餅屋は餅屋‐1173‐

 九州が梅雨入りかと思っていたら、西日本も梅雨入り。今日は良い天気でしたが、明日からは雨のようです。

 4月末に撮影した「野洲の家」の竣工写真が届きました。

001 - コピー

 元、山城だった大きな敷地に母屋を残し新居は建っています。

 母屋の縁側は南西を向いていました。

002

 南西向きの開口は、これからの季節、西日が辛いのです。

 そこで、新居は真南に向き、かつ母屋と同じ角度の壁も作りました。

004

 南西面には出来るだけ開口を設けず、設けた場合は窓位置を壁の中に沈めました。

29

 夕景でみると、窓が奥まっているのが分りやすいのですが、ここにテレビが埋めこまれているのです。

013

 そうすることで、ほぼ西からの直射は防ぐことができます。

008

 エントランスを右に曲がるとLDK。

009

 キッチンは真南に向きますが、リビングエリアはヘの字に曲がっています。

 この部分も、西日を遮ってくれるのです。

012

 キッチンから南の庭を望みます。

011

 見返すと、吹き抜けを介してつながる寝室の小窓が見えます。

021

 吹抜けの上にはセカンドリビング。

022

 北向きの開口は光の入りすぎがありません。

003

 庭にはドッグランがあります。

2627

 同じく犬を飼う友人が集った際、自由に遊べる需要なスペースです。

28

 犬好きにとって、外と中の区別はそれほど無いようですが。

018

 庭に張り出したサンルームは、庭に開放しお茶をするエリアですが、奥には、ブラッシングスペースもあります。

020

 1階にある仏間。床柱は、旧宅から転用しました。

023

 寝室は中央にあるウォークインクローゼットを介してつながります。


024

 2階の子供部屋は、淡いグレーの壁に、白っぽいフローリング。

025

 こちらは濃いフローリングにブラックの壁。


014

 撮影には、奥さん、お子さん、そして愛犬にも協力して貰いました。

 ご主人にも参加して貰ったカットもあったのですが、皆さんの顔がしっかり映りすぎてNG。

 これだけが少し残念でしたが、奥さんからメールが届きました。

昨日、竣工写真が届きました。とても良い写真で感激しております。
さすが、プロの写真家の撮ってくださった写真はちがいますね!
とてもいい記念にもなり喜んでおります。

お天気にも恵まれて夕景のショットもとても美しいですね。
また、ホームページのWORKS楽しみにしています。

 撮影当日も本当に良い天気に恵まれました。

 私もプロ仕様のカメラを持っていますが、はやりプロの仕事はプロの仕事です。

 高度情報化社会になり、知識や、経験が、尊重されない時代に見えます。しかし、本当に大切なことは教えられないと思っています。

 その一歩手前までは教えられても、最後の壁は、自分が失敗したり、成功したりしながら越えるものだと思います。

 これにはかなりの時間が掛り、仕事として経験する以外に方法がないのです。

 写真家の平井さんは、飄々とした人ですが、今回も結果を出してくれました。餅屋は餅屋です。

 餅屋がほぼない中、このことわざが死語にならないよう、全ての職業人は、プロの仕事をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA