建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

旧ページです。リニューアル後の作品集はこちらです → http://atelier-m.com/works/

外観

夕景 南から

外観 南から

夕景 南西から

外観 南東から

ルーバー

1階

玄関

洗面と浴室

WC

玄関mailbox

洋室

2階

ダイニングとPCコーナー

LDK南向き

LDK西向き

LDK東向き

LDK東向き(収納)

3階

LDK西向き

3階 洋室南向き

3階 洋室西向き

3階 洋室東向き

バルコニーからデッキを見る

ディテール

2階バルコニー

 

 

 

 


1年半後

 

 

ジューンベリー収穫

 

 

池を望む家

2007年の土地探しから始まったこの計画は、2010年の春に敷地が見つかると急速に動き出し、年末に竣工した。事務所からほど近い、大阪市平野区にあるこの敷地に巡り合うまで2年半の時間が掛かったのである。

  どの計画もそうだが、この家にも様々なチャレンジあった。まずは2千万円を切るローコスト。動線の無駄を省くため、プランは限界まで単純化した。1階は寝室と水回り、2階はLDK、3階は子供部屋の各階1室のプランとした。20坪の敷地に、1フロア10坪が3層積み上げられている。
 
  敷地は南面し日当りは良好だが、向かいにはマンションが建つ。その視線を遮る為、ルーバーで覆うことにした。ルーバーとそれに囲まれた2階デッキは、共に建設会社に勤めるクライアント自身の施工によるもので、その材が南米産のイタウバである。

  堅木であるが、やはり時間と共に白灰色に変化して行く。しかし着色はせず、白けてきた後、最も美しい建築となるようファサードを考えた。外壁はローコスト化を図るため最も安価なサイディングだが、色あいは最良と判断したものだ。

  イタウバのデッキとルーバーは2階LDKへ最大限に光と風を取り込む為にあるのだが、3階バルコニーとも緊密な関係を築いている。子供がバルコニーへ出て、デッキにいる家族と会話をする姿をイメージした。外部をより建物に近づけ、取り込む為に不可欠な要素なのである。

  わずかに空いた開口は、将来花見をする為のもので、庭木はジューンベリーを選んでいる。花、実、紅葉と三拍子揃った贅沢な樹なのだ。

  この計画は当初より、建築工事費から諸費用まで全金額を公開している。「なかなか土地が見つからなくても、予算を抑えても、頑張れば自分達の思う家が建てられると知って欲しいから」というクライアントの意向からである。




2011年9月
『住まいの設計11・12月号』掲載
2011年2月
大阪府建築士会『建築人2月号』掲載
publication
2012年11月
大阪ガス情報誌『住まう』掲載
DATA:
大阪府大阪市平野区
木造 3階建て 新築
2010年12月竣工
延面積:98.97㎡
1階床面積:31.34㎡
2階床面積:36.19㎡
3階床面積:36.44㎡
工事費用:1865万円
※クライアントのご好意により全金額を公開しています。
イタウバハウスの建築費用内訳

2011年度 1年間の光熱費