タグ別アーカイブ: FM大阪

ラジオの時間‐1800‐

 最速の梅雨入りで覚悟していたのですが、意外に晴れ間もあります。

 

 今日こそ雨ですが、天気予報を見るとそこまでぐずつかないよう。

 日曜日も気持ちの良い天気の中、阪和道を走っていました。

 空高くにポツンと見えるのは、消防局のヘリコプターでしょうか。

 まるで赤いハエのよう。

 阪和道と南阪奈道路が交差する美原ジャンクション辺りに、巨大な塔が2本建っています。

 調べると右が「NHK大阪放送局 羽曳野ラジオ送信所」、左が「NHK大阪放送局 美原ラジオ送信所」となっています。

 NHKラジオの電波塔でした。

 好きな曲だけを聴くのもよいですが、情報も得たい時はFMラジオでしょうか。

 FM大阪は湊町にあるこの本社から、飯盛山、更には能勢の山頂からリスナーへ電波を届けているそうです。

 最近、時々AMラジオを聴いています。

 明石家さんまのヤングタウン、ビートたけしのオールナイトニッポン世代の私としては、かなり久し振りな感じで、「音が良すぎないのもいいよな」なんて思っています。

 そもそも、AMとFMの違いって何だろうと思い、調べてみました。

 ごく簡単に書くと波長が長いのがAMラジオで短いのがFMラジオ。総務省のwebサイトにあった説明が分かり易かったので載せてみます。

 AMは波長が長いので障害物に強く、回り込む能力が高いので遠くまで届くので、外国にまで届くこともあります。ただ雑音が多いのが欠点。

 FMは放送波が強い時は雑音がでてこず、音質が良いのが最大の特徴です。ただ波長が短いので障害物に弱く、回り込む能力は低いのです。

 総務省は、地デジ化によって周波数に余裕ができたので、FMの音質にAMを載せるという、ワイドFMを推進しているようです。

 この説明では、波長の長さに注目です。FMが3~4mに対し、AMは200~600mとあります。

 初めの説明と合わせてみると、どうやら波長の長さとは、単純にアンテナの長さが影響するようなのです。

 先程の電波塔ですが「高さ100mは越えているよな」と思っていました。

 この資料を参考にすると、200m位はあるようですが、塔全体から波がでていると考えると迫力満点です。

 どこで見たのか忘れましたが、AMラジオは設備の維持費用が高額な上、広告収入が落ちているので、経営が大変厳しいと読んだことがあります。

 それも十分に納得できる大きさなのです。

 現在はインターネット経由で聴けるradikoがあるので、この電波塔はいつまで存続するのかも気になるところです。


 昨年の紅白歌合戦の前だったと思うのですが、ミッツ・マングローブさんが歌謡曲を解説、紹介するというラジオ番組が耳にとまりました。

 失礼ながら、テレビ番組なら録画してまでは観ませんし、番組表で知ったいたとしても気にとめなかったと思います。

 しかし、たまたま付けたその番組は、広い音楽の知識と、深い歌謡曲への愛情が伝わってくる聴き心地のよい番組で、2時間ほど楽しませて貰いました。

 流石、売れるには理由があるのだなと、至極納得しました。

 幼少期から、子供達に何とか読書習慣をと思い、家でテレビの付けっ放しは一切しないようにしました。

 その甲斐あって、兄妹とも沢山本を読んでくれました。

 しかしそれもスマホを持った瞬間まで。その光景は一切見なくなりました。

 LINE、YouTube、無料漫画と、勉強を別にして本を読んでいるところは最近見たことがありません。

 残念ではありますが、それもやむを得ないのでしょう。子供が親の思い通りになったなら、皆東大生ですから。

 どのメディアも「あなたに合っているのはこれですよ」とAIが死力を尽くして勧めてきます。

 古ければ良いと思っている訳ではありませんが、時間軸がゆっくりだったり、それ程好きでない物に、触れる時間がほぼ皆無になっていくことに、一抹の寂しさと不安を感じます。

 世の中には、本当に色々な考え方がありますから。 

 長距離移動の車内にしかない、ゆったりとしたラジオの時間。最近、特に楽しみにしているのです。 


■■■1月27日 『Best of Houzz 2021』「中庭のある無垢な珪藻土の家」が受賞 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■12月28日発売『suumoリフォーム(関西版)』にインタビュー記事掲載
■10月23日『homify』の特集記事に「阿倍野の長屋」掲載
■9月11日発売『リフォームデザイン2020』「回遊できる家」掲載

■2017年11月27日ギャラクシーブックスから出版『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀がamazon <民家・住宅論>で1位になりました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記