紫竹の家

外観


1階
1階
撮影 : 川元 斉

紫竹の家

– 敷地の高低差が大空間と中庭を生む –

紫竹の家は、京都市の北部に位置する静かな住宅街にある。南北に長いの敷地は、道路から80cmほどの高さにあり、その段差を充分に活かそうと考えた。

窓を高い位置に配置する(ハイサイドウィンドウ)ことによって、建物が道路の近くに建っていても、道行く人の気配はかなり薄らげることができる。

それらによって中庭を包むようなプランが成立した。中庭と広く接するリビング・ダイニングは、開放的で外部との一体感のある空間となっている。

クライアントの希望や敷地の条件等にゆとりがあったので、ゆったりと、水平線のしっかりした、建築に仕上がったと自負している。

Data

京都府
木造2階建て 新築
2000年秋 竣工

PLAN

<< 作品一覧へ戻る