Shabby House

外観


1階
2階・LDK
2階・酒部屋
3階とディティール
撮影:平井美行(※以外)

Shabby House

– 時が経つほど愛しくなる、古着のような家 –

「shabby」を辞書で調べると、「着古した」とか「ぼろぼろの」とある。

クライアントはこの言葉をインテリア用語として見かけたそうだ。「良いものを長く使い、自然に古びて行く物の美しさ、心地よさ」とでも言えば良いだろうか。今回のプロジェクト名となった。

敷地は閑静な住宅街にあり、東西に長く東で接道している。23坪の敷地は、隣地が旗竿敷地で、南が開かれている。その恵まれた環境を活かす為、中央部にくびれのような光庭をとった。目線は遮るが、光は取込めるようにルーバーも備え、羽根には50度の角度をつけた。

2階のLDKを中心に、3階に浴室や個室。1階は来客用の空間となっている。

外観は焦げ茶の素焼きレンガで、外構、エントランストにもレンガが使われている。家具やフローリングも使えば使う程味がでるものが選ばれた。

夫妻は友人とワイワイと食事するのが楽しみで、プライベートな部分よりも、人を迎える空間にこだわる。

初めに上がったキーワードは「パリのアパルトマンと酒部屋のある家」。酒部屋は、造り酒屋を回るのが趣味というご主人の、唯一と言って良いリクエストだった。

僅か3畳の空間に、小さな床もしつらえ、壁は墨色とした。天井は葦簀に海老茶の塗装を施した。躙り口から入ると小縁があり、坊主畳が2枚ある。水屋、酒専用のクーラーも備え、大人がお酒をたしなむ小宇宙なのである。

玄関扉は南仏で100年は使われたであろう物を、クライアントがアンティークショップで購入した。分厚く塗られたペンキが、その年輪を感じさせる。ここがパリであっても何ら違和感のない、本物を目指した。

時が経つほど、愛情が増す、愛しくなる。例えるなら古着のよう……そんな家を目指したのだ。

クライアントの声 ~抜粋~

 夫婦ともどもお酒好きで友人たちと集まって食事するのが楽しみです。
この「Shabby House」はあえて「あばらや」と名乗っていますが、 われわれのできる限りのおもてなしをできる空間に仕上がっていると思います。
それに素材を大切にしており、時間がたっても味わいのある家になっていくと思います。
今後も小物など、家に合ったものを探していくのも楽しみです。今はそんな納得のできる家ができた達成感で一杯です。
本当に私達のわがままに付き合っていただき感謝です。

クライアントの声-半年後の感想

現場日記-家づくりの過程

メディア掲載


2012年6月
『ときめく家づくりの素』に掲載されました。

メディア掲載

Data

大阪府大阪市
鉄骨造 3階建て 新築
2011年1月
敷地面積:77・60㎡
延面積:126.37 ㎡
1階床面積:39.84 ㎡
2階床面積: 40.05㎡
3階床面積: 43.48㎡
建築費:3000万円台

Plan


立面図断面図



<< 作品一覧へ戻る