ときめく紺色の家
001外観
002外観南東から
003夜景
004夜景
101LDK東向き
102LDK南向き
103LDK西向き
104LDK東向き
105LDK夕景
201リビング北東向き
202リビング東向き
203キッチン
205パウダーコーナー
301エントランス
302エントランス見返し
303廊下
304寝室
305※
501洗面
502トイレ
503LDK夕景
701※
702※
703
previous arrow
next arrow

ときめく紺色の家 – 家にいる時間が大事。笑顔でいられるファンキーな家<リノベーション> –

外観


2階LDK
2階LDK
1階
水廻り等
【ビフォー】
撮影:冨田英次(※以外)

ときめく紺色の家

– 家にいる時間が大事。笑顔でいられるファンキーな家<リノベーション> –
 

大阪府郊外の住宅地。25歳の夫妻は、この地にいわゆる売り立て住宅を購入した。それから25年。

子供達が社会人となったこともあり、今後のライフスタイルを考えたという。50歳という区切りに、人生の第2ステージに合った家にすることを決めたそうだ。

敷地は西側道路で東西に長い。南の隣地が迫っていることもあり、主要開口部はどうしても東西となる。既存存建物は1階にLDKと水廻りが集まる生活空間があったが、やはり採光不足は否めない。

2階には各個室があり、やはり明るい。特に南東の隣地が平屋で、採光、通風、眺望のいずれもが期待できる。遠く東に二上山を望むのである。

初めて調査に伺った際、玄関に吊り下げられた2台のバイクが印象に残った。私のクライアントは何故か健康的な人ばかりだが、こちらのご夫妻も非常に元気なお二人だ。

毎日バイクに乗る夫に、ジムに通う妻。打合せがある朝は、何故か私までジョギングにでてしまう。

ときめく 笑顔でいられる 家にいる時間が大事 ファンキーetc

キーワードは沢山でて来たが、外観を紺色とすることは、計画のスタートと同時に決まった。

一番のポイントは、やはりLDKを2階へあげることに尽きるだろう。最も条件の良いところから、優先順位の高い空間を素直に配置していったつもりだ。

2階は天井も壁も取り払って1室大空間とし、高い位置からの光を取り込めるよう、南側の窓はハイサイドとしている。

1階には、入れ替わる形で各個室を配した。特に主寝室のコーディネイトエリアは、おしゃれ好きな奥さんの為にしつらえたものだ。

若い頃はサーフィン、現在はバイクとマラソンと、非常にアクティブな夫だが、音楽はレコードで聴きたいし、ゆっくりと読書するのが幸せな時間だという。

反対に、街へ出掛けるのが大好きでおしゃれな妻と、コントラストの効いた非情に仲の良いご夫妻だ。

この仕事をしていて思うのだが、本当に人の幸せは様々。まさに十人十色である。そういえばこちらの夫妻は『住人十色』というテレビ番組で当社の作品「回遊できる家」を観て、メモしてくれたそうだ。番組のコピーには「家の数だけある 家族のカタチ」とある。

 「家は未来の幸せの形」

これは私の変わらぬ信念でもある。さて、アクティブなご夫妻はときめいてくれただろうか。

クライアントの声 ~抜粋~

何度も何度も時間をかけて打ち合わせをしたことで、こちら側の目標(漠然としたイメージですが)に対する精度が上がっていったような気がします。
 建て替え前から好きだった2階からの東側の景色が、リノベーション後に窓が横長になり眺望がさらに素晴らしくなりました!

クライアントの声-1年後の感想

現場日記-家づくりの過程

Data

大阪府
木造 2階建て リノベーション 
2020年7月竣工
敷地面積:71.11 ㎡
延面積:80.19 ㎡
建築面積:42.12 ㎡
1階床面積:39.69 ㎡
2階床面積:40.50 ㎡
工事費用:2160万円

Plan


立面図断面図



<< 作品一覧へ戻る

この作品をシェアする