夢のかけらを死守せよ‐1662‐

 気温的にはそれ程寒くありませんが、それでも冬の雨です。

 少し濡れると流石に風が冷たいもの。

 今週前半はぐずつくようで、一度延期した「うえだクリニック」の撮影は今週も難そう。

 子供の絵本をパラパラとめくっていると、水の循環をイラストで表した頁がありました。

 山肌に降り注いだ雨は、地下水となって川の源となります。

 いくつもの支流を集め、川幅を徐々に増し。

 上流から中流。

 中流から下流へ。

 そして海へと注ぎます。

 太陽に熱せられた海水は蒸発して雲に。それらが再び山へ雨を降らせます。

 仏教等では、全てのものは何度も生まれ変わるとされます。

 輪廻転生という考え方ですが、自然の摂理から生まれたのだと想像するのです。

 雨から川となった水は、人の世の汚れや穢れを洗いながら再び海へ。海ではバクテリアがそれらを分解し、また蒸発するときに水は浄化されます。

 この循環を自然が持ち堪えている間に、人類はもう少し生き方を修正しなければならないはずなのです。

 河はいくつもこの街流れ

 恋や夢のかけら

 みんな海に流してく

 Hold me tight 大阪ベイブルース

 何とも叙情的な詞は、大阪の海を歌った上田正樹の『悲しい色やね』から。

 上田正樹さんの作詞・作曲なのかなと思っていたら、作詞・康珍化(かんちんふぁ)、作曲・林哲司となっていました。

 このコンビで、「悲しみがとまらない」杏里、「北ウイング」中森明菜のヒット曲を生んでいます。高橋真梨子の「桃色吐息」も康珍化さんの作詞でした。

 大阪の海は 悲しい色やね

 さよならをみんな

 ここに捨てにくるから 

 詞と曲のどちらが先なのかは分かりませんが、このパートが完成した時、ヒットを確信したと思います。

 もう大阪の海が悲しい色に見えてくるのですから。

 年始から、もうフルスロットルで飛ばしてきたつもりですが、一区切りつくまであと8時間、12時間、いや数日……

 我が仕事ながら、何とも時間の掛かる仕事です。しかし「夢と希望をもって常に前向きに」と教えて貰いました。

 恋のかけらはすっかり流して貰って構いませんが、夢のかけらだけは、もう必死の形相で死守しなければなりません。
  

■■■ 『Houzzユーザーが選んだ人気写真:スタイル別』2019年12月31日で「「中庭のある無垢な珪藻土の家」」が2位に選出

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『Houzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編』2019年12月3日で「「中庭のある無垢な珪藻土の家」」が5位に選出
『suumoリフォーム 実例&会社が見つかる本 関西版』2019年9月30日発売に「回遊できる家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』7月21日(日)BS朝日で「住之江の元長屋」再放送
『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀
ギャラクシーブックスから2017年11月27日出版
amazon <民家・住宅論>で1位になりました
『homify』5月7日「碧の家」掲載
『houzz』4月15日の特集記事
「中庭のある無垢な珪藻土の家」が紹介されました
『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』4月1日発売に「さかたファミリー歯科クリニック」掲載
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA