建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

旧ページです。リニューアル後の作品集はこちらです → http://atelier-m.com/works/

外観

外観

エントランス

外観 正面から

夕景 正面から

院内

待合

受付

待合 夕景

光庭

院内

WC

ルーバー※

診察室

処置室

2009年の1月、ペルーのリマからメールが届く。

内科医であるクライアントは、その時点で日本を出て10年。スーダン、ポーランド、ペルーと海外で働き、翌年の帰国が決まっていた。それに合わせて開院するクリニックの建築相談だった。

以来14時間の時差を越え、スカイプとメールでのやりとりが始まる。

敷地は大阪市城東区。以前は町工場も多かったが、現在は住宅とマンションが密集して建つ。梅田から地下鉄で10分と非常に便の良いところだ。

自身のキャリアの最後は、育った地域に恩返しをしたい。大病院で働く医師より、街のお医者さんでいたい。クリニックとは街のピットのようなもの、気軽に立ち寄れて相談できる場所を作りたい。不安な顔で訪れた人が、何か元気になって帰って行く。そんな雰囲気を持ったクリニックにしたい。当初よりコンセプトは明確だった。  

それに対し、私達が提案したのは光庭のあるクリニック。 

密集した市街地から切り取られた光庭に、一本の木が屹立する。 光庭を背に受付があり、囲むように円形の待合がある。白いキューブ状の2階は住宅部。張り出した部分がクリニックへのアプローチを演出する。 

受付は、多くの書類を置きたい場所であるが、診察室との間に収納スペースを確保することによって、光庭との共存を可能とした。  

待合の天井高は3.5m。上部まである開口が光庭に対して開かれている。光庭を覆うルーバーは5度刻みで緩やかに変化する。ある位置では近隣の視線を遮断し、ある高さでは積極的に光を取り込めるよう、検討を繰り返した。 

光はイロハモミジを透過し、柔らかな木漏れ日となって内部に届く。自然こそが、訪れる人の心を穏やかなものにしてくれると思うのだ 。  


≪伊東内科クリニック≫
住所:大阪府大阪市城東区野江4-10-22
TEL:06-6786-1114
HP:http://www.itonaika.com/

DATA:
大阪府
  木造 2階建て 新築
  2010年 10月竣工
  撮影:平井 美行(※以外)

※