野洲の家

 
外観


1階
1階
2階
2階
家事導線
撮影:平井美行(※以外)

野洲の家

– 元山城に建つドックランのある家 –

2013年3月下旬。滋賀県野洲市で新築の相談があった。

敷地は元山城で、矢場跡も隣接する。素晴らしい自然環境とは裏腹に、市街化調整区域で敷地内に古墳まであり、法規制をクリアするのに随分と時間を要した。

正門にある冠木門には、織田信長に攻められたと記載がある。正面を守る堀、山側を守る5mの土塁が、この地を守ってきた。

城はこの場所に500年以上前から存在する。後に地図上に引かれた線に効力があると言っても、クライアントは納得しないものだ。

旧母屋は林に家が寄りすぎており、日当たりを十分活かせていなかった。また、敷地の形に合わせて、南西に開いており、夏の西日に苦労をしていた。

現在の離れがそうなのだが、これに対して建物を45度振り、真南を向くよう配置し直した。また、林との距離を十分にとり、中央に吹抜けを設け、奥深くまで光が届くプランを考えた。1階はへの字のプランとなり、この形状がキッチンからリビングへの視線の抜け感を向上させる。

離れとの関係を保つ為、南西を向いている壁がある。リビングにあたるが、これらの開口は壁深くに沈めた。西日が入らないようにする為で、ここにテレビを埋め込んでいる。切り取られた景色によって、テレビの存在感をすこしでも押さえる為である。

この家には、家族4人とトイプドールが暮らす。広い庭にドッグランがあり、仲間が集り、そこに犬達が放たれる。その姿を眺めながら、サンルームでお茶を飲む。四季折々の景色を楽しみながら。

「お友達とお茶するときにコーヒーとデザートプレートを出すと、ほんとのCafeに来たみたいと、感動してくれるんです」と奥さんが教えてくれた。

LDKにはスピーカーが埋め込まれ、音質にもこだわっている。「大学生の長男は、家が揺れるかと思うくらいの大音量で音楽を楽しんでいるんですよ」とも。

撮影の際、見事な山桜が咲いた。人によって幸せの形は本当に様々。設計とは、未だ新しい発見の連続である。

何十年も前からこの土地を知っているのに建築で全く違う居心地の良い空間になり、この土地の魅力を最大限に引き出していただいた事に驚きと喜びを感じています。
こちらのわがままな注文も、何故そのように思うのかをまず理解しようとしてくださりその上で守谷さんの考えを丁寧に話しプロとしての提案をしてくださいます。とにかく全力で向き合ってくださる建築家です。
だから十人十色それぞれの住み手にとって思いの詰まった最高の建物になるのだと思います。

クライアントの声-1年後の感想

現場日記-家づくりの過程

メディア掲載


2016年2月『月刊ハウジング4月号』に掲載されました。
2016年3月『住まいの設計05・06月号』に掲載されました。

メディア掲載

Data

滋賀県野洲市
木造 2階建て 新築
2014年7月竣工
敷地面積:523.14 ㎡
延面積:153.31 ㎡
建築面積:91.98 ㎡
1階床面積:90.66 ㎡
2階床面積:62.65 ㎡
工事費用:3000万円台

Plan


断面図




<< 作品一覧へ戻る