建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

旧ページです。リニューアル後の作品集はこちらです → http://atelier-m.com/works/

店内

 

 

 

 

試打エリア・フィッティング

 

 

 

 

 

外観・その他

 

 

 

 

 

ディティール

 

 

 

 

 

shibakoen Tokyo

スーパーレジン工業は、FRP(繊維強化プラスチック)成型のパイオニアである。2010年、日本に帰還した惑星探査機「はやぶさ」にも部品を供給している。

中でも、炭素(カーボン)繊維を用いたものをCFRPと言うが、宇宙、国防機器に関わることで高い技術力を培ってきた。それらを用い、宇宙品質のゴルフシャフトを供給する。その為に立ち上げられたのが『seven dreamers』である。

個々のゴルファーによって、スイングスピード、軌道、手首の使い方などは千差万別。あらゆる角度からスイングを解析し、最適なシャフトの剛性、しなり、ねじれ剛性まで設計する。

唯一無二の性能を持ち、かつ宝石のように美しいゴルフシャフトを、フルオーダーメードで製造し、ゴルファーへ届けようという計画だ。

ginza Tokyo

梅田ラボは『seven dreamers』関西初出店となるが、ラボとギャラリーの機能を併せ持った店舗となる。

大阪「キタ」エリアはグランフロント大阪に代表されるように、再開発が進んでいる。ここ「梅田ラボ」のある大阪駅前第2ビルは、大阪市梅田1-2-2。まさに大阪の中心だったのである。

1976年の竣工だが、丸ビルと共に最も早く高層ビルが建ったエリアだ。しかし、時代と共に主役の座を明け渡した感は否めない。

しかし、古いビルが故、これまでの「銀座ギャラリー」「芝公園ラボ」と同じく、高い天井裏が使われずにあった。ビルの規約が厳しく、了承を取り付けるのに時間が掛ったが、4.3mの天井高を確保できた。

舗面積は過去最大の約225㎡。高い天井が大空間を創出している。また、宇宙品質のカーボンゴルフシャフトを作成する為の測定ブースに加え、試打エリアがもう一打席追加された。

これは、新たなコミュニティーが生まれるような店舗を目指すものだ。

エントランスを進むたびに、石、フローロング、カーペットと、床の仕上げが変化する。

来訪者が動線を進む毎に、迎える気持ちを表現している。『seven dreamers』のエッジの効いたテイストは守りつつ、人と人を繋ぐ空間となればと考えている。


『seven dreamers』
大阪市梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル1階

  1階床面積:224.85 ㎡
  
  撮影:Nacasa & Partners Inc.
     (※以外)


plan