カテゴリー別アーカイブ: C50 「KISHIWADA House」

「KISHIWADA HOUSE」‐7‐目指せ一番

 リオ・オリンピック、夏の甲子園も始まりました。

 2016年の夏も、暑さがピークを迎えています。

35 - コピー

 工期が遅れていた「KISHIWADA HOUSE」ですが、ようやく完了検査を実施しました。

 引越し後も工事の手が入り迷惑を掛けていましたが、何とかここまでたどりつきました。

23 - コピー

 外観と同じように、内部空間も白を基調とした、ミニマル(最小限)な表現となっています。

25 - コピー

 アイランドのキッチンと合わせて、ブラックのペンダントライト。こちらはクライントのセレクト。

 奥のテレビスペースも、黒い壁面に埋め込まれています。

29 - コピー

 ウォークインクローゼット内まで、美しさを追求しました。

27 - コピー

 お風呂は置き型のバスタブを採用。

 奥さんが「2時間くらいは入っています」と、大変喜んでくれました。

 ご夫妻と綿密に打ち合わせをして作り上げてきたのです。

 また、「暮らしてみて、守谷さんの設計意図がよくわかりました」とも。

 何故ガラスのスクリーンがあるのか、奥まった中庭があるのか。

 そんなことまで感じ、考えて貰えたら、設計者冥利に尽きますし、私達も幸せな気持ちになれるのです。

21 - コピー

 2016年の夏は、アスリートの為だけにあるのではありません。

 金メダルを目指し、また日本一を目指し、奮闘しているアスリートがいるなら、私達も仕事の上で、一番を目指さなければなりません。

 勇気をもって指名してくれたクライアントに対して、一番を全力で目指すことは、義務意外の何物でもないのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載■
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載■
『建築相談ハンドブックⅢ』4月1日発売に「遠里小野の家」掲載■

『homify(ポルトガル語)』8月4日「柏の家」掲載
『homify(中国)』8月2日「加美の家」掲載掲載
『homify』7月31日「加美の家」掲載掲載
『homify(ポルトガル語)』7月29日「細工谷の家」掲載
『homify(英語)』7月28日「加美の家」掲載掲載
『homify』7月19日「柏の家」掲載
■『homify(タイ語)』7月1日「松虫の長屋」掲載
『homify(韓国)』6月27日「加美の家」掲載
『homify』6月18日「宝塚の家」掲載

『日刊住まい』4月21日「野洲の家」掲載
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA HOUSE」‐6‐引越し前々々夜

 5月末から、さらに1ヵ月半が経ち、足場が外れました。

01 - コピー

 「KISHIWADA HOUSE」は、何と言っても、車の動線を足掛かりにしたファサードのデザインが特徴です。

 ガラススクリーンも入り、よりフォルムが明確になりました。

02 - コピー

 スクリーンの後ろにはサブバルコニーがあります。

03 - コピー

 2階は、若いご夫妻の世帯。

 玄関と生活空間を繋ぐ階段は、キャンティレバーで持ち出しています。

04

 キッチンはメインバルコニーに対面します。

 南にある、中庭型のバルコニーから、柔らい光が差し込んでくるのです。

07 - コピー

 バスルームは、タイル貼り。

 濃い色でトーンで抑えめな表現です。

08 - コピー

 タイルは焼き物ですが、まるでカッターで切るような、鮮やかな職人の技。

 現場で、こういった光景を見ると惚れ惚れします。もっと、匠の技に敬意を払うべきだと思うのです。

13

 1階の親世帯は、完成が見えてきました。

15 - コピー

 外構工事をする左官職人が、ファン付きのジャンパーを着ていました。

 「涼しいの」と聞くと「ええ。社長が皆に支給してくれたんです」と。

 暑い中、現場で働く社員が居てくれてこそ。社長の愛情を感じました。

21

 引越しの3日前に行ったのですが、かなりごった返してしました。

 無事引越しが済みますよう。ここまで来たら祈るしか出来ないのが設計者なのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『住まいの設計07・08月号』5月21日発売「松虫の長屋」掲載■
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載■

『homify』7月3日にhttp://www.atelier-m.com/w/kami/w.html掲載
■『homify(タイ語)』7月1日「松虫の長屋」掲載
『homify(韓国)』6月27日「加美の家」掲載
『homify』6月18日「宝塚の家」掲載
『homify』6月8日「細工谷の家」掲載

『日刊住まい』「野洲の家」掲載
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA HOUSE」‐5‐タイルを決めるのは本当に難しい

 「KISHIWADA HOUSE」の前回のUPが3月15日。

 上棟から、あっと言う間に2ヶ月半が経ちました。

 その間の現場打合せは5回。さぼっていたというよりは、現場日記が追いついていないのが現状です。

01 - コピー

 前面道路は一方通行で、それがデザインにも影響を与えています。

 また、工事請負契約が成立した段階で、熱源はプロパンガスとしていました。

 ところが工事が始まってすぐガス管が敷設されることが分かり、都市ガスへと変更。これはランニングコストに大きなメリットがあります。

 その敷設工事も終わり、新品の前面道路になりました。これはかなりついています。

03 - コピーのコピー

 日の光も強くなり、クチバシ状のファサードは何とも言えない表情を見せてくれます。

 シートが外れる日がとても楽しみ。

07 - コピー

 道路が北側で、各部屋は裏の南を向いています。

 一階の親世帯は、南の庭から光が差しこんでくるのです。

13 - コピー

 この2ヶ月半の間、下のお子さんが何回か遊びに来てくれました。

15 - コピー

 彼の部屋は、希望通り薄い青がテーマカラーに。

 本人が居れば即決即断です。

17 - コピーのコピー

 一番の課題はタイルでした。

 「KISHIWADA HOUSE」の2階世帯は、寝室等の個室を除き全てタイル。現場で見て貰ったサンプルはおよそ20種類。

 中でも、メインのLDKは難航に難航を極めました。どのくらい難航したか。数枚貼ってから変更になったのです。

 フローリングは木なので、人の意思が入り込む余地がありません。しかし、タイルは人が作るもので、無限の選択肢があります。

 質感、色味、コストをよりどころに絞って行くのですが、もっとも大事なのは「響くか」です。

 本当に、あちこちへ行きましたが、最後は一番初めに選んだものに戻りました。初めに「響いた」ものです。
 
 ここに戻った理由には、コストの件も絡んでいます。

 このタイル、値段が高すぎるので一旦ボツになりました。しかし、色々なメーカーを当たるうちに、全く同じものが、半値で買えることが分かったのです。

 楽ではないですが、面倒だとは思っていません。それら全てがストーリーとなり、愛着に繋がるからです。

 もっと言えば、このくらいのトラブルがあった方が、家創りは面白いのです。

 勿論、理解あるクライアント、ついてきてくれる施工会社があってこそなのですが。

文責:守谷 昌紀

『住まいの設計07・08月号』5月21日発売「松虫の長屋」掲載■

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■5月30日~6月30日住まい情報センター4階
「宝塚の家」のパネル展示

【News】
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載
『homify』5月26日「野洲の家」掲載
『homify(アラビア語)』5月20日「加美の家」掲載
『homify(韓国版)』5月18日「宝塚の家」掲載
『日刊住まい』「野洲の家」掲載
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介
『月刊ハウジング4月号』2月20日発売「野洲の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA HOUSE」‐4‐働く夫妻の上棟式

 3月12日、「KISHIWADA HOUSE」は上棟式を迎えました。

 大安、かつ快晴の下、絶好の式典日和でした。

19 - コピー

 建方から1ヵ月経ちましたが、共働きの夫妻が揃うタイミングはなかなかありません。

 よって、快晴の有り難さもひとしおです。

21 - コピー

 白い防水シートがまだ貼られていない、くちばし状の庇が見てとれるでしょうか。

 その間には、ガラスが入ります。

23 - コピー

 横から見ると、分かりよいでしょうか。

 寝室と浴室をつなぐサービスバルコニーを、ガラスが覆うのです。

 くちばし状の庇が、斜めの壁に貫入するところが、この建物の印象を決定付けます。

25 - コピー

 車の軌道を確保する為、斜行する壁。

 寝室から見ると良く分かります。

27 - コピー

 寝室の更に南にあるのがLDK。

 門型の開口の前に、祭壇が準備されました。

33 - コピー

 2階に住むご家族の全員が参加予定でしたが、上のお子さんがインフルエンザに罹ってしまい……

 この日から、ようやく小康状態になったとの事で、奥さんも何とか参加してくれました。

29 - コピー

 3人で、四隅を清めて回って貰いました。

37 - コピー

 初めは少し照れる下のお子さん。

35 - コピー

 しかし、監督も同じような年頃の子を持つ親です。

 波長が合いだせばエンジン全開でした。

 当たり前の話ですが、家族の頑張りによって、こだわりの家は実現して行きます。

 その頑張りに応えるのが、私達の仕事。

 マラソンが終わってから、いくら頑張りたいと言っても、頑張る場所はありません。

 今、ここで走るしかないのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』
「松虫の長屋」が紹介されました ■
■『月刊ハウジング4月号』2月20日発売に「野洲の家」が掲載■

【Events】
■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載
■『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載

■homify 3月2日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify 1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify 12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA HOUSE」‐3‐現場もやっぱり人となり

 建方が終わった「KISHIWADA HOUSE」。

10 - コピー

 この敷地は、比較的正方形に近い矩形です。 

 経済効率から、間口が狭い方が一般的ですが、秀吉が間口に対して課税額を決めたのも、一端と言われています。

11 - コピー

 前面道路の通行量から、車の軌道をデザインの動機としたことは、初回に書きました。

13 - コピー

 シート裏をのぞくと、分かりよいかもしれません。

15 - コピー

 道路は北側にあり、1階の主要な部屋は南の庭に開いています。

17 - コピー

 2階は、中庭のようなバルコニーを、各部屋の中央に配置しました。

19 - コピー

 加えて、北側にもバルコニー。北と南から外部が切れこんでいます。

 正方形に近い平面に、光と風を内部に届ける為に考えたプランなのです。 

29 - コピー

 建方の日は5人程の大工チームでしたが、リーダーはこの2人。

30 - コピー

 副棟梁は36歳。

 「若いね」と言うと「そんなに若い方でも……」と。

 最近の高年齢化が進む現場では、若い方と言ってしまいます。

31 - コピー

 手前が監督で奥が棟梁。棟梁は40歳です。

 監督は「載せるなら横顔にして下さい」と言うのでそうしました。

35 - コピー 

 仕事なので、いつも笑ってばかりは居られません。

 ただ、こんな笑顔のある現場が、上手くいかないと想像する方がナンセンスだと思っています。

 笑顔は全人類共通の幸せ。今日も、そんな1日でありますよう。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『月刊ハウジング4月号』2月21日発売に「野洲の家」掲載
■『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載

■homify1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify1月21日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify(12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA House」‐2‐地鎮祭

 地鎮祭は快晴のもと。日差しが12月とは思えないほど。

07 - コピー

 今回の工事は、初めて仕事をする施工会社。社長は女性で「素晴らしい天気で、幸先良いスタートですね」と。

 もし雨が降ったら「雨降って地固まる」と言うのですが、こんなところに場数の差が出るのものです。

 流石は歳の効、といえば怒られそうですが。

21 - コピー

 2階には若いご家族で、お子さんは5歳、3歳の姉弟です。

 1階には、ご主人のお母さま世帯がある、2世帯住宅。敷地の間口が大きく、規模の大きな住宅です。

22 - コピー

 地鎮祭での私の仕事は、斎鎌(いみかま)で草を刈り取ること。

 折角なので、気合を入れて挑みます。

23 - コピー

 ご主人のよる鋤入れ。

25 - コピー

 ご家族による、玉串奉奠(たまぐしほうてん)。

 長男君は、ちょっと恥ずかしかったようで、お母さんに手を引かれてでした。

27 - コピー

 最後に、四方へ塩、米をまくのには、興味をもってくれたようです。

 少しでも記憶に残ってくれたなら、嬉しい限りです。

 この日の宮司さん。非常に声が大きく、気持ちの良い式典でした。

 それで、帰り際に「素晴らしい式典でした」と伝えました。

 プロというのは、なかなか評価されにくいものです。良かったことは良かった。そうでなかった場合は触れない。

 実務以外の私のスタンスです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■12月2日~12月28日天六・住まいの情報センター4Fにて「野洲の家」「遠里小野の家」「住之江の元長屋」のパネル展示

【News】
■homify(アルゼンチン版)12月10日に「加美の家」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました
■homify9月22日「野洲の家」が紹介されました
■homify(韓国)9月14日「遠里小野の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「KISHIWADA House」‐1‐プロローグ

 仕事の場は、常に競争です。

 「KISHIWADA House」は、ネット上のコンペでした。

 参加した経緯、選んで貰った過程は4月、日記に書きました。

03 - コピー

 しかし、実際に工事請負契約に至ったのは12月7日。

 コンペのスタートから、1年2カ月掛かってしまいました。

 「申し訳ありません」という気持ちと、「とことん付き合います」という気持ちの、両方があります。

 何度も見積り調整を行い、納得して貰えるところまで、ようやくたどりつけました。

00 - コピー

 敷地は北側に道路がありますが、この道は一方通行です。ところが、抜け道になっているようで、結構な交通量があるのです。

 車で仕事から帰ってきた際、まずは仮駐車。そして、後続がないのを確認できたら、ゆっくりと車庫入れ。

11岸和田の家PプレG11 1504011 - コピー

 この、駐車時のタイヤの軌道から、プラン、フォルムを練って行きました。

 デザインという言葉が、機能を犠牲にし、表面上のことを指している場面が、本当に多くあると感じます。

 それらは、本来デザインと呼ぶべきものではありません。デザインとは、良心にうったえかけるもので、必ず、分かち合えると信じるからこそ、意味があるのです。

 デザインを和訳すると意匠となります。匠として、物創りのプロとしての意思。

 その意思は正しかったのか。5月下旬に、問うことになります。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■12月12日(土) 2:00pm~4:00pm 天六・住まいの情報センター5Fにて セミナー開催「○○と一緒に暮らす」

■12月2日~12月28日天六・住まいの情報センター4Fにて「野洲の家」「遠里小野の家」「住之江の元長屋」のパネル展示

【News】
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました
■homify9月22日「野洲の家」が紹介されました
■homify(韓国)9月14日「遠里小野の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記