「中庭のある無垢な珪藻土の家」‐1‐プロローグ

 大阪市内の静かな住宅街。

 敷地は角地で、特徴のある形をしている。

 2015年の夏から、候補になった敷地がいくつかあったが、いずれも決定までは進まなかった。

 エリア、環境、価格と、全ての条件を満たすのは簡単ではない。

 2016年の2月にようやく敷地が決まり、計画は本格的にスタートすることになった。

11%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 敷地には家屋が建っており、これを解体。

13-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 約110㎡あるが、この位の広さがあれば、駐車スペースと中庭が確保できる。

 ただ、道路の境界があやふやで、市との交渉は非常に骨が折れた。

15

 金額調整も終え、ようやく工事へと進むことになった。

 建物の輪郭となっている 青のラインがこの写真から見て取れるだろうか。敷地に素直な配置としたつもりだ。

 内部壁はほぼ珪藻土で、床はヒノキの無垢材となっている。

 計画の当初より、ご主人から「不自然でない家」というテーマを貰っていた。

 「例えばカロリーゼロって不自然じゃないですか」と。

 言われてみればその通りだ。

 美味しい。だけど実質食べていないことになっている。これが本当なら、ある意味ホラーともファンタジーとも言える。

 しかし、家は幻想ではなく実物である。

 自然で、素直で、無垢な中庭のある家。

 直球ど真ん中の要望に、厳しい工期。

 それらに応えられるよう、監理にベストを尽くすのみである。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■11月1日~11月29日天六・住まい情報センターにて「松虫の長屋」パネル展示

【News】

■■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載■
『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載■
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載■

『homify』10月27日「紫竹の家」掲載
『homify』9月1日「池を望む家」掲載
『homify』8月13日「光庭の家」掲載
『homify(スペイン語)』8月6日「野洲の家」掲載
『homify(ポルトガル語)』8月4日「柏の家」掲載
『homify(中国)』8月2日「加美の家」掲載掲載

■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。