岡崎のマンション



岡崎のマンション

– 斜めに切り取られた和室が空間の可能性を広げる –

京都東山の大文字がすぐ近くに見えるマンションのスケルトンリノベーション計画である。

このあたりの住環境はたいへんよく、現地に訪れる際には、疎水沿いの道を歩いて水音を楽しんでいた。

既存のマンションは3LDKだったが、夫婦の寝室に大きなウォークインクローゼットを併設し、キッチンと和室が一体となった、リビング・ダイニングを計画することで、より開放的なプランになった。

和室は2方向がほぼ全面引戸によって開閉可能。人を招く時と、家族だけの時間と変化をつけることができる。

また、玄関から廊下を過ぎ、リビング・ダイニングに入る時の視覚的に広がりを感じるよう、和室の引戸には徐々に広くなるような角度をつけている。

クライアントは私の同級生で、何度か招いて貰った。キッチンの使いやすさは、何度か料理をさせて貰った私の体験済みである。

クライアントの声-7年後の感想

Data

鉄筋コンクリート 5階建
京都府京都市
2004年春 竣工

PLAN



<< 作品一覧へ戻る

この作品をシェアする