Arrow
Arrow
Slider

平野西の家

外観


1階
2階
3階
撮影: 川元 斉(※以外)

平野西の家

– 室内の「縁」に人が集う –

敷地
 住宅やマンション、倉庫などが混在した大阪の下町。クライアントは私の弟だ。ここに「生活と仕事の両方を楽しくする家を」と設計の依頼を受けた。

弟からの要望
 弟の要望は主に5つ。まず「将来は独立開業する予定で、生活とは別の仕事場が必要」。1階を事務所とした。

2つ目は「駐車場は2台分必要。防犯も考慮して、道路側からは閉じたい」。敷地は約25坪、間口5.5mとやや狭めである。表札やポストなどは外部折戸の収納パネルに集約。車が出入り出来る5mの幅を確保した。駐車場の上部には光を通す素材で屋根を架け、バルコニーとしている。

3つ目は「明るく一体感のある、キッチンとリビング・ダイニングにしたい」。生活の機能を2階に集め、建物の中央を貫く吹抜けを囲むように部屋を配置。そうすることで、建物の奥深くまで光と風、目線が行き届く。

4つ目。ゴルフが趣味で「リビングでパターの練習がしたい!」。本物のゴルフカップを床に埋込んだ。

小さな和室
 一番のこだわりは、腰をかけたり横になったりできる「小さな和室」。きっかけは学生時代、競技スキーの合宿先にあった。食堂脇にあった縁側のような小さな空間には、夕食後に人が集まり、座ったり寝転がったりして、話の輪が自然に広がっていった

 動線の途中にそういう空間があれば、自然に立止まり、腰掛けるのではと考え、この和室を最も条件のよい南側に計画したのだ。ある地域では「小縁」とも呼ぶようだ。

現在
 「家」は色彩も含めて、自由なものだと考えている。弟は設計の最中に結婚し、予定より早く勤め先の合同事務所内で独立開業した。現在、1階は私が借り受け、設計事務所を営んでいる。

弟夫婦は訪れる多くの友人と共に「家」を楽しんでいる。ゴルフのパットの練習をしたり、寝室とキッチンとで話をしたり。「縁側のような和室」では、訪れた友人が腰掛けたり寝そべったり……

「小縁」に人が集い会話が始まる。「家」にはそんな役割もある。

メディア掲載


2005年1月
『建築家の家本』に掲載されました。
2004年11月23日
ABCテレビ『きらっと』で放映されました。

メディア掲載

Data

大阪府大阪市平野区
鉄骨造 地上4階建て 新築
敷地面積: 84.6 ㎡
建築面積: 50.7㎡
延床面積:156.56 ㎡
工事時期: 2003年11月~2004年4月



<< 作品一覧へ戻る

この作品をシェアする