タグ別アーカイブ: サッシ

朝テンションがあがる「北摂のリノベーション」‐5‐夢は描き、守り、育てるもの

 現場は北摂なので、車で現地へ向かいます。

 かなり遠くから、こちらの建物は見えてきます。

 リノベーションにつき、外観はさほど変化ありませんが、内部空間は大きく変わりました。

 2階東面が大きく開かれています。

 外壁をばらし、サッシを取り付ける作業をしているところ。

 サッシを取り付ける横材を、上からまぐさ、窓台等と呼びます。

 ここにサッシ枠をビスで止め、その上に防水層を構成して行きます。

 南にはバルコニーがありますが、こちらは掃き出し窓の取付が終わっていました。

 この大きなバルコニーは、奥さんたっての希望でした。

 「他は我慢しても、大きなバルコニーは絶対欲しい!」と計画の序盤からお聞きしていたのです。

 何とかテントを張れるくらいの広さが確保できました。

 東京で設計させて貰った「四丁目の家」ですが、内部の見せ場は何と言ってもウンテイです。

 このウンテイはバルコニーにそのままつながります。

 内部は光のスペクトルを表現していますが、外部は建物と同化させるために白としました。

 ここにロープを結んで遊んでいる写真です。

 また、その奥には5畳くらいの空の見える空間があり、実際にここでテントを張って遊んでいるのです。

 全ては「思いっきり洗濯物を干したい!」という奥さんの動機から派生してできた空間です。

 もっと言えば、これこそが計画が動き出した原動力かもしれません。

 知識や解決法は誰かに聞けても、夢だけは人から貰うことはできません。

 自分の都合で、子供の夢を壊すようなこと、夢の芽を摘むようなことはしていないか?親は常に自問自答します。

 同じように、クライアントの夢をこちらの都合で摘んではいないか?

 コスト、法規、安全と言い訳は探せば湯水ように沸いてきます。しかし、夢を実現してくれない建築家に、たとえ1円たりとも払ってくれる人は居ません。

 夢は抱くと言いますが、自分で描き、守り、そして育てるものです。できれば、いつも育てる、応援する側に居たいと思うのです。

文責:守谷 昌紀

■■■『大改造!!劇的ビフォーアフター』4月7日(日)BS朝日で「住之江の元長屋」再放送
■■■『デンタルクリニックデザイン事典vol.1』4月1日発売に「さかたファミリー歯科クリニック」掲載

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀
ギャラクシーブックスから2017年11月27日出版
amazon <民家・住宅論>で1位になりました
■『homify』5月7日「碧の家」掲載
『houzz』4月15日の特集記事
「中庭のある無垢な珪藻土の家」が紹介されました
「トレジャーキッズたかどの保育園」
地域情報サイトに掲載されました
大阪ガス『住まう』11月22日発行に「中庭のある無垢な珪藻土の家」掲載
『住まいの設計05・06月号』3月20日発売「回遊できる家」掲載
『homify』6月29日「回遊できる家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「住吉区歯科医師会館」‐4‐それでも時間は止まらない

 現場には常にシートが掛かっているので、外からみるとあまり変化はありません。

 しかし、内部は違います。

 ようやくサッシが取りつきました。

 洗面、トイレの窓はガラスルーバー窓。

 オペレーターを回すと、ガラスがブラインドのように動く窓のことです。

 また、大会議室のトップライトも取付けが終わりました。

 2階の光庭に上がるとその大きさが良く分かります。

 いずれも、まだガラスは入っていませんが、サッシというものは、建築の中でも非常に重要な部分です。

 窓はどこにでもあるので、特に意識することはないと思いますが、光と風を取り込み、水を止めるということは、実は至難の業です。

 その中で、錆びに強く、成型しやすく、軽いアルミサッシは現代建築では必須となりました。

 特に、屋根面となって雨を受けるトップライトにおいて、その価値はさらに高いのです。

 2階は3人が作業中でした。

 こちらは、会長室から中庭を見た景色。

 事務室も光庭に面しています。

 そして小会議室も。

 平面的にも、立体的にも、光庭を中心にこの建物は構成されているのです。

 2階では、監督が養生のシートを張っているところでした。

 こちらはトップライトの仕舞をしているところです。

 こちら電動ノコギリでボードを裁断しているところでした。やはり、現場は職人が沢山いて、活気があってこそです。

 しかし、ここにいる皆がおそらく皆40オーバー。48歳の私も含めてですが(笑)

 最近の現場で、20代、30代を見ることが極端に減りました。

 また、新聞にもボルトとナットが足らず、鉄骨の建物は工期が何ヶ月も遅れているという記事がでていました。

 こちらの会館では何とか確保できましたが、それでもギリギリ。

 人は足らず、物は足らず、消費税UPの駆け込み需要もあり、現場は40オーバー。

 もうコントの設定レベルですが、それでも時間が止まることはありません。

 何度も、何度もこんな場面を経験してきましたが、人生は困難克服成長ゲームです。

 ここからの2ヵ月。現場には、120%で頑張って貰わなければなりません。

文責:守谷 昌紀

■■■『建築家と家を建てる、という決断』守谷昌紀
ギャラクシーブックスから2017年11月27日出版
amazon <民家・住宅論>で1位になりました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
大阪ガス『住まう』11月22日発行に「中庭のある無垢な珪藻土の家」掲載
『住まいの設計05・06月号』3月20日発売「回遊できる家」掲載
『関西の建築家とつくる家 Vol.2』2月1日発売「阿倍野の長家」掲載
『homify』6月29日「回遊できる家」掲載
『homify』6月2日「イタウバハウス」掲載
『houzz』5月28日の特集記事「あちこちでお茶できる家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記