遠里小野の家

 
外観


1階
水周り・便利
2階・趣味
撮影:平井美行(※以外)

遠里小野の家

– 幸せの景色を描く –

若い夫妻が口にしたテーマは「孫が遊びにきてくれる家」。

子供には厳しく、孫には甘くという考えだ。命を紡ぐこと、家を建てることを、大変真剣に考えていると感じた。

土地形状が独特で、それに合わせて「F」の字のプランとしている。「F」の縦線部が2層で、1階にLDK、2階に子供部屋等の個室。それぞれが南向きに並び、どこに居ても庭の緑を感じることができる。

横線部が1層で、上部に水周り、下部に和室。間が中庭となっている。和室は、将来両親との同居を考えてのもので、親族を非常に大切にしているのである。

洗濯室は、花粉症に悩まされる奥さんの要望から考えた。人も洗濯物も南向きが良いのは同じで、縦長に配置しLDKの開口減を最小としている。雨天でも乾くよう、トップライトを採用した。

環境問題を考えると夏の日射をどう防ぐかが大変重要になってくる。大阪の南中高度は、夏至で約79°、冬至で約32°。冬は日差しを遮らないよう庇を設計した。特殊なシステムを使わずとも、環境に優しい家は実現出来るのだ。

庭には縁側を巡らせている。子供はいつも屋外が好きで、「家」と繋ぐのが縁側の役割。孫が縁側を走り回る。それを、祖父母となった夫妻がダイニングから眺めている。そんな光景を思いながら設計した。その頃には、和室へ生活の場を移しているかもしれないが。

幸せの景色を描く。それが私達の仕事である。 

クライアントの声 ~抜粋~

構想2年、建築まで計3年の月日を費やした我が家。オシャレな家が好きだったのもありますが、その次に、いつか親と一緒に住むためのものでもあり、色々思い入れがあります。
お年寄りと接する仕事をしてる関係、色んな人の老後を見ます。幸せな人、そうでない人。現実は厳しいもんです。
わが親だからケンカするときもあるけど、良かったと言える最期を迎えてほしい。親にそうさせてあげれたら、自分もそうなれるかなと。先のことは分からないけどそうあってほしいなと思います。
とりあえずは目の前の生活を一生懸命頑張ります!ローンの為に…☆ 

クライアントの声-2年後の感想

現場日記-家づくりの過程

メディア掲載


2016年8月
関西エルマガジン社発行の『関西の建築家とつくる家、暮らしが買える店。』に掲載
2016年4月
『建築相談ハンドブックⅢ』に掲載
2015年3月
『月刊ハウジング5月号』に掲載

メディア掲載

Data

大阪府
木造 2階建て 新築
2014年1月竣工
敷地面積:120.26 ㎡
延面積:117.87 ㎡
1階床面積:69.34 ㎡
2階床面積:48.53 ㎡
工事費用:2000万円代後半

Plan


立面図断面図



<< 作品一覧へ戻る