「四世代で暮らす家」‐7‐焼きあがり1ヵ月

 2016年の6月に着工した「四世代で暮らす家」。

 引越しは先月の下旬でした。

 11ヵ月掛かってようやく完成したですが、外構は6月20日までかかってしまいました。

 建物向かって左に、黒いレンガ積みのエリアがあります。

 このレンガは、最も濃い色で焼いた特注品です。

 最終盤になって、上の4列分が足りないと現場が言い出しました。

 裏からみると分かりやすいのですが、透かし積みにしたうえで、隙間に小さなレンガを入れています。

 空気の動きはあるが、外部からの視線を切るよう考えたものです。このRにピタリと合うレンガはもちろんありません。

 焼きあがるのに1ヵ月掛かるという報告を受けました。

 何のための施工図なのかと激高しましたが、いくら怒っても、納期が縮まることはありません。

 ただただ施工会社と一緒に頭を下げるしかなかったのです。

 そして、ようやく外構も完成に至りました。

 度々遅れる現場。納得できないことばかり起こります。

 しかし、建築は私1人で創れるものではないので、施工会社というパートナーは常に必要です。

 厳しく、かつ愛情を持って接しているつもりですが、感じ方、反応は本当に様々なのです。

 人は弱いものです。とびきりに弱いものです。

 私も全く同じですが、そこから少しでも前に行こうとするなら、ものごとを真っすぐに見る以外に方法はありません。

 逃げ腰や半身で見ると恐れが追いかけてきますが、正面から見据えれば、何とかなりそうだと思えることが殆どだと思うのです。
 
 特注のレンガにしなければ、もう少し早く出来上がったかもしれません。

 しかし、やはりその質感は本物でした。

 多くのことを許容頂いたクライアトにはただただ感謝しかありません。

 3階から、桜並木を見下ろす景色は素晴らしいものがあります。

 引渡しが終わったあとは、豊かな暮らしが生まれることを願うだけです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

永住したい打ち放しのマンション‐6‐「R GREY」に決定

 着工して3ヵ月半が経過した、「平野西アパートメントハウス」。

 正式名称が決定しました。

 「R Grey」

 フォントは仮決定ですが、オーナーである弟も気に入っています。

 Rは鉄筋コンクリート(reinforced concrete)の略、Greyはそのままでグレイ。

 コンクリートは人がつくる石のようなもの。よって単純な色ではありません。

 しかし、木の手摺もグレイとするので、キーワードとしました。
 
 紅茶のアールグレイとかけたのですが、紅茶のほうは”Earl Grey” と書き「グレイ伯爵」の意味だそうです。

 私が色々候補をだし、最終的にはオーナーである弟が決めました。以下がその他の候補です。

<スペイン語>

Casa Gris (カーサ  グリス)→ 灰色の家

Techo Gris (テコ  グリス)→ 灰色の天井

Pared gris (パレド グリス)→ 灰色の壁

<イタリア語>

Muro grigio(ムーロ グリジオ)→ 灰色の壁

<英語>

Grey Box → 灰色の箱

Grey  Cube → グレイの立方体)

 永住したいと思って貰うためには、名前も響きも大切です。

 しかし、必然性のない名前は避けたいと思っていました。

 ここで暮らす人が、この建物を好きになって貰えるよう、本気で考えたつもりです。

 名は体をあらわすといいます。

 イギリス貴族の名をかりたこのマンションで、豊かな暮らしが生れることを心から願います。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

築80年、住吉の長屋を「碧の家 」に〈リノベーション〉‐1‐プロローグ

 大阪市住吉区は、上町台地の西端に位置する。

 海からの玄関口でもあり、早くから多くの人々が居住していた。

 古くからの住人が多く、クライアントはご近所とお互いの家の鍵を持ちあっていたという。

 住吉というくらいだから、やはり住みやすいのだ。

 今回は、昭和10年代に建った四軒長屋の1住戸をフルリノベーションする計画だ。

 まずは内部壁の撤去から工事は始まる。

 この年代の階段の角度はかなり急だ。

 後ろの柱をみると柱2本分、1間(約1.8m)で登りきっていることが分かる。

 私が設計するなら、3mほどかけて登りきるので倍近い勾配となっている。

 1階はLDKと水回り、そして個室が1部屋。

 2階は個室、客間が1部屋ずつとなるのだが、奥の腰窓の外にバルコニーがある。

 ここが洗濯干場となっていたのだがクライアントのお母様は、踏み台を置いて外にでていたそうだ。

 バルコニーは後付けなので、やむを得ないとも言えるが、こういった上下移動の障害がリノベーションの動機になることは多い。

 人は重力には抗えないのだ。

 瓦屋根の下に隠れる空間は、やはり大きく気持ちよい。

 よく見ると、野地板の上には檜皮が敷かれているのか。

 クライアントは、まとまった休みにあちこちと海外へ出掛ける。

 特に北欧が好きだという。その中でも青に惹かれるというのだ。

 青というのは奥行きの深い色だ。この計画が目指すのは「碧(あお)の家」。

 テーマカラーとなった濃い青が随所にちりばめられている。

 設計期間1年8ヶ月。

 この秋には、醸成された「碧(あお)の家」を見てもらうことができると思う。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

緑を囲む京都のオフィス「山本合同事務所」‐1‐プロローグ

 働く人にとって、仕事場は人生で最も長い時間を過ごす場所だ。

 クライアントは、そこを「最も心地よく、緑あふれる空間にしたい」と言った。

 「山本司法書士事務所」から「(仮称)司法書士・土地家屋調査士 山本合同事務所」へと業務拡大にともない、オフィスの建て替えを考えるようになった。

 敷地は二条城の北、丸太町通の南に位置する。

 ウナギの寝床とまでは言わないまでも、敷地の間口は6m弱。南北は14mという細長い敷地だ。

 旧オフィスは大正時代に建てられたという木造2階建てで、天井はかなり低かった。

 それでも創業者の父が手をいれながら使ってきたその建物を、皆で大切にしていたのだ。

 しかし、隣地との等価交換があったり、仕事の幅をより広げて行きたいという気持ちから、建て替えを決断したのだ。

 新しいオフィスは鉄骨3階建て。

 1階は全て駐車場で、2、3階がワークスペースとなる。

 3階は応接室であり、休憩室でもある。

 リビングのような空間をイメージしているが、吹抜けを介して2階ともつながる。

 2階には天窓へ向かって伸びるシンボルツリーがある。

 それを囲むオーバルカウンターには、葉の間を通り抜け、木漏れ日がおち、高低差のある開口部からは、穏やかに風が流れる。

 働く時間の中で、「心地よい」や「幸せ」とは何かを考えた、ひとつの答えだ。

 この建物を、クライアントはトップの覚悟とも言った。

 創り手は、その覚悟に応えなければならない。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

永住したい打ち放しのマンション「R Grey」‐5‐コンクリート打ち放しの本当の魅力

 「平野西アパートメントハウス」は、全てのコンクリート打設が終わりました。

 強度が十分にでているということで、概ね型枠が取り払われました。

 1階から順に、内装工事がスタートしています。

 2階、3階と階を登っていくイメージ。

 各住戸の壁は、断熱材が吹き付けられるので、残念ながらコンクリートは見えません。

 しかし、天井面は全てコンクリート打ち放しのまま。

 また、外観、階段ホールは全てコンクリート打ち放しです。

 では、なぜコンクリート打ち放しに拘るのか。

 先日「高台の家」へ、内観の撮影にいったのですが、ほぼ一日滞在させてもらいました。

 変な話ですが、トイレを借りた際、「やっぱり打ち放しはいいな」と思ったのです。

 実写映画の背景を意識することは少なくても、アニメの背景を意識することは結構あります。

 例えて言うなら、それが打ち放しの魅力でしょうか。

 工業製品でなく、手作りの壁や天井は見ていて飽きないのです。

 「高台の家」のご主人は、学生時代を沖縄で過ごしましたが、その際のマンションがコンクリート打ち放しでした。

 壁に光が当たるさまをみて、その美しさを知ったといいます。

 寝室でうとうとと眠りにつこうとするとき、天井に目がいきます。

 そんな時に打ち放しの魅力が最も伝わるはず……

 9月からの入居開始ですが、ご希望の方はお知らせ下さい。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

枚方「さかたファミリー歯科クリニック」‐5‐庇にスポットライトを

 「さかたファミリー歯科クリニック」はようやく足場がとれました。

 できれば青空で見たかったところですが、梅雨入り後につき致し方ありません。

 外観の特徴は、4段になって全体を覆う庇です。

 日本における木造建築は、軒と庇の建築と言っても過言ではありません。

 高温多湿の気候のなか、躯体である木をそれらが守ってきました。

 庇は主従の関係でいえば「従」にあたります。

 従の存在である庇を、「主」の存在にしてみたいと考えました。そこに強烈なスポットライトを当ててみたいと考えたのです。

 庇は外壁へ当たる直射を抑え、夏のエネルギー使用料を抑制してくれます。

 また、木造建築の深い軒のように、建物を守る役目も果たします。

 自生する木にとっての「葉」の役割と非常に似ています。このクリニックを一本の大木と見立てることもできるのです。

 しかし内部の工事は遅れ気味。

 職人たちは、懸命に働いてくれてはいるのですが……

 7月のオープンに向けて最後の頑張りどころです。

 建築とはディティールの積み重ねです。

 間接照明が収まる部分も、美しく仕上がっています。

 この庇のディティールは、「平野西の家」、「あちこちでお茶できる家」と、積み重ねてきました。

 「あちこちでお茶できる家」の際は、先端をそろえるために少し「折れ」をつけました。

 しかし「さかたファミリー歯科クリニック」で、「折れ」は採用しませんでした。

 この庇は葉のような存在です。葉は折れていないし、少し動きがあっても構わないと考えたのです。

 建築とは夢や希望を形にしたものです。

 私たちの夢と希望が、街の人たちへ届くかどうか……

 内覧会を開催する予定なので、また告知したいと思います。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』6月4日「松虫の長屋」掲載
『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

枚方「さかたファミリー歯科クリニック」‐4‐成長できる

 今日は生憎の雨ですが、今年の5月は天候に恵まれました。

 「さかたファミリー歯科」は、幹線道路に面したクリニックです。

 車で来院される方には、5台の駐車スペースを確保しています。

 道路は敷地の北側にあり、エントランスは西向き。

 エントランスホールに入ると、受付、階段、そして広い通路に繋がっているのです。

 通路は待合を兼ねた空間になっており、左側には診察室が並びます。

 最も広い診察室にはチェアが3台入る予定。

 それらはパーティションで区切られますが、その奥には個室が2部屋あります。

 2階にも、3台のチェアを設置できるスペースがあり、最大8台のチェアが設置できる建物となっているのです。

 オープン当初は3台からのスタートなので、成長できるクリニックなのです。

 エントランスを見上げると吹抜け。

 2階ホールは、L字の大きな窓とトップライトから光が落ちてきます。

 このオープンな空間は、キッズスペースとして開放される予定。

 2階ホールの奥にある空間は、将来的には個室としてチェアが置けるように配管が準備されています。

 院長室は2畳弱の小さな空間ですが、1畳ほどの専用バルコニーをとりました。

 4畳ほどあるスタッフルームにも、南向きのバルコニーを準備しています。

 日々の仕事の中で、プライバシーが保たれた小さな外部が、心に潤いを与えてくれるのではと考えたからです。

 建築は無機物です。しかし人の愛情によって変化も成長もします。

 院長、スタッフの皆さん、そしてここを訪れる全ての人に愛されるクリニックを目指し、工事も終盤を迎えます。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

「四世代で暮らす家」‐6‐常にキラキラ

 まもなく竣工を迎える「四世代で暮らす家」ですが、ようやく足場が外れました。

 御影石と左官仕上げは、ともに黒を基調としました。

 前面道路にある、桜並木もこの季節は青葉がまぶしいかぎりです。

 もちろん、ロケーションだけでなく細部にもこだわっています。

 レストルームの黒いタイル。

 クロコダイル模様で、光沢があるものが選ばれています。

 このタイルは早くから決まっており、1年半くらいはメーカーに在庫をとっておいてもらいました。

 すでに廃盤になっているので、もう代わりはありません。

 洗面には、キラキラと光沢のあるモザイクタイル。

 ペンダントライト。

 そしてスレンドグラスと、全て奥さんのセレクトです。

 計画がスタートしたのは2015年の1月なので、2年と4カ月が過ぎました。

 しかし、奥さんの「キラキラ」が好きは、常に一貫していました。

 外観は、それらをより引き立てるため、黒を基調にしたのです。

 外構も、計画のスタート時からこだわりの部分でした。

 クライアントは、すでに大手ハウスメーカーから、プラン、見積の提出を受けていまた。

 しかし、特に外構部分がしっくりきていないようで、設計事務所を探していたとのことでした。

 キラキラと真反対にある素焼きのレンガ。

 これは全て特注で、隙間をコントロールしています。

 全て積みあがると、その対比は完成します。

 引越しまであと1週間。いよいよ追い込みです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

永住したい打ち放しのマンション「R Grey」‐4‐コンクリート打ちは祭り

 ここのところ天気も安定しています。

 「平野西アパートメントハウス」も、順調に工事が進んでいます。

 現場が会社の隣にも拘わらず、1階の打設には立ち会えませんでした。

 2階の打設は何とか立ち会うことができました。

 これは足場からの景色ですが、まずはミキサー車がポンプ車に横づけします。

 ミキサー車がポンプ車にコンクリートを供給。

 そして階上までポンプアップし、各階の床やその下にある壁に打設していきます。

 これだけの人数でおこなうチーム作業なのです。

 打設するさい、隙間ができないようにバブレーターをその中に突っ込み、振動を与えます。

 そしてならす。

 さら押さえる。

 それを2時頃まで繰り返すのです。

 生コンの品質もその場でサンプルをとり、検査します。

 プリンが横に広がり過ぎたら、柔らかすぎるということでNG。

 もちろんクリアです。

 ある監督が、「コンクリート打設は祭りみたいなもんですわ」と言っていました。

 省エネルギーよろしく、省人件費の時代。

 これだけ人が集まるのは、祭りかコンクリート打ちの日くらいかもしれません。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】

■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載

『homify』5月10日「長田の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日

「四世代で暮らす家」‐5‐テイスト

 外壁の塗装がほぼ終わりました。

 黒い外壁が、ようやく見てとれるようになりました。

 こちらの住宅は四世代が暮らすので、各住戸のテイストがかなり違います。

 親世帯は、シックな感じで統一しました。

 アイランドキッチンの横には、1段上がった和室があります。

 中央にあるのは掘り炬燵です。

 こちらの住戸は、縦のスリットを全体のイメージに使っています。

 外部にも縦ルーバーの目隠しをデザインしました。

 これらは、なぜか日本を感じさせます。

 洗面は天板をクウォーツストーンとし、床はタイルとなっています。

 石など横の広がりが強いものは、やはりヨーロッパの香りを感じさせます。

 若夫婦世帯は、よりシンプルな感じでまとめました。

 モールとステンドグラスに、そのテイストが集約されています。

 『住人十色』という番組がありますが、ライフスタイルは住む人によって本当にまちまちです。

 好みと言ってしまえばそれまでですが、その中でも、一番真ん中にあるテイストを見つけたいと思います。

 黒は強い色です。

 それぞれのテイストをまとめ上げるために選択したのですが、功を奏することができるでしょうか。

 こちらの計画も、竣工まで1ヵ月をきりました。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■■■5月14日(日) 1:00pm~3:30pm 丸善<京都本店>にて
「無料相談会」に参加■■■

【News】
■3月25日『大改造!!劇的ビフォーアフター』朝日放送(ABC)「住之江の元長屋」再放映■
■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載
『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載

『homify(タイ)』4月25日「加美の家」掲載
『homify(中国)』4月9日「住之江の元長屋」掲載
『homify(韓国)』1月18日「柏の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場

現場の様子をお届けします。