カテゴリー別アーカイブ: C44 「梅田ラボ 」

「梅田ラボ」‐6‐webサイトもOPEN

 今年の4月にグランドオープンした、セブンドリーマーズ梅田ラボ。

101

 当社webサイトもようやくOPENしました。

 実店舗に遅れること5ヶ月。その間にも、セブンドリーマーズは躍進を続けています。

201

 9月1よりCS放送のスカイ・AsportsプラスチャンネルにてセブンドリーマーズのCMが放映中です。

 セブンドリーマーズ/カーボン/TVCM(古田敦也氏編)

 セブンドリーマーズ/カーボン/TVCM(樋口久子プロ編)

 『賢者の選択』でも紹介された、いびきや睡眠時無呼吸の治療デバイス、ナステントも凄い反響のようです。

103

 カーボンシャフトは、リミテッドモデルが発売されました。

 ここでも、古田敦也氏樋口久子プロのインタビューがUPされていました。

 古田さんは梅田ラボ、樋口プロは芝公園ラボが舞台です。

203

 梅田ラボは、試打エリアが2打席あります。

205

 心臓部は、奥にある測定エリア。ここでスイングを解析するのです。

 古田さんが打っていたのもこのブースのはず。

207

 広さは200㎡以上で、3店舗の中で最大面積。

301

 大阪駅前第2ビルの1階、JR大阪駅向きの北側。

 アーケードに面してウォータースクリーンにロゴが映し出されています。

501

 CFRPを黒いダイヤモンドに見立て、ディスプレイは、ダイヤモンドカットしています。

 家具も、ローテーブルはイサム・ノグチ、ソファは奥山清行、 チェアはル・コルビジェのデザイン。

 どこから切っても本物の空間を目指しました。

 近くに行かれた方は、是非お立ち寄り下さい。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■10月10日(土) 3:30pm~6:00pm ジュンク堂<京都店>にて
「無料相談会」に参加

【News】
homify(ドイツ)に8月11日、homify(ポーランド)に8月18日「加美の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「梅田ラボ」‐5‐オープニングレセプションは

■■■ セブンドリーマーズ・ゴルフシャフト・梅田ラボ ■■■
「オープニングレセプション:UMEDA GALA PARTY」

 前回のUPが現在3月27日(金)の深夜2時。「果たして間に合うのか……」でした。

 本日打合せのあったクラアントからも「で、間に合ったんですか?」と質問がありました。

 同日午後3時、再度に現場へ向かいます。

110 - コピー

 最も危惧されていたのが外部サッシで、職人も心なしか不安げ。

111 - コピー

 オープニングまで3時間。未だ緊迫感が漂っています。

113 - コピー

 花が届き、配置された頃から、何とか大丈夫だろうという状況になって来ました。

116 - コピー

 ゴルフシャフトラックは、昨晩からセブンドリーマーズの社員さんが組み立ててくれました。

 そして、主役のゴルフクラブが、並べられたのです。

115 - コピー

 ソファとチェアは、オープンしてから届きました。

 購入したのが夕方の5時。セブンドリーマズの担当者の方と、がタクシーで淀屋橋の今話題の大塚家具へ行き、その場で現品を購入。

 店舗スタッフが、レンタカーで届けてくれました。チェアはル・コルビジェがデザインしたLC1。

 関西には倉庫を含めても、この展示品しか残っていなかったそうです。ソファは奥山清行氏のデザイン。彼はフェラーリ エンツォをデザインしたことで知られます。

 かなりの綱渡りでしたが、本物の空間には、本物が必要なのです。

117 - コピー

 いよいよオープニング。徐々に来客が増えてきました。

118 - コピー

 フェラーリ効果は思った以上で、常に人山が出来ていました。

119 - コピー

 既に測定も可能です。

114 - コピー

 床は主にフローリングですが、所々にドライカーボンが埋め込まれていたことに、気付いて貰えたでしょうか。

121 - コピー

 更に来場は増える一方。

123 - コピー

 最終的には、立錐の余地無しの盛会となったのです。

 記名のあった人数で110名程だったようです。

124 - コピー

 社長・阪根から「100%」とのコメントもあり、無事閉会したのです。

 正直に言えば、本来の完成形から言えば未だ7割の完成度です。4月2日(木)のグランドオープンへ向けて、工事は続きます。

125

 今度も逃げの余地はありません。今日のデイリースポーツ一面です。
 
 阪神同様、快幕を迎えられるよう。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『HOUSING 9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

【Events】
■3月1日~3月30日 天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」「あちこちでお茶できる家」のパネル展示

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「梅田ラボ」‐4‐果たして間に合うのか……

■■■ セブンドリーマーズ・ゴルフシャフト・梅田ラボ ■■■
「オープニングレセプション:UMEDA GALA PARTY」

時間:3/27(金)18:00-21:00
場所:〒530-0001 大阪市北区梅田 1-2-2 大阪駅前第2ビル 1F
飲み物・食べ物:無料
設計:アトリエm

 現在3月27日(金)の深夜2時。

01 - コピー

 レセプションは今日の夕方6時から。果たして間に合うのか……

 少しでも進めたいところですが、一瞬職人達がはけていきます。

02 - コピー

 慌しく共用部を養生し始めました。

03 - コピー
 
 軽快なエンジン音を響かせて、フェラーリがやってきました。

 ゴルフバッグをトランクに乗せれる唯一のフェラーリ・カルフォルニアT。コーンズとのコラボ企画で、梅田ラボに展示されるのです。
 
05 - コピー

 大阪駅前第2ビルのヒピロティー内に浸入してきました。通常ではありえない風景です。

 勿論許可済みですが。

07 - コピー

09 - コピー

10 - コピー

 フェラーリのある、世にも珍しい現場になりました。
 
11 - コピー

 流石に、あっと言う間に養生され、一気に工事が再開されました。
 
 エッサエッサと、ステンレスの部材を運ぶ職人達。アナログで、マンパワーによるところが多い現場が好きです。

13 (2) - コピー

 最も懸念されていた、外部サッシも何とかなりそう。

15 - コピー

 青い作業着で働くのは、スーパーレジン工業の社員さん達。セブンドリーマズの親会社といった立場の人達です。

 多くの方が応援に駆けつけてくれました。

17 - コピー

 普通ではありえないことです。

19 (2) - コピー

 塗装の残り仕事を、快く引き受けてくれているのです。

20 - コピー

 現場の方々には、感謝の気持ちしかありませんが、監督への要求は更に厳しさを増します。

 私の仕事はみなで楽しくやることでなく、最終着地点を少しでも高いところへ持っていくこと。心を鬼にして言わせてもらいます。

21 - コピー

 腹はくくっていますが、なかなかの緊張感です。明日は無事来訪者を迎えることができるのか。

 命までとられる訳でなし。最後まで、そえぞれがベストを尽くすのみですが。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『HOUSING 9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

【Events】
■3月1日~3月30日 天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」「あちこちでお茶できる家」のパネル展示

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「梅田ラボ」‐3‐オープニングレセプション3/27

 梅田ラボのオープニングレセプションは、今月初めにすでに告知されています。

 社長、阪根によると、すでにプレスリリース済みとのこと。清水の舞台から飛び降りるつもりで、ここでも告知しておきます。

■■■ セブンドリーマーズ・ゴルフシャフト・梅田ラボ ■■■
「オープニングレセプション:UMEDA GALA PARTY」

時間:3/27(金)18:00-21:00
場所:〒530-0001 大阪市北区梅田 1-2-2 大阪駅前第2ビル 1F
飲み物・食べ物:無料
設計:アトリエm

17 19 21 22 23

 お時間のあるかた、是非参加下さい。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■3月1日~3月30日 天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」「あちこちでお茶できる家」のパネル展示

【News】
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『ハウジング12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「梅田ラボ」‐2‐駅前ビルも天井裏を狙え

 「梅田ラボ」のオープンは、すでに各メディアに告知済み。もう進んで行くしかありません。

 前回、大阪駅前第2ビルは、1976年に完成したと書きました。

 竣工当時、大阪駅前には、丸ビルと駅前ビルの4棟しか、高層ビルは無かったはずです。最先端の高層建築だったのです。

11 - コピー

 しかし40年経ち、建築も当然ながら変化して行きます。

 天井高もその一つ。seven dreamersが入居する前の天井高さは2.7mでした。

 極めて低いとは言えませんが、当事務所が設計する住宅の場合でも、メイン空間はこの位の高さを確保します。

 自ずと、新しいテナントビルの開放感とは差が出来き、古い建物といった印象になるのです。

 大阪駅前ビルでは、シャッターが下りているテナントが増えているのは周知の通り。

15 - コピー

 しかし、構造体としては、1階部分は天井裏にかなりの余白があることが分かりました。

 その部分を最大限に活かせば、大阪駅前ビルのイメージを大きく変える店舗が出来るのでは。友人でもある、seven dreamersの社長、阪根はここに着目しました。

 ginzaギャラリーShibakouenラボでも使った、一般的な手法ですが、今回はビルの規約がありました。

 それらの承認を貰うためにプラスアルファの時間がかかりましたが、無事それもクリア。ようやく、4.3mの天井高を確保し、塗装が終わったところです。

 リノベーションの場合、常に天井裏を狙ってきました。駅前ビルも全く同じだったのです。

 実際、Shibakouenラボの入るテナントビルのオーナーは「このビルの価値を高めてくれて有難う」と言ってくれたそうです。

 win-win等という関係が簡単だとは思いませんが、このあたり一体の雰囲気を変えてみせるという意気込みで、皆が取り組んでいるのです。

21 - コピー

 何より大変なのは、現場作業がほとんど夜になること。音や匂いの出る工事は、全て深夜0時から朝の6時までに限られます。

17 - コピー

 常に感謝の気持ちを伝えるようにしていますが、今回は工期のこともあり、文字通り頭が下がる思いがします。

23 - コピー

 私達も自分達の仕事に全力で取り組むだけ。

29

 現場はまさに背水の陣なのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■3月1日~3月30日 天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」「あちこちでお茶できる家」のパネル展示

【News】
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『ハウジング12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「梅田ラボ」‐1‐プロローグ

 一昨年の8月、中高校の友人から「盆休みは、海へ行かないの」と連絡がありました。

 大学時代は、よく一緒に海へも行きましたが、最近はあまり会うこともなく「珍しいこともあるもんだ」と思っていたのです。

 現地で落ち合い、海を見ながら話をしている時、 「seven dreamers」の計画を聞きました。その友人、阪根がseven dreamersの創設者です。

 2013年9月末にデザイン案を提出。私達にとっての「seven dreamers」がスタートしました。

 はじめは、2014年3月にオープンした、「seven dreamers ginza」のみ、担当する予定でした。

201407_seven dreamers_ginza_01

 立ち上げの当初から、ブランドをプロデュースする会社、全体を統括するアートディレクターも居り、そういったチームの中で、空間デザインの仕事を進めました。

 「店舗ごとに、イメージが大きく異なるのは良くない」というアートディレクターの後押しもあり、芝公園もデザインすることになったのです。

 そして2014年2月、「seven dreamers shibakokuen」がオープン。

201407_seven dreamers_shibakoen_01

 当時、消費税の駆け込み需要がまさにピークを迎えていた頃。

 東京オリンピックの誘致も決定し、関東の建築業界は麻痺状態となっていました。

 施工会社は、全て競争見積りによる真剣勝負で決定します。

 最後の見積り調整をした頃、最も信頼していた施工会社の社長から電話がありました。

 「守谷さん、本当にすみません。何とか手伝いたいと思っていたのですが、もう気力が続かないんです。もうたたなざるおえないんです」

 多くの建築家に支持されていただけに、仕事が多すぎたようです。

 契約上、2014年3月末となっていた物件も多くあったのでしょう。関東の建築業界は、想定外の状況になっていましたが、契約は契約。

 結局、店を閉めるという選択をせざる得なくなったようです。

 seven dreamers 、またその親会社の皆さんには大変な迷惑を掛けることになりました。付き合いのある工務店を使いながら、自営のような形で、両店舗を完成。オープンにこぎつけてくれたのです。

 心から感謝すると共に、私達にとってのseven dreamers ストーリーは、ほろ苦いものとなりました。

 話には、続きがありました。

 関西初の直営店がオープンすることになったのです。

11

 JR大阪駅から真っ直ぐ南に下ると、丸ビルが見えてきます。

13

 その脇を抜けると、大阪駅前第2ビルが見えてきます。

15

 大阪駅前第2ビルは1976年の完成。

 1952年、マンハッタンに初めて建てられガラスカーテンウォールの高層建築「レバーハウス」の影響を色濃く受けています。

19

 大阪駅に面した北側中央部に「梅田ラボ」はオープンします。

21 - コピー

 3月27日(金)プレオープンはプレスリリース済み。 
 
 前回と変わらない、もしくはそれ以上のタイトスケジュール。結果を残すことが出来るのか。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■3月1日~3月30日 天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」「あちこちでお茶できる家」のパネル展示

【News】
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『ハウジング12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記