建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

旧ページです。リニューアル後の作品集はこちらです → http://atelier-m.com/works/

エントランス、o.c.c.北

エントランスゲート

o.c.c.北の眺望

応接スペースへ

応接スペース

o.c.c.と応接スペース

全景

西からの全景

東からの全景

南東からの全景

南西からの全景

ミーティングエリア

ワーキングスペース

ワーキングスペース西エリア

ワーキングスペース中央

ミーティングエリア

スタッフエリア

 

夜景等

o.c.c.北の眺望

o.c.c.と応接スペース

エントランスゲート

 

o.c.c.=オーバル・コミュニケーション・カウンター

shibakoen Tokyo

大阪証券取引所ビルのある北浜。中央を南北に走る堺筋沿いには、大正、昭和初期の名建築が多く残る。

堺筋はライオン像が並ぶ難波橋で土佐堀川と交差するのだが、その重厚なデザインが、ここが水都・大阪の中心だったことを示している。

北浜の中でも、土佐堀川を見下ろす環境は更に限られたものだ。2015年完成の最新オフィスビルの7階に、SEIUNDOは本社を移転することになった。

SEIUNDOは株主総会関係の印刷等の専門家で、顧客の多くは上場企業。彼らにとって北浜は、聖地なのだ。

土佐堀川を望む景観を損なわず、隔てず、導き、社員を繋ぐ。そんな機能をもつ、楕円型のカウンターに囲まれた、働らく空間を考えた。

これを、オーバル・コミュニケーション・カウンター(oval communication counter以下o.c.c.)と名付けた。仕切りのようにも見えるが、高さ1m5cmは、訪れた人「立った人」と社員「座った人」を繋ぐ、中間領域となっている。

門型のゲートをくぐると、一気に中之島を望む景色が広がる。訪問者の視線を一旦北に誘い、奥の応接スペースへと導く。そのような役割も与えた。

奥に進むと、o.c.c.は高さが1m35cmに変化する。応接スペースに腰掛けると視線が切れ、心地よいプロテクト感を演出してくれるのだ。

楕円は、2つの焦点からの距離の和が一定となる曲線である。中心と半径を決めれば1つに限定される円より、焦点を決めたとしても、距離の和には無限の選択が可能だ。

自社と社会、社員と会社、自分と顧客。仕事においては対象者があり、その関係が及ぶ範囲こそが楕円と考えると分かりやすい。この空間において、o.c.c.はSEIUNDOそのものを表している。

本田宗一郎は「機械は人の上に立ってはならない」と言った。

建築においても勿論同じこと。会社の社員の幸せの実現の為だけに、この空間は存在しているのだ。


 

『株式会社SEIUNDO』
大阪市中央区北浜1-1-14 北浜一丁目平和ビル 7階A
地上S造 
2016年3月竣工
階床面積:211.9 ㎡ 

建築費:2100万円台

撮影:Nacasa & Partners Inc. 安田誠 

plan

 

seiundo 現場日記