カテゴリー別アーカイブ: C49 回遊できる「羽曳野の家〈リノベーション〉」

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐7‐写真家はシャッターを押すのが仕事ではない

 昨年末ですが、「羽曳野の家」の撮影をしました。

 当社の撮影は、人有りのカットを結構撮ります。

11

 こちらのご家族はお子さんが4人。

 小1の長男君から、6カ月の三男君まで、男・男・女・男と、とても賑やかです。

 そして、仲がいいのです。

12

 外観の撮影時も、お子さんがふらっと出てきてくれたら、その雰囲気を大切にしたいと思っています。

25

 次男君が、三男君を気遣う場面。

27

 今度は長男君が入ってきてくれました。

写真家の平井さんもそのあたりは心得たもので、寒い中、シャッターチャンスを待ってくれます。

15

 撮影とは、風景の一場面を切り取る行為です。

16-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 光、人の手跡と空気感が写し出されます。

 ロフトの奥にはご主人の書斎スペースがあります。

19

 そこから、リビングダイニングを見下ろせるようにしました。

 しかし、それを伝える手段は写真しかありません。

21-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 4人目の三男君は、このラグの上でとても機嫌がよく、ぐずる場面はありませんでした。

 「ラグはあってもいいですよね」とは、平井さんからの提案でした。

23

 多少片づけてはいますが、やはりできるだけ暮らしぶりを伝えたいと思います。

 そんなワンカット、ワンカットの積み重ねが、私達のメッセージなのです。

29

 人無しのカットも沢山あります。

 そんな時は、ご家族全員に隠れてもらいます。

 写真の知識、技術はもちろん大切ですが、もう一歩踏み込む勇気がその価値を左右する気がします。

 建築写真家は、シャッターを押すまでの準備、執着心にこそに差が出るのだと思うのです。

 撮影の前、彼は現場日記を一通り読んできてくれます。

 「守谷さん、現場日記は工事が始まったら、いきなり竣工という感じでしたね」と言われました。

 今年は、現場日記もできるだけ頑張って書いていこうと思います。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■■10月29日『住人十色』毎日放送(MBS)「松虫の長屋」放映■■

『建築家カタログ2016』8月29日発売に「遠里小野の家」掲載■
『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載■
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載■

『homify』10月27日「紫竹の家」掲載
『homify』9月1日「池を望む家」掲載
『homify』8月13日「光庭の家」掲載
『homify(スペイン語)』8月6日「野洲の家」掲載
『homify(ポルトガル語)』8月4日「柏の家」掲載
『homify(中国)』8月2日「加美の家」掲載掲載

■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐6‐オープンハウス開催

 今年の1月から工事が始まった「羽曳野の家〈リノベーション〉」ですが、6カ月の工期を経てようやく完成しました。

 クライアントのご協力もあり、オープンハウスを開催することになりました。

■■■「羽曳野の家」オープンハウス開催■■■
日時: 7月3日(日)13:00~17:00
場所: 羽曳野市恵我之荘

お名前、E-mailアドレス(またはfax番号)を
ご連絡下さい。地図をお送り致します。
tel 06-6703-0181 fax 06-7500-5920
office@atelier-m.com

11 - コピー - コピー

 初めて連絡を貰ったのは2013年の4月。

 設計期間は32カ月。途中、本当に色々なことがありましたが、「あちこちでお茶できる家」の28カ月を抜いて、設計期間第2位。

 ちなみに、1位は「四丁目の家」で51ヵ月。ここまでくると仕事と言うよりは親族のような感じです。

15 - コピーのコピー

 30坪程ある平屋を、ダイナミックな一室空間にリノベーションしました。

21 - コピーのコピー

 色使いなどは、奥さんのセンスで、愛らしい、大きな洗面です。

 お子さんが3名、この夏には次のお子さんも……

13 - コピー

 スタート時には、年少クラスだった長男君。この春には小学一年生になりました。

 私の写真も、一方的、伯父目線です。

23 - コピーのコピー

 辺りには、田んぼも残るのどかな雰囲気です。

 興味があるかたは気軽にご連絡下さい。

文責:守谷 昌紀

『住まいの設計07・08月号』5月21日発売「松虫の長屋」掲載■

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■5月30日~6月30日住まい情報センター4階
「宝塚の家」のパネル展示

【News】
『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載

『homify』6月8日「細工谷の家」掲載
『homify』5月26日「野洲の家」掲載
『homify(アラビア語)』5月20日「加美の家」掲載
『homify(韓国版)』5月18日「宝塚の家」掲載
『日刊住まい』「野洲の家」掲載
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」紹介
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」紹介
『月刊ハウジング4月号』2月20日発売「野洲の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐5‐臨機応変

 4月24日(日)14:00から、セミナーの講師をつとめます。

<3136303231358F5A8FEE835A8393835E815B8DEC95699357837C8358835E815

 日本建築家協会主催で、会場は天六の大阪市住まい情報センター

 定員は100名ですが、現在の申込は50名程。昨年の半分だそうです。

 「済みません私の知名度不足で」と会場の担当者に言うと「ええ、タイトルがあまりだと思ってました」と結構ダイレクトな感想。

 「住まいは幸せの形」というタイトルにしたのですが、漠然としすぎていると言うのです。

 写真の露出があまり無いのでタイトルが全て。リノベーションをもっと前面に出した方が、受けが良いと言うアドバイスは聞いていました。

 新築も2、3軒取り上げるつもりでしたし、タイトルは私の哲学でもあります。やはり、受けの為のタイトルはいやだなと思っていました。

 しかし結果が全て。リノベーションに関しては、18年前から手掛けてきましたし、現在も3軒のプロジェクトが進行中。

 内容も、リノベーションを分厚くし、臨機応変に対応したいと思います。

 また、参加者の中から抽選で5月15日に「松虫の長屋」に私が案内します。

 時間がある方は、大阪住まい情報センターのページから是非申し込んでください。

30 - コピー - コピー

 告知が長くなりましたが「羽曳野の家〈リノベーション〉」です。

 近所に幼稚園があり、見事な藤棚がありました。

33 - コピー

 桜の後。この時期、藤の淡い紫は本当に美しい。

 品、高貴、そんなことを連想させます。

37 - コピー この日は午後からの打合せでした。

 娘さんのみ保育園で、長男君、次男君が、現場に遊びに来てくれました。

35 - コピー

 勿論、現場には危険が沢山あります。奥さんはお腹が大きいこともあり、気が気ではなさそうでした。

 私は、打合せをスタッフの田辺と監督に任せて、2人をつれて出ました。藤棚のある幼稚園が園庭開放していたからです。

39 - コピー

 お子さんを見たり、危険がありそうなら叱ったり出来るのは、私だけだろうと判断しました。

 私が現場に居る方が、良いのは間違いありませんが、迷いはありませんでした。

 田辺のキャリアも9年目に入りました。前打合せをしていましたし、今回の内容なら解決出来ると思っていました。

 何より、それがベストだと思ったのです。判断とは、常に覚悟です。

 しつこいですが、場の雰囲気を見ながら、臨機応変に話をするつもりです。良ければ是非セミナーにも。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載■
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」が掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」が紹介されました
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」が紹介されました
■『月刊ハウジング4月号』2月20日発売「野洲の家」が掲載

【Events】
■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載■homify 3月2日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify 1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify 12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐4‐屋根裏ほどワクワクするものはない

 今週末、大阪の桜はピークを迎えそうです。

 しかし今日は生憎の雨。花がおちなければ良いのですが。

03 - コピー

 「羽曳野の家」は構造補強が終わり、間もなく、サッシが付いていく段階です。

01 - コピー

 工事を担当してくれるのは「松虫の長屋」に続いて市川工務店

 そして大工工事も同じく「I親子」が担当してくれます。

05 - コピー

 電気工事の配線も始まっていますが、この家は屋根が高い。

09 - コピー

 よって、屋根裏も大きくなります。
 
 小学校に上がる長男君にも、少しのぞいて貰ったのですが、最高の笑顔で答えてくれました。

 この歳になっても、脚立を登りこの景色が見えて来た時、ときめきを感じます。

 フィンランドが生んだ偉大な建築家・アルヴァ・アアルトの愛読書は「ハックルベリー・フィンの冒険」だそう。

 男を駆り立てるのは、年代、時代を問わず、いつも答えの無い冒険です。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載
■『関西ウォーカー別冊「大阪ライフウォーカー」』3月22日発売に
「住之江の元長屋」が掲載
■3月23日フジテレビ『みんなのニュース』「灘の高台の家」が紹介されました
■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』「松虫の長屋」が紹介されました
■『月刊ハウジング4月号』2月20日発売「野洲の家」が掲載

【Events】
■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『住まいの設計07・08月号』5月21日発売に「松虫の長屋」掲載■homify 3月2日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify 1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify 12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐3‐活かし、歩み寄る

 内部解体が終わり、大工工事が始まりました。

23 - コピー

 従来の構造体を補強したり、柱位置を変えたりしながら、新たな空間を創造して行きます。

 この段階になり、抜けないと分かる柱が出てくることもあります。

 今回も、1ヶ所出来てきました。

25 - コピー

 リノベーションは、従来からの構造体と、新たな構造体のコラボレーションです。

 よって、一方側の論理では解決できないことが起こります。

 監督、棟梁、そしてクライアントに相談し、最も良いだろうという答えを探るのが私の仕事。

 互いを活かし、歩み寄る。それがリノベーションです。

27 - コピー

 また、現物確認にはこだわっています。

 現物と言っても、この段階ではスイッチも、コンセントもまだなく、原寸大の紙を貼り付けます。

29 - コピー

 鏡や、洗面カウンターの高さも、現場で、実寸を確認して貰うことにこだわっています。

21コピー

 模型も、同じことかもしれません。

27 - コピー

 設計図面がCAD化され、手描き図面はほとんど無くなりました。

 パース、3D、ウォークスルー(3Dの世界を歩いているような動画)と、データなら万能のような時代。

21 - コピー

 なおさら、縮尺こそ違えど、現物である模型が大切だと考えます。

29 - コピー

 視点を再現すれば、かなり正確に建物を把握することが出来るのです。

 データは簡単に変わりえます。現物は簡単に変わりえません。

 変わりえないものを、変わりえるもので設計する。この矛盾を理解していないと、物創りにおいての、深みにはまってしまうのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■■■2月23日フジテレビ『みんなのニュース』
「松虫の長屋」が紹介されました ■■■■

【Events】
■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『月刊ハウジング4月号』2月20日発売に「野洲の家」掲載
■『住まいの設計05・06月号』3月19日発売に「野洲の家」掲載

■homify 3月2日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify 1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify 12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐2‐リフォームローンとは

 では実際「リフォームローン」とはどのようなものか。

 一般的に言えば、500万円から1000万円までが相場。

 一方、新築の住宅ローンは土地と一体で組むこともあり、4000万円位までは問題なく下りることが多いのです。

11

 先日解体を終えた「羽曳野の家」。

13

 今回は、外壁、屋根はほぼ活かしますが、内部はスケルトンです。

15

 南向きの掃き出し窓を入った景色。

17

 奥から見返すとその大きさが良く分かります。

 この家は、140㎡弱(42坪)あります。新築で建てた場合を、仮に坪80万円で試算してみます。

 80万円/坪 × 42坪 = 3360万円。

19

 新築に比べて追加されるのが解体・撤去工事。

 それが約100万円程掛かっていますが、それをひとまず除いたとして、工事費用が1000万円の場合は以下のような計算になります。

 1000万円 ÷ 42坪 = 23.8万円/坪

 壁紙の貼り換えや、設備機器のやり替えだけなら全く問題ありませんが、この規模の建物のフルリノベーションでは、正直難しいのです。

 建物の規模、リノベーション後の価値などを合わせて、融資の金額を決定して欲しいというのが希望ですし、それが時代のニーズなのです。

 クライアントは、いくつもの銀行に相談をしました。しかし「1000万円までなら」という回答ばかり。

 しかし一行、新築と同じような流れで審査してくれた銀行を見つけました。スムーズにとは言わないまでも決済がおり、ようやく着工となったのです。

 クライアントは「同じような希望を持っている人の励みになれば」と、言って貰いました。

 その過程も、詳らかにして行きます。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
「松虫の長屋」見学会:5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『月刊ハウジング4月号』2月21日発売に「野洲の家」掲載
■『住まいの設計05・06月号』3月21日発売に「野洲の家」掲載

■homify1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■homify1月21日に「松虫の長屋」が紹介されました
■homify(ロシア版)1月2日に「加美の家」が紹介されました
■homify(12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「羽曳野の家〈リノベーション〉」‐1‐プロローグ

 国は、空き家をなくす為「リフォーム、リノベーションを推進する」とアナウンスしている。

 当たり前だが、新築にしろ、リノベーションにしろ、建築にはお金が掛かる。

 ここのところを抜きにして、いくら推進しても前には進めない。

91

 「羽曳野の家」のクライアントは、リノベーションして向かいの家に引っ越すという、ちょっと変わった計画だ。

92 (2) - コピー

 現在の家が左、引っ越す先が右。

93

 家族が増えるに従って、現在の住まいが、少し手狭になってきたのがリノベーションの動機である。

94

 向かいの家は、築38年。ご主人の生家でもある。

 一回り大きな家だが、昔ながらの日本家屋。軒が深く、内部まではなかなか日が届かない。

 この部分を解決しようというのが、まずは本計画のテーマだった。

95 - コピー

 そんな問題を解決するのが私達の仕事。

 提案をクライアントに喜んで貰ったのだが、銀行はリノベーションに対しての融資が渋いのだ。

96

 リノベーションとは建物の価値を高めるの意。

 既存建物を活かし、空間の価値を高めるのと、壁紙貼り換えのリフォームでは、勿論工事の規模も変わってくる。

 この辺りの現実を、政治、金融とも把握し、言行一致して貰いたい。

 新築と全く同じと行かないまでも、扱いの差が大きすぎるのだ。

 しかし、何でもトライしてみるものだ。非常に理解のある銀行が何とか見つかり、無事工事スタートにこぎつけた。

 計画の依頼を貰ったのは2013年の4月。融資だけが理由ではないが、工事がスタートするまで、約3年の時間が掛かった。

 「明るく」がサブテーマなら「長く子供と仲良く」がメインテーマ。

 クライアントのこの前向きなテーマがなければ、ここまでたどり着けなかったかもしれない。

 計画の推進力は、クライアントの真剣な思いだとつくづく思うのだ。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■セミナー:4月24日(日)14:00~16:00
(会場:住まいの情報センター3階ホール、定員100名)
■見学会日時:<予定>5月15日(日)14:00~16:00

【News】
■『homify』1月21日に「サンルームと吹抜のある家」が紹介されました
■『homify』1月21日に「松虫の長屋」が紹介されました
■『homify(ロシア版)』1月2日に「加美の家」が紹介されました
■『homify』12月30日に「Shabby House」が紹介されました
■『homify(英語版)』11月19日「加美の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記