「野洲の家」‐8‐人いきれ

 今日の大阪は36度。

 37度の予報もあり、もう40度が目前。まるで砂漠の中にいるようです。

 いつもは涼しい野洲の現場も、昨日は35度近くあったでしょうか。

 汗が噴出してきます。

 クロスに糊をつける機械がサンルームに据えられました。

 仕上げ工事も佳境に入りました。

 内装、家具、塗装と、多くの職人が入り、人口密度はかなり高め。

 人いきれで蒸せかえっています。


 塗装工事も終盤の仕事です。彼らは、青・赤・黄のペンキがあれば、どんな色でも作ります。

 初めて現場で見たときは、感動しました。感覚がものを言う、これぞプロの技術。

 「いきれ」は「熱れ」が語源のよう。最終的に出来を左右するのは、熱の総量です。

 7月末の引渡しに向けて、今年も熱い夏になりそう。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記