建築家 守谷昌紀の建築コラム

建築設計に携わって四半世紀。土地探しから設計のポイントなど。
①どこに住もうか?
②「建てるため」の土地探し
③「建てるため」の土地調査

①どこに住もうか?
(2021.9.28)

「職場の関係で、概ね住むエリアを決めているもの、何から始めて良いのか……」

こういった悩みをもって居る人は結構居ます。制約が少なければ少ない程、土地探しは簡単でないのです。
2007年に来所した「池を望む家」のご夫妻も、職場の関係から、概ねのエリアは決めていました。
しかし、①崖の土地、②閑静な住宅地、③池のほとりと、3つの土地で迷っていました。
ご主人は、高校生の頃、悩みがあると大阪城の堀を見ていたことを思い出したそうです。

「宝塚RC打放しの家」のクライアントは、ご主人が仙台、奥さんが京都の出身です。
色々な土地を見れば見るほど迷ったと言います。自分達が住みたい場所とは?
多くの敷地を見に行った後、自分達は「坂のある街」が好きなのだと分ったのです。

スティーブ・ジョブズもこう言っています。

”自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っている。だからそれ以外のことは二の次でいい。”

もし、自分達の住む場所を探している人がいたら、大いに悩み、好きを見つけて欲しいと思います。
答えはあなたの心の中以外にないのです。
勿論、これは土地探しだけに限ったことではありませんが。

②「建てるため」の土地探し
(2021.9.28)

「守谷さん、この土地(中古物件)買っていいですか?」

注意するポイント
①擁壁
②接道
③売るための文句に惑わされない

③「建てるため」の土地調査
(2021.9.28)

「想像以上に費用がかかる」

注意するポイント
①擁壁
②接道
③水道