1年後の感想 ‐ あちこちでお茶できる家 –

2012年2月  あちこちでお茶できる家 T様より

家族構成をお願いします。

夫婦+子供二人

建物が完成して何年になりましたか?

1年

実際に生活されて(使われて)、良かった点はどこですか?

1年間、新居に住んだ感想です。 構想3年でしたでしょうか?
その意味は大いにあったと思います。
お茶しに来たママ友には、 「まるでカフェみたい」は毎度のことで
「〇〇さん、お家で過ごす時間好きでしょ。」 と言われました。 「確かに。」

とにかく気持ちがいいんです。
そろえた椅子や時計、壁の色やキッチンの使い勝手。
でも、それ以上に「家の角度」なんだと思います。
ダイニングの大窓からの日差しの入り方。
和室からの玄関までの見え方。
キッチンからの解放感。
ダイニングに座ると和室と玄関まで見渡すのも気持ちいいです。
まるでカフェです。
それと、この解放感は引き戸を天井高に合わせてもらったのも功を奏していると思います。
また、ペアガラスを多用したことなど、とにかく熱効率がいいのもうれしいです。
朝、寝室での結露もほとんどありません。
そうそう、オール電化の太陽光発電は言うまでもありません。
解放感のお陰か、子供たちものびのび嬉しそうです。
テレビに子守をさせる時間も減りました。
キッチンでは、一緒にカレーやお菓子を作ったり、 ダイニングで、簡単な縫い物にも挑戦しました。
(マンションではしなかったと思います。)

縁、なんですが
本当に建築家の方との良縁に恵まれたと思います。
ラッキーですし、ありがたいことです。

<< 作品ページへ戻る

<< 作品一覧