「Shabby House」-4-配筋検査

 着工が月6日なので、2週間で基礎の配筋工事まで進みました。

 今日は審査機関の中間検査。 

 クライアントのお子さんが、近くの保育園に通っており、ご夫妻で現場をのぞいてくれました。

 基礎の底は、底版とかベースとか言います。

 検査員から、ベースの被りが(コンクリート面と鉄筋の距離)大きくなりすぎないよう、指摘がありました。

 すぐに改善して、一回目の中間検査は合格。

 この土地に出会うまで、2年間探したそうです。

 住みたいエリア、街を絞り、2008年に購入。そこから設計事務所を探すのにもう1年。

 それだけあって、駅も近く、大きな公園があるのに、静かな街です。

 池のある公園に、大きな鳥が居ました。何という鳥でしょうか。

 どこの池にも一様に「釣り禁止」の立て札。

 危険も含めて、自然と深く係わってこそ、その良さが分かるはずです。

 管理責任も分かりますが、水都・大阪の面子を掛けて、何とかならないものでしょうか。

 何とかしたい気がします。
 
文責:守谷 昌紀
建築家 / 大阪  一級建築士事務所 アトリエm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。