建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

Spoon cafe

外観

北側外観

外観 夕景

北側外観夜景

夕景 北側から

北側外観

外観 北側から

店内

店内オブジェ

店内オブジェ

店内オブジェ

店内オブジェ

客席

客席

 

炭焼コーナー

炭焼コーナー

サービスカウンター

サービスカウンター

2009年12月の店内

2009年12月の店内

 

エントランスを見返す

エントランス

 

 

【ビフォー】

店内オブジェ

 

店内オブジェ

 

客席

 

池を望む家

Spoon café は阪急電車、門戸厄神駅のすぐ前にある。

以前はSpoon houseという名前で長く親しまれていたが、改修することになった。

アトリエmを設立して2年目のことで、商業施設の設計は初めてだった。それなりに苦労もしたが多くの人に助けて貰い、なんとかリニューアルオープンにたどり着けた。

マンションの1階にある店舗で、外壁ラインから2m奥まっている。よって雨風の影響が少ないので、木の外壁にすることにした。杉板に白い塗料を薄く塗り、木の風合いを損なわないよう気をつけている。

店内の床は、日本の土間をイメージし、顔料を混ぜたモルタルで仕上げている。漆喰をイメージした塗料、無塗装の杉板、真鍮、アルミ等。様々な素材によって、店内の空間は構成されている。それらが、素材の力を失わないよう十分配慮したつもりである。

クライアントと最もこだわったのが「偽りのない店づくりをする」ということだった。その結果は、このcaféに訪れた人の心にゆだねるしかないのだが。



1999年1月
『ChuChu3月号』に紹介されました。
publication
DATA:
兵庫県西宮市門戸荘17-48 1階
店舗改装 1998年秋 竣工 

撮影 : 川元 斉

 

東側夜景アボガドバーガー