人は空ばかり見てる‐1188‐

 今日の大阪は34℃なるそう。朝から完璧な夏空です。

 春先の新聞に、関西電力が「黒部ルート」の見学会を募集しているとでていました。

 2.7倍の倍率でしたが、無事当選。先週木曜日に長男と行って来ました。

11 - コピー

 先週は、残念ながら木曜日だけが雨。

 黒部ダムは日本一高いダムで186mあります。その価値をまとめてみます。

 ダムのある黒部川は急流の暴れ川で知られます。距離に対して高低差が大きく、大正時代から電源開発の資源として注目されていました。

 水力発電は、水の位置エネルギーを、運動エネルギーに変える事で発電するからで、豊富な積雪も、安定した貯水に貢献します。

 戦後、日本経済の復興と共に、深刻な電力不足が起こります。

 それらを補うため、昭和31年から7年をかけ、関西電力が社運をかけて完成させたのが黒部ダムなです。

 地形と共に見ると分り易いと思います。

13---コピー2---コピー

 中央下にある赤のマークが黒部ダムです。

 西は立山連邦、東は北アルプスと、急峻な山岳地帯に挟まれています。

 そして青が黒部川第四発電所

 黄色が欅平(けやきだいら)で、下流からここまでは、緑の宇奈月温泉からトロッコ列車で訪れることが出来ます。

 黒部川はと、北に向かって流れているのですが、一般の交通機関はありません。

 関西電力の輸送設備のみで、この区間が「黒部ルート」です。

 私達は、右下の水色、信濃大町(長野側)ら、トローリーバス(関電トンネル)でアプローチしした。

 黒部立山アルペンルートを通ると、黄緑の室堂(富山側)からもアプローチ出来ます。

 立山からのトンネルは昭和46年、黒部川からの黒部トンネルの開通は昭和34年。よって、33年の関電トンネルが開通するまで、未開の地だったのです。

15 - コピー

 案内人が1グループ30名を率います。

16 - コピー

 まずはダム横の黒部トンネルをバスで移動。

17 - コピー

 真夏でも気温4℃。

19 - コピー

 10kmに渡るトンネルには換気設備はありません。

 数箇所ある横坑から、外にでることが出来るのですが、この日は生憎の濃霧。本来なら、北アルプスの裏剣岳が見れるそうです。

21 - コピー

 残念ですが、この時期でも雪渓が残っていました。

22 - コピー

 黒四発電所のすぐ手前で、バスを降ります。

 黒部川は高低差がきついと書きましたが、ここからはインクラインに乗り換えます。

23 - コピー

 インクラインとは、運搬用、大型ケーブルカーです。

 このインクライン、アニメ「エヴァンゲリオン」でそのまま再現されているそうです。

27 - コピー

 34度で一気に456mを下ります。

29 - コピー

 そしてここが発電所内。

 国立公園の景色を壊さないよう、また雪崩を避け、全てが地下に作られています。

30 - コピー

 すぐ横に、予備の水車が置いてありました。

 この日は大雨で、残念ながら発電はしていませんでしたが。

31 - コピー

 黒四発電所から欅平までは、上部専用鉄道というバッテリーカーで移動します。

 「高熱隧道」と言われる難工事部分は120℃になる上、硫黄が常時発生しており、架線が寂びてしまうからとの事でした。

36 (2) - コピー

 川べりを走るですが、 関電は、黒部川に4つのダム、11の発電施設を持っています。

 同じ川にいくつもダムを持つのは、貯めた水を何度も使えるからで、一度貯めると四度美味しい訳です。高い位置にある、豊富な水こそが、まさに財産なのです。

 また、この欅平から下流にある第三発電所まで、多くは戦前に完成しています。

 昭和初期にかけての難工事は吉村昭が書いた小説「高熱隧道」に詳しいとのことでした。

52

 2002年、NHKの紅白歌合戦に中島みゆきが初出場し、生中継で歌ったのが、このトンネル内です。

35 - コピー

 最後は梅田オフィスタワーが出来るまで、日本最大だった竪坑エレベーター。

 200m降りると、トロッコで電車の欅平駅に到着。見学会は終わりました。


37 (2) - コピー

 ここからは、長男とぶらり旅。

38 - コピー

 途中にある、水路橋は昭和2年とのアナウンスでした。

51

 北陸新幹線、サンダーバードと乗り継ぎ、大阪に帰ってきました。

26 - コピー

 インクラインに乗っている20分間、2002年の紅白の映像が流れました。

 中島みゆきが歌った「地上の星」は、「プロジェクトX」オープニング曲だったので、勿論覚えています。

 「プロジェクトX」のサブタイトルは~挑戦者たち~。書き下ろした曲と知っていましたが、歌詞の意味は全く頭に入っていませんでした。

 真っ暗なインクラインの中で聴いた時、不覚にも熱いものがこみ上げてきました。

 街中で頑張っている人を誰も見ず、誰も応援せず、空ばかり見上げている。名の知られたものに、華やかなものばかり追い、氷ばかりつかんでいる。空を飛ぶつばめなら、分っているだろうに。

 そういうメッセージだったのです。

 この見学会は「電源開発の軌跡と、電気事業への理解を深めて貰うことを目的にして実施している」とあります。

 そんな意義をはるかに越えた、本気の手跡がありました。

 夏休み分は来年ですが、秋の応募はまだ大丈夫のようです。子供は小学5年以上。是非お勧めします。

地上の星

作詞 中島みゆき
作曲 中島みゆき
唄    中島みゆき

風のなかのすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
草原のペガサス
街角のヴィーナス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

崖の上のジュピター
水底のシリウス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■6月30日~7月31日
天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」http://www.atelier-m.com/w/achikochi/w.htmlのパネル展示

【News】
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
「セブンドリーマーズ・芝公園ラボ」
『賢者の選択 Leaders』で紹介されました
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA