Works

夢は必ず実現する、してみせる

「こんな暮らしをしたい」「あんな建物で仕事ができたら」すべては、夢を描くことから始まります。夢という種がなければ、花が咲くことはありません。何としても実現するという気持ちがあれば、夢は必ず実現します。してみせるのです。条件が厳しければ、それを上回る情熱で挑みます。後は信念をもって行動するだけ。本気のクライアントと、本気で仕事が出来ることほど幸せなことはありません。そんな時「幸せな建築」が生まれると思うのです。

作品一覧 流 れ 設 計 料

                      

Architect

建築家 守谷昌紀

草木は太陽に向かってすくすくと伸びていきます。クライアントの「幸せ」という太陽を共有することができれば、建築も「幸せ」に向かって自然に成長していくと考えています。草木と違うのは、幸せの形は人それぞれだということ。「幸せ」の核心にあるものを共有するには、対話を重ねるしかありません。それらを整理し、具現化していくことが建築家の仕事だと考えています。クライアントと太陽を共有し、幸せの実現にむけて全力を尽くします。

プロフィールメディア掲載

                      

Getsumoku Diary

守谷昌紀のゲツモク日記

人類の未来‐1680‐

 命の尊さに差異はありません。

 しかし心は別です。

 欧米で、桁が違う程の人が亡くなっていても、「日本じゃない」とどこかで言い聞かせている部分があったことは否めません。

 志村けんさんの訃報を聞き、改めてのそのことを感じます。全国民のおじさんが亡くなったのです。

 海外メディアは「日本の喜劇王」、「日本のロビン・ウィリアムズ」と表現しました。

 小学校の頃、土曜8時は「全員集合」と「ひょうきん族」で、真っ二つに割れたものです。

 刺激的で、やや毒のあったひょうきん族と比べて、お笑いの王道を貫いたのが全員集合でした。

 志村さんには、まさに喜劇王の言葉がふさわしいと感じます。

 近鉄電車の南大阪線に乗る機会がありました。

 古市行きの普通電車は閑散としていました。

 僅かな乗客も互い違いに座り、距離をとるよう意識しているのが伝わってきます。

 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」を通るとあって、扉には前方後円墳のラッピングがなされていました。

 吊革には全て埴輪が。

 世界遺産登録に沸いたのが、遠い過去のようにも感じてしまいます。

 沿線にある葛井寺(ふじいでら)。

 藤井寺という地名の由来になったと言われる古刹です。

 お寺にしろ寺院にしろ、全ての信仰の対象で、無病息災を掲げていないところはありません。

 疫病が流行ったとしても、天災が起きたとしても、祈るしかなかった時代のほうが、人類史の中では圧倒的に長かったはずです。

 多くの事がコントロール出来る、出来ると思っていた現代に、このような事が起こるとは全く想像できませんでした。

 私はギリシャ神話「パンドラの箱」の話が好きです。

 ゼウスはまだ男しか人間は存在しない世に、パンドラという美しい女性をおくります。

 パンドラには、決して開けてはならないと命じ、災い全てを閉じ込めた箱を与えました。

 彼女は同時に、好奇心も与えられていたので、我慢できずにその箱を開けてしまいます。

 開けた瞬間に、災いがこの世に溢れ出しますが、かろうじて蓋を閉じ、唯一閉じ込めたのが「予兆」でした。

 ギリシャ人は、未来を知ることが大きな災いと考えていたのです。

 本来なら春うららかなこの季節ですが、やや気が重いのは仕方ありません。

 自分の子供が、自分の親が、自分のおじさんが亡くなるのは誰もが嫌なはずです。

 無理に理由をつける必要はありませんが、誰かの死を無駄にしたくないなら、全国民が、全人類が、自分達の未来のために一段段ギアを上げなければならない局面に入ったのでしょう。

 グローバル化が進んだこの時代、人種も、性別も、年齢も関係なく、77億人全員にその未来が託されていると言っても過言ではありません。

 自分の人生が、この先の人類がどうなるのかは、誰にも分かりません。

 しかし分からないからこそ、生きて行けるのだとギリシャ神話は教えてくれるのです。

■■■2月13日 『Best of Houzz』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■2月3日 『Houzzの特集記事』「阿倍野の長屋」が取り上げられました
■12月3日 『Houzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が5位に選出
■9月30日発売『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本 関西版』「回遊できる家」掲載
■7月21日BS朝日『大改造!!劇的ビフォーアフター』「住之江の元長屋」再放送
■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました
■4月1日発売『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』「さかたファミリー歯科クリニック」掲載
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

2020.03.30

人類の未来‐1680‐

普段「レッド・オーシャン」時々「ブルー・オーシャン」‐1679‐ 

 春分の日は、鳥取ボウリング遠征に行っていました。

 ボウリングの後は、鳥取砂丘にも寄ってきました。

 この日は風が強く、砂嵐で辺りが白く煙って見えます。

 砂丘を見下ろす丘の上の「砂の美術館」は休館。

 隣接するお土産物店が開いていたのでのぞいてみると、新聞に載っていた「とうふちくわ」が。

 「とうふ」なのか「ちくわ」なのか選挙が行われたこともあるそうです。しかし購入はせず。

 砂丘まで下るリフトがでており、乗る羽目になりました。

 屋内自粛からか、隣接する施設はほぼ満車。

 7年前、長男がアリジゴクが見たいというので、鳥取中を探し回りました。

 ここで最大のアリジゴクを捕まえたことを思い出します。

 強風につき後ろ向きで進む兄妹。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=9_v39B3YD2Y]

 砂嵐で顔が痛い程でした。

 最大の丘陵を見つけると、2人で走って行ってしまいました。

 長男はスイスイと登っていきましたが、娘は苦戦中。

 足だけでは滑り落ちていくので4本足です。

 アリジゴクに引きずり込まれるアリになった気分です。

 ようやく登頂。

 景色は日本離れしており絶景でした。

 青い海に白い砂。

 お砂場セットの忘れ物。

 枯れているのか、生きているのか。

 どこを切り取っても絵になります。

 やはり写真は背景が大事だとよく分かります。

 遅い昼食を取り、夕方4時頃に現地を出たのです。

 途中、中国道、淡路道が事故渋滞との一報が入りました。

 渋滞を避けるため、播但道で姫路バイパスまで南下。

 ハーバーウェイ、湾岸線と乗り継ぎ大阪に帰ってきました。

 経営用語で競争の激しい既存の市場を「レッド・オーシャン」、競争相手のいない市場を「ブルー・オーシャン」と言ったりします。

 発信元となった「ブルー・オーシャン戦略」という本は読んでいないのですが、「競争のない世界を創造する」というサブタイトルから想像はできます。

 血みどろの戦いは駄目だということですが、私は戦いがある方がむしろ好きなのだと思います。

 著者からは笑われるかもしれませんが、古代エジプトからあるとも、ルネサンス期からあるとも言われる建築家という職業を選んだ時点で、もう血みどろの戦い真っただ中なのですから(笑)

 それで休みができれば、ブルー・オーシャンやクリア・レイクへ行くのです。

 普段「レッド・オーシャン」時々「ブルー・オーシャン」。

 好きなのだから仕方ないのです。

■■■2月13日 『Best of Houzz』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■2月3日 『Houzzの特集記事』「阿倍野の長屋」が取り上げられました
■12月3日 『Houzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が5位に選出
■9月30日発売『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本 関西版』「回遊できる家」掲載
■7月21日BS朝日『大改造!!劇的ビフォーアフター』「住之江の元長屋」再放送
■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました
■4月1日発売『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』「さかたファミリー歯科クリニック」掲載
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

2020.03.26

普段「レッド・オーシャン」時々「ブルー・オーシャン」‐1679‐ 

ゲツモク日記一覧

                      

Under Construction

アトリエmの現場日記

松原/脳神経外科「うえだクリニック」‐13‐前向きであるということ

 年始から、4度延期させて貰っていた「うえだクリニック」の撮影ですが、ようやく晴れてくれました。

 前日までの予報は、晴れと曇りが半々くらいの予報。

 天気図を見ていると、午前中に1回くらいは晴れるチャンスがあるだろうと決行しました。
 
 結論で言えば、本当にチャンスは1度だけで、冷や冷やしたのですが。

 このクリニックはかなり大きいので、私の役割はほぼサポート一辺倒です。

 自分のカメラでも、色々撮りたかったのですが、数えるほどしかカメラを構える機会がありませんでした。

 勿論、折角プロにお願いしているので、職能を存分に発揮して貰うのが一番です。

 今回は、知り合いの建築家に紹介して貰った、冨田英次さんにお願いしました。

 私より少し若いですが、同じような年代で気さくな人です。

 前の道の人通りの多さには絶句していましたが。

 15時くらいまで掛かって、何とか午前の部が終了。

 2階のスタッフエリアがかなり充実しているので、バックヤードは私が撮ります。

 前クリニックはこれらのスペースがなく、転院の大きな動機となったので、重要な部分でもあります。

 院長も来られていたので、無理を言ってトレーニング風景も撮らせて頂きました。

 院長だけでなく、スタッフの中にトレッドミルで走っている人もいるという、何とも健康なクリニックなのです。

 シャワールームがあれば、ちょっと走ろうかという気分になりやすいでしょう。

 当社のトイレにも、実はシャワーを備えているのですが、別室はかなり羨ましいものがあります。

 院長は、富士山をマラソンで走って登ったり、160kmマラソンに出るレベルで完全なるアスリートなのです。

 夕景撮影時は、雨もぱらつきましたがギリギリセーフという感じ。何とか撮影を終了しました。

 極めて前向きな院長のパーソナリティが、この計画を成功へと導いてくれたのは間違いありません。

 コロナウィルスの件も「今回の経済状態の悪化を教材に、不況を知らない子供たちに教育できる機会と前向きに考えています」と言っておられました。

 成功したいる人で、ネガティブな人とはたったの一人も会ったことがありません。

 人は弱いものですから、環境に左右もされるし、嘆きたくもなります。

 しかし、環境の奴隷であるだけでは、折角万物の霊長という看板を外さなければなりません。

 夜家に帰ってから、暇をもて余している子供達に、「何処か行きたいところってある?」と聞くと、娘が「ボーリング!」と即答でした。

 「いやあ、ボウリングは密室だし、ちょっと……」と答えると、「島根へ行ったらいいやん!」と。

 なるほど、その手があったか!と思わず膝を叩きました。よって、来週のどこかにボウリング遠征へ行くことに決定しました。

 ポジティブである事とは、行きたいところがある、見たい景色があるということだと、改めて気付かされたのです。

 大人になっても、仕事を始めても、このくらい前向きあってくれたらと願うのですが。

文責:守谷 昌紀

■■■2月13日 『Best of Houzz』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■2月3日 『Houzzの特集記事』「阿倍野の長屋」が取り上げられました
■12月3日 『Houzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が5位に選出
■9月30日発売『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本 関西版』「回遊できる家」掲載
■7月21日BS朝日『大改造!!劇的ビフォーアフター』「住之江の元長屋」再放送
■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました
■4月1日発売『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』「さかたファミリー歯科クリニック」掲載
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

2020.03.14

松原/脳神経外科「うえだクリニック」‐13‐前向きであるということ

「ときめく紺色の家〈リノベーション〉」‐2‐人は忘れる

 リノベーションは解体撤去工事から始まります。

 重機では解体は出来ないので、全て職人による「手バラシ」。

 この日は5人掛かりで、2階の壁が一気に無くなりました。

 床に穴を開けて、1階にガラを落として行きます。

 この日はクライアントと現場打合せでしたが、25年住んだ家なので、感慨深いものもあると思います。

 などと思っていたら、2階のガラで1階があっという間に一杯になりました。

 もうもうと埃が舞う中。

 手作業で分別して、トラックに積んで行きます。

 楽な仕事などひとつもありませんが、本当に感謝の気持ちしか沸いてきません。

 屋根裏から、上棟式の際の御幣がでてきました。

 クライアントに「懐かしいですか?」と聞くと、「あんまり覚えてなくって……」と。

 25歳で自宅を建てられてので、感慨深いだろうと思い聞いてみたのですが、ちょっとずっこけました。

 DNAの中には、全人生の記憶が残されているそうです。

 映画等で、車ごと谷底へ落ちて行く際、走馬燈のように記憶が蘇るシーンがありますが、あれは本当なのだと教えて貰いました。

 もしそうなら、本気の危機感を持っていれば、テストでも100点が取れた訳ですが、自在に操るのは難しいようです、

 人は歯ぎしりするほどの悔しい事や、立ち直れないかもと思うような悲しみも、忘れられるから生きて行けると言えます。

 だからこそ、人は人の心に残りたいのだと思います。

 時々、名刺に載せている作品を見て「あっ、この建物知ってますよ」と言って貰うことが時があります。

 私自身が、誰かの心に残らなくても構いません。もし建築が残ってくれたとしたら、これ以上光栄なことはありません。

 いつもそんな物創りが出来ればと思っています。

文責:守谷 昌紀

■■■2月13日 『Best of Houzz』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■2月3日 『Houzzの特集記事』「阿倍野の長屋」が取り上げられました
■12月3日 『Houzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が5位に選出
■9月30日発売『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本 関西版』「回遊できる家」掲載
■7月21日BS朝日『大改造!!劇的ビフォーアフター』「住之江の元長屋」再放送
■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました
■4月1日発売『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』「さかたファミリー歯科クリニック」掲載
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

2020.03.04

「ときめく紺色の家〈リノベーション〉」‐2‐人は忘れる

現場日記一覧

    

News