バイバイする木‐1803‐

 梅雨の合間というよりは、晴れの合間の梅雨といった感じです。 

 郊外の現場から移動しますが、カーナビが普及するまでは「抜け道マップ」にお世話になりました。

 こんな道路は「快走ルート」と表記されていたはずです。 

 道端に咲くマツバギクは、日の光を浴びてキラキラと。

 写真ではそこまで伝わらないのですが、まるで天使の輪のようでした。

 野花は語らぬところに美しさがあるものです。

人は人であり
草は草であり
松は松であり
椎は椎であり
おのおの栄えあるすがたを見せる
進歩というような言葉にだまされない
懸命に 無意識になるほど懸命に
各各自らを生きている

木と草と人と栄えを異にする
木と草はうごかず 人はうごく
しかし うごかぬところへ行くためにうごくのだ
木と草には天国のおもかげがある
もううごかなくてもいいという
その事だけでも天国のおもかげをあらわしているといえる
-八木重吉- 詩人 「万象」より

 八木重吉は、昭和初期に29歳の若さで没した自然派の詩人です。

 現在の筑波大を出ると、御影師範学校で英語教師として教鞭をとりました。

 第一詩集『貧しき信徒』は「野菊社」から出版されましたが、結核に倒れた4ヵ月後のことでした。

 ゴールデンウィークに池原ダムへ行った時のこと。

 何度も立ち止まって見たのですが、どうみても木が自分で葉を振っているのです。

 数枚の葉だけが、まるで「バイバイ」をしているように。

 食虫植物もあるので、それほど珍しいことではないのかもしれませんが、少しの間、この木を眺めていました。

 「万象」の中に「木と草はうごかず 人はうごく しかし うごかぬところへ行くためにうごくのだ」とあります。

 動かぬところへ行くまでの過程が人生。

 懸命に、無意識になるほど懸命に生きれているのだろうか……

 四十にして惑わずのはずが、五十にして反省ばかりの毎日です。

 しかし反省だけしていても変化は起りません。

 動かぬ木が動くくらいですから、駄目なところは今すぐ「バイバイ さようなら」です。

■■■1月27日 『Best of Houzz 2021』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■12月28日発売『suumoリフォーム(関西版)』にインタビュー記事掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■9月11日発売『リフォームデザイン2020』「回遊できる家」掲載

■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記