太子町/プールがある「ささき整形外科クリニック デイケアセンター 」‐1‐プロローグ

2020年4月2日。姫路城を訪ねていました。

午後から、揖保郡太子町にある「ささき整形外科クリニック」の院長と、ある計画の打合予定でした。

少し早めに大阪を出て、立ち寄っていたのです。

世はコロナ下の社会へ移行していく前夜というタイミング。

今は亡き安部首相が緊急事態宣言を発令したのが4月8日でした。

世界遺産の姫路城も天守閣は閉鎖中。

人もまばらだったのが印象に残っています。

揖保郡太子町は姫路の西にあり、車で30分程。

西国街道沿いに発展した街のようですが、西播を訪れて感じるのはその平野の広さです。

人口3万人の太子町中央あたりに位置するのが 「ささき整形外科クリニック」

2015年に開院しました。

院長の「医療の中でも整形外科はポジティブな科目だと思います」という言葉が印象に残っています。

診療の際、患者さんには足腰への負担が少ない水中での運動を勧めるそうですが、その施設が足りていないことが計画の動機になりました。

自身が学生時代は水泳部に所属していたこともあり、現クリニックの隣に、プールを備えた通所リハビリテーションの建設を決めたのです。

それが「ささき整形外科クリニック デイケアセンター 」です。

治療室は100㎡以上。

エアロバイク、筋肉強化マシン、レッドコードなどを備えます。

やはり一番の特徴はプール。

10m×3mの水中トレーニングエリアがあり、年齢を問わず健康を維持、発展してもらう施設なのです。

災害時に少しでも地域の役に立てればと、井戸、太陽光発電、蓄電池設備なども備えています。

地域の方々に恩返しがしたいという真っすぐな思いが、この計画の推進力でした。

当初の予定では、2022年の5月のオープンを目指していました。

しかし新型コロナの影響で、計画は1年先延ばしとなり、2023年の5月に目標は変更。

更に物価の高騰もあり、工事費の調整に時間が掛かったのですが、昨年末にようやく決着したのです。

3年前の春、誰しも「この先どうなるんだろう」という不安に苛まれました。

それでも時は流れ、季節は移ろい続けます。

止まない雨はないように、ようやく着工へとこぎつけたのです。

「長く健康に」

この言葉を具現化するため、夏の竣工へ向けていよいよ工事が始まります。

■6月16日 『ESSE-online』「おいでよ House」掲載

■ 『ESSE-online』にコラム連載

10月11日「テレワーク時代の間取り」
9月18日「冷蔵庫の位置」
6月18日「シンボルツリー」
6月5日「擁壁のある土地」
4月11日「リビング学習」
2月27日「照明計画」
2月14日「屋根裏部屋」
2月1日「アウトドアリビング」
1月4日「土間収納」

■11月28日『homify』の特集記事に「回遊できる家<リノベーション>」掲載
■11月17日『homify』の特集記事に「下町のコンクリートCUBE」掲載
■6月11日『homify』の特集記事に「R Grey」掲載

メディア掲載情報

半地下の音楽室がある「没頭できる家」‐1‐プロローグ

ちょうど1年前、建築家が多く登録されているポータルサイト経由で、このようなメッセージが届いた。

「阿倍野の長屋」の遊び心ある作りに惹かれて資料請求させて頂きました。

住まいの建て替えを検討中で、可能であれば半地下の音楽室を設けたいと考えています。
間取り案をアプリで作成しています。

間取り案作成前に一度ハウスメーカーで見積もりしたのですが、間取りがピンと来ず費用も合わなかったため断りました。

よろしくお願いします。

ご夫妻は、ライブ演奏のあるレストランで働いていた際に知り合った。

それぞれが、キーボード、ギター、ドラム、パーカッションと演奏できる。

そこでの仲間が集まった際、セッションできる音楽室があれば……

これが新居建て替えの大きな動機になったそうだ。

コロナ下の社会となって、なかなか友人たちとも集まりにくい。仲間で気軽にBBQができるアウトドアリビングも希望のひとつだ。

音楽室を半地下としたのは、完全地下だとコストが掛かることと、視線のつながりを考えてのこと。

このあたりも非常に明確なイメージを持っておられた。また、詳しく紹介していきたいと思う。

奥さんが育った大阪南部に位置する敷地は、数万年から数千年前に離水した台地で、地盤は非常に良好。

しかしその分、埋蔵文化財包蔵地域にも指定されていた。

試掘で遺跡が発見され、私にとっても初めての発掘調査となった。

1500年程前に、人が暮らした痕跡がはっきりと見える。

弥生時代、古墳時代の土器が見つかったのである。

無事発掘調査も終わり、地鎮祭が執り行われた。

お子さん3人も手を清め。


式典に参加してくれた。

コンパクトで金額も抑え目だが半地下の音楽室がある「没頭できる家」。参考になる要素が沢山詰まった家だ。

来春の竣工まで、現場の様子をお届けするので、どうぞお付き合いのほどを。

文責:守谷 昌紀

■■5月13日『住まいの設計6月号』「おいでよ House」掲載

■6月16日 『ESSE-online』「おいでよ House」掲載

■ 『ESSE-online』にコラム連載

9月18日「冷蔵庫の位置」
6月18日「シンボルツリー」
6月5日「擁壁のある土地」
4月11日「リビング学習」
2月27日「照明計画」
2月14日「屋根裏部屋」
2月1日「アウトドアリビング」
1月4日「土間収納」
12月6日「キッチン・パントリー」

■■1月6日『Best of Houzz 2022』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

■6月11日『homify』の特集記事に「R Grey」掲載
■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載

メディア掲載情報

建築家・守谷昌紀TV 3台駐車可「3つの庭を持つコートハウス」EPISODE3


■■5月13日『住まいの設計6月号』「おいでよ House」

■  『建築家・守谷昌紀TV』 開設

■ 『ESSE-online』にコラム連載

4月11日「リビング学習」
2月27日「照明計画」
2月14日「屋根裏部屋」
2月1日「アウトドアリビング」
1月4日「土間収納」
12月6日「キッチン・パントリー」

■■1月6日『Best of Houzz 2022』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

■5月13日『homify』の特集記事に「アンティーク雑貨のある家」掲載
■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

3台駐車可「3つの庭を持つコートハウス」‐12‐揺らめく、薪ストーブの炎

先週末ですが、「3つの庭を持つコートハウス」の6ヵ月点検に行ってきました。

【建築家・守谷昌紀TV】は、この現場からスタートしました。

しかながら、この計画もコロナ下の社会に翻弄されます。ご家族の予定もあり、撮影は2回だけ。

点検も今日まで延期になっていたのです。


木造4号物でこのサイズの駐車場を実現したのは初めてです。

私も駐車させてもらいましたが、ゆったり3台駐車可。タイトルに偽りなしです。

その前にも3台、向かって右にも2台は駐車できるので、計8台は駐車できます。

郊外型の住宅にとって駐車スペースは常に大きな課題です。

その後ろにある中庭です。

普段からご家族で楽しんで貰っているとのこと。建築は使って貰えなければ意味がないので、嬉しい限りです。

ご主人の特等席は、薪ストーブ前のこの席です。

「一度、薪ストーブを使うとエアコンはもう使えないくらい快適です」と。

この日も寒い一日でしたが、室内は非常に快適でした。

メーカーの担当者が「この機種は、とにかく炎が美しいんです」と。

その意味がよく分かりました。

想像を遙かに超えるほど、炎の揺らめきが美しく、いつまで見ていても飽きないのです。

ちなみに薪はこういったタイプが長持ちするそうです。

色々な建築を設計させて貰いましたが、薪ストーブはなかなか実現に至りませんでした。

しかし自分が設計した空間の中で感じ、その価値を十分納得できました。

3月末に、竣工写真の撮影をお願いしてきたのですが、その時はもう火は入っていないでしょうか……

もっとしっかり薪ストーブを撮ってくればよかったと、やや後悔するのです。

それでも撮影は楽しみしかありません。真っ白な建物なので、快晴の青空になることを祈るだけです。

日々の行いだけには気を付けながら。


文責:守谷 昌紀

■■■ 『ESSEonline』にコラム連載開始■■■
12月6日「キッチン・パントリー」
1月4日「土間収納」
2月1日「アウトドアリビング」
2月14日「屋根裏部屋」

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■1月6日『Best of Houzz 2022』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞■

■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

建築家・守谷昌紀TV 「あの森のOHANA」かやしまフォトスタジオ Episode8-オリーブ-

■■■ 『ESSEonline』にコラム連載開始■■■
12月6日「キッチン・パントリー」
1月4日「土間収納」
2月1日「アウトドアリビング」
2月14日「屋根裏部屋」

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■1月6日『Best of Houzz 2022』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞■

■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「あの森のOHANA」かやしまフォトスタジオ‐13‐【ゲンバ日記チャンネル】Episode7-あの森へ-

■■■ 『ESSEonline』にコラム連載開始■■■
12月6日「キッチン・パントリー」
1月4日「土間収納」

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■1月6日『Best of Houzz 2022』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞■

■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「あの森のOhana」かやしまフォトスタジオ‐12‐おそれいりました

「あの森のOhana」の現場は【ゲンバ日記チャンネル】でも6回に渡ってお伝えしました。

動画は試行錯誤しながらですが、分からない楽しさもあります。

通常のゲンバ日記も合わせると今回で12回目です。

カメラマンの石井さんは、よくこういった写真をよく送ってくれます。

監督には「どんな写真でもいいから、時々送って欲しい」と言っているのですが、そこはなかなか……

レセプションの杉板の塗装もすでに完成しています。

2階スタジオもレースのカーテンが付き、雰囲気がでてきました。
アプローチのタイルは、かなり繊細に相談しました。

それを図面化したものがこれ。


当然ですが、1枚1枚手仕事です。

やはり石井さんが撮った写真は、構図が分かりすく、臨場感があります。プロフォトコンテストでグランプリですから、贅沢な現場写真と言えるのです。

塀は脇役扱いになることもありますが、写真スタジオにおいてそうはいきません。

これは、年始早々サインの位置決めの風景です。
実寸サンプルを数種類作り、実際に貼り付けて検討しました。
石井さんと慎重に位置を決定したのです。

するとその日のうちに、この写真が送られてきました。
実際はまだ出来ていませんから、画像を貼り付けてあるのです。
流石というか、やはり本気度が違うというか。技術と熱意に「おそれいりました」なのです。

流通の滞りもあって1ヵ月程遅れていましたが、2月にはいよいよ「あの森のOhana」がオープンします。

お披露目会をしようと考えているので、また告知したいと思います。

来週は、いよいよ庭木の工事も始まるので、楽しみしかありません。

文責:守谷 昌紀

■■■ 『ESSEonline』にコラム連載開始■■■
12月6日「キッチン・パントリー」
1月4日「土間収納」

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■1月7日『homify』の特集記事に「白馬の山小屋」掲載
■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

四代住み継ぐ「薪ストーブのある入母屋の家〈リノベーション〉」‐9‐大人も子供も絶対楽しい!

【本計画は、完成後の現場日記公開です。今回は2021年9月5日時点の記事です。】

内部工事はほぼ終わり、外構工事の仕上げに入りました。

シンボルツリーに常緑のヤマボウシも植わり、芝生も間もなく完成です。

エントランス内の家具も完成しました。

感染症対策に、このエリアに手洗いを設置するケースがかなり増えました。

特に自動水栓が品薄だそうで、まだ水栓のない状態です。

それはそれでかわいらしい感じもしますが。

LDKにはいると、ちょっと気になる2本の柱。

リノベーションならではですが、これもこの家味わいです。

薪ストーブの試運転は寒くなってから。

前回紹介した、メジャーリーグのようなロッカーです。

その先にある洗面も完成しました。

更に奥に見えるのは浴室です。

ご主人が最後の最後まで迷っておられたのがタイル。

完成形を見て、とても喜んでくれました。

大判のタイルが、ホテルライクな非日常感を演出しています。

脱衣エリアに見えるのは、洗濯物ガス乾燥機の乾太くん。

こちらは奥さんが喜んでくれるはずです。

洗面脱衣室のよこにある階段を上がってみます。

薪ストーブを見下ろしながら、ブリッジを渡ります。

屋根裏部屋へと続くのです。

ここは子供専用空間。

絶対楽しいはずです。

和の大屋根は、どうしても中央が暗くなりがちです。トップライトを採用しました。

力をいれすぎず、気持ちはしっかり入れて設計したこちらのフルリノベーション計画。理由があって時間差でお伝えしてきました。

次回あたりで、現実の時間と一致する予定です。

文責:守谷 昌紀

■■■ 『ESSEonline』にコラム連載開始■■■
12月6日「キッチン・パントリー」
1月4日「土間収納」■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■1月8日『homify』の特集記事に「光庭の家」掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「あの森のOHANA」かやしまフォトスタジオ‐11‐【ゲンバ日記チャンネル】Episode6-外観あらわる-



ようやく足場がとれました。
石井さんの近畿プロフォトコンテスト、グランプリ受賞にも触れています。


また、なぜ白い外壁が美しいかにも触れています。

是非ご覧ください。

文責:守谷 昌紀

■■ 12月6日『ESSEonline』にコラム連載を開始
第1弾は「キッチン・パントリー」■■■

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■1月27日 『Best of Houzz 2021』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「あの森のOHANA」かやしまフォトスタジオ‐10‐【ゲンバ日記チャンネル】EPISODE5-窓2-

【ゲンバ日記チャンネル】の「あの森のOhana」Episode5を配信しました。

前回未完成だった正面の大開口が完成しました。

「なぜ格子が可愛いか?」

この命題を石井さんと解き明かします。


理由は障子?
ノスタルジック?

是非ご覧ください。

文責:守谷 昌紀

■■ 12月6日『ESSEonline』にコラム連載を開始
第1弾は「キッチン・パントリー」■■■

■■ 8月17日『建築家・守谷昌紀TV』を開設しました ■■

■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■1月27日 『Best of Houzz 2021』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

1996年、25歳の時に生まれ育った大阪に設計事務所を設立しました。関西を中心に、東京、長野まで、注文住宅、クリニック、別荘、店舗、オフィス、保育園と、直接依頼頂いたクライアントにおよそ100件の作品を持たせて貰いました。 形態も新築、リノベーション、コンバージョンと様々で、 物づくりの現場より面白い所を私は知りません。ダイナミックな現場を、動画を交えてあますところなくお伝えします。