ミュージアム in 北陸

 連休明けの月曜日。ペースは戻ったでしょうか。

 5月4日、5日のスケジュールが空いたので、急遽宿を探しました。北陸を中心に見ていると、和倉温泉に1部屋空きをみつけました。

 4日(金)の早朝、大阪をでると、スムースに金沢まで来ました。

 しかしかなりの雨量で、まずは能登半島を北へ移動することに。

 かほく市にある「西田幾多記念哲学館」へ寄りました。

 西田幾多郎の「善の研究」は、明治以後、日本人が初めて読む哲学書と言われます。

 ここに来るまでには読んでおくつもりでした。持ってはいるのですが、まだ手をつけておらず……

 館はの設計は安藤忠雄。今年で開館10年目とありました。

 特に欧米では、哲学的とも言われる安藤建築。

 館の目的に完全に一致していると感じます。

 安藤設計のミュージアムは沢山見ました。

 下階に向かう階段と吹抜けの空間は、ヴォリュームが心地よく、最も美しいと感じました。

 人は少なく、満足して更に北上します。

 能登半島の中央部にあたる能登島。

 「のとじま水族館」はその北端にあります。

 こちらは開園30周年。

 子供の為に来たのですが、古き良きという感じで、好感がもてました。

 直前にキャンセルが出たのはビジネスホテル。

 よって食事ぐらいはという事になり、寿司割烹の店へ行きました。

 和倉温泉街にある「又五郎」。

 大将はとってもいい感じの良い人で、家族で7千円くらいでした。

 寿司、焼き魚、茶わん蒸し、いずれも美味しかったです。

 下の娘はいくらでも刺身を食べるのですが、長男はマグロ以外をあまり食べず。肉派なのです。

 翌朝も早起きして、砂浜を車で走れる千里浜なぎさドライブウェイへ。

 どうしても走りたかったのですが、波が高く侵入禁止になっていました。

 仕方なく、皆で走ることに。

 南下して8時頃には金沢市内へ入ります。

 金沢市は「パークアンドバスライド」という試みを実施しています。

 市の人に聞くと10年程になるとのこと。

 高速のインターを降りると駐車場があり、そこから市内をバスが循環しているのです。

 車一台につき1000円で乗り放題。施設の割引もついています。

 これを利用して、金沢21世紀美術館へ行ってきました。

  レアンドロのスイミング・プールは凄い人気で、開館と共に一杯になりました。

 子供はかなりテンションが上がっています。

 上からは無料、下からは入館した人だけ。

 この無料開放ゾーンが多いのもこの館の特徴です。

 設計は、妹島和世と西沢立衛の建築ユニットSANAA。

 2010年にはプリッカー賞を受賞しましたが、この館の評価が最も大きかったと言えるでしょう。

 開かれた美術館というコンセプトは、収蔵作品にも反映されています。

 円形の建物回りに、数多くの作品があり、子供たちも遊具のように遊び、触れています。

 来る前は「また美術館」と文句を言っていた子供の気分を、ここまで変えのは、凄い事です。

 駆け足で回った、北陸の旅。2つのミュージアムは印象に残りました。

 強く、固い建築に、制限した光を落とす安藤。薄く、透明感のある建築を、更に街へ開くSANNA。

 西沢立衛のプリッカー賞受賞のコメントは以下のようなものでした。

 「建築と街に係わるものとして、とても嬉しく思います」

 この言葉は時々頭の中に蘇ってきます。とても素直で気持ちが良い言葉です。

 次回北陸に来る際は、再度なぎさドライブウェイにチャレンジします。これは昨年、現在の車に乗り換えたときから持っていたイメージの一つなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA