建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

旧ページです。リニューアル後の作品集はこちらです → http://atelier-m.com/works/

打合せスペース

応接からミーティングルームを見る

ミーティングルーム


ミーティングルーム


応接


 

受付

受付

受付

アートワーク

エントランス

ロゴ

ワークスペース

CEOルーム

CEOルーム

カラーガラス

 

 

ディテール

 

池を望む家

2010年のゴールデンウィーク前。ある企業から連絡があった。
  外資系のゲーム開発ツールのメーカーで、4月に日本法人が立ち上がったばかり。横浜で新しいオフィスを構えるにあたって、内装、家具の設計相談だった。  

  「エンターテイメント企業なので楽しく」  

  「なんと言っても人材が宝。ここで働きたいと思えるようなオフィスを」  

  この2つをコンセプトに計画を進めた。  

  新しいオフィスは横浜ランドマークタワーにほど近いテナントビルの2階。天井高は2.55mあるが、間仕切壁は2.2mでとどめた。スチールの溝型鋼で頂部をつなぎ、全ての壁が自立している。  

  会議室をはじめ、素材は出来る限りガラスとし、明るく、視線が抜ける、2つの意味で風通しの良いオフィスにしたかった。視線を遮る必要がある場合は、ロールスクリーンを降ろす。これらは、プロジェクターのスクリーンも兼ねるので、白を選んでいる。  

  また、壁面の多くにカラーガラスを使用した。思いついた時にすぐメモが出来る、会議の際はスペースを考えず板書できる。壁全部がホワイトボードとなるのである。  

  クリアな空間に、鮮やかな原色、黒、こげ茶などの家具を配置した。クール過ぎず、華やかになり過ぎず、そして楽しく。  

  受付前には、壁面からせり出したアートワークがある。この会社の主力商品は、3D画像を作成するソフト。立体感は陰影によって感じるもので、それを直喩的に表現したのである。

  施工会社に相談すると「硬質ウレタンフォームを熱線カッター切れば何とかなるのでは」と回答があった。実際、自社でその作業を行ってくれた。その手の量はそのまま質に反映されていると思っている


Epic Games Japan
  神奈川県横浜市
  オフィス内装
  2010年8月竣工
  延面積:127.27 ㎡