カテゴリー別アーカイブ: C42 「灘の高台の家〈リノベーション〉」

「灘の高台の家」‐7‐webサイトUP

 春に竣工した「灘の高台の家」

 webサイトをUPしました。

11 LDK

 撮影にも気持ちよく参加してくれました。

13 キッチンより

 ご主人はやや照れ気味でしたが。

15 バルコニー
すぐそばの麻耶山の緑が、目の前。

17

 撮影当日、奥さんが昼食をご馳走してくれました。

19

 バルコニー、は目線を遮り、風は通るよう考えています。

21

 当初よりのテーマだと思っていた元、屋根裏。

23

 南向きで、建物中央に光と風を届けるのが目的です。

25ロフトからの眺め

 神戸の街、大阪湾が一望できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
勿論夜景も。

27見下ろし

 ご主人の書斎でもあります。

31洋室

 1階は洋室と寝室。

41

 キッチン横の収納は冷蔵庫を隠す工夫をしています。

43

 ダイニングテーブルとの間にある、カウンターは人工大理石製で、直接パンをこねることも出来ます。

45

47

49

 初めてのデートが住宅展示場だった新婚夫妻のお家。

 よければサイトをのぞいてみて下さい。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました(2014年9月20日再放送)

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐6‐熟練のエンジニアが必要です

 昨年から今年にかけて、現場では「人手不足」との声ばかり。

 消費製UPによる建築ラッシュの影響ですが、この現場の棟梁はこの道40年のベテランです。

 これまで3件の家を一緒に建てました。

 見ていても仕事が早い、かつ丁寧。監督が、棟梁のスケジュールを抑えてくれたようです。

 最後に残った、木製ルーバーの納まりを相談する棟梁。

 ビスの長さ、を打つ角度まで、私に説明してくれます。

 内部はほぼ完成しました。

 バルコニーに取り付く、そのルーバーを残すのみになりました。

 ご主人は大変喜んでくれたのですが、奥さんはこの日仕事でした。

 その奥さんたっての要望だった「男前なキッチン」。

 ステンレスに特化したTOYOキッチンと、人工大理石のカウンターで囲まれた主婦の城です。

 その上には、ご主人の隠れ家。

 ジョブズは亡くなる半年前、オバマ大統領に経済回復の処方箋を聞かれこう答えました。

 「3万人のエンジニアが必要です。博士号はいりません。天才である必要もありません。熟練のエンジニアが必要です」

 現場を支えるのは、常に熟練の技術者です。しかし物創りの現場から、若者が減っていく傾向は顕著です。

 天才である必要はない。ただひた向きに仕事に打ち込めば良い。

 逆に言えば、自分が特別な人間でないと分かることが、熟練への条件と言えるのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■セミナー開催―ライフスタイルを楽しく―■■■
4月26日(土)、27日(日) 3:00pm~4:00pm
グランフロント大阪北館・5F「サンワカンパニー
■■■住宅無料相談会■■■
4月28日(月) 3:30pm~6:30pm
ジュンク堂<茶屋町>

【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定
■4月23日~4月29日 堂島アバンザ1階にて
「遠里小野の家」のパネル展示

【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐5‐花火も我が家から

■■■セミナー開催―ライフスタイルを楽しく―■■■
4月26日(土)、27日(日) 3:00pm~4:00pm
グランフロント大阪北館・5F「サンワカンパニー

 概ね内部の壁下地が出来上がりました。

 2階は全て取り払い、1室空間としました。

 西面のバルコニーは奥行きを増やし、全開放するサッシに変えています。ちょっとお茶を飲むスペースを確保しました。

 夏の西日対策にルーバーもつくのですが、現在はブルーシートに覆われています。

 よって、室内は青。

 リノベーションは、既存の構造体をどう残し、どう見せるかが、腕の見せ所。

 梁や束の扱いは、クライアント、現場と相談し、決定しました。ロフトからの光を、最大限に活かすため、全てにおいて「最小限」が原則です。

 ロフト下には間もなくキッチンが入ってきます。

 この日は天気も良く、ご主人が再度ロフトへ。

 現場用ハシゴを登る姿も、板についてきました。

 ロフトは約4畳。そのわずかなへこみも収納に。

 このあたりは、天井をめくるまで分からなかったところです。

 反対には大きな窓。

 お隣の屋根を越え、神戸の海が見渡せます。右手に見えるのはポートアランド。

 夏には「みなとこうべ海上花火」も見れそうです。

 若いご夫妻は、5月に結婚2周年を迎えます。記念日は、この新居で過ごして貰えそう。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■住宅無料相談会■■■
4月28日(月) 3:30pm~6:30pm
ジュンク堂<茶屋町>

【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定
■4月23日~4月29日 堂島アバンザ1階にて
「遠里小野の家」のパネル展示

【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐4‐1000万ドルの夜景を我が家に

 すぐ裏には摩耶山が控える「灘の家」。

 2週続けて、現場打合せでした。

 初めて現場を訪れたのは昨年の5月。まだ購入前でした。

 不動産業者の人が車で案内してくれましたが、「かなり上まで登るんだな」という印象でした。

 2階バルコニーから身を乗り出すと、遠くには神戸の海が。

 この景色を、計画の糸口にしようと考えたのです。

 この日は、クライアントから「何らかの形で感謝の気持ちを伝えたい」とのお話を聞いていました。

 監督、棟梁親子を合わせて7人。屋根工事の完了を機に、用意して貰った昼食を、皆で頂いたのです。

 この計画で、もっとも重要部分は屋根裏です。

 最も環境が良いのがそこだったのです。 

 元屋根裏だった部分に、開口部を設け、光、風、景色を取り込みます。その景色は。

 この日は曇りでしたが、隣家の屋根越しに神戸の海を一望できます。

 晴れた日は青い海を。

 夜には1000万ドルの夜景を。
 
 暮らしに楽しみを与える窓なのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐3‐チーム・チョコレート

 今年の冬は寒い日が続きます。

 昨日もかなり降りましたが、先週金曜日も、夜になると深々と雪が降ってきました。

 遅い時間に監督から電話があり「明日は雪で無理かもしれません」と。翌、午前中。

 何とか到着できましたと連絡があり、私たちも現場に向かいました。棟梁と話しをしていると、その間もキリを研いでいます。

 職人にとって、道具はまさに商売道具。

 この現場で、棟梁とは4件目の仕事になります。

 1階の柱、梁の補強が概ね終わりました。過去はいずれも新築でしたが、リノベーションこそ経験がものを言うもの。息子さん、監督と共に、頼りにしているのです。

 2階は大空間とするため、柱と梁を整理して行きます。想像していた梁組と違うところがあり、抜けない柱が何本かでてきました。

 このあたりはクライアントへ説明し、理解を求めます。難しくも面白いのが改修なのです。
 

 バレンタイン前ということで、奥さんからチョコレートのプレゼントがありました。

 棟梁とその息子さん、監督と私と当事務所のスタッフ。5人全員に頂きました。

 楽器がモチーフとなったパッケージでsince1923とあります。その日の夜、あっという間に全て頂いたのです。

 施工会社は、常に競争見積りで決定します。必然的に、プロジェクト毎、違うチームで仕事をすることになります。

 チーム・チョコレートは最後まで、現場にかかわる5人です。職能を持ち寄り、良い仕事をし、奥さんに報いなければなりません。 

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐2‐スケルトン

■■■「遠里小野の家」オープンハウス開催■■■
1月26日(日)10:00am~4:00pm 〈詳細はこちら〉

 年末までに解体が終わり、仕上げ材は全て撤去されました。

 いわゆるスケルトンという状態です。

 スケルトンとは骨格という意味。骨だけになった家は、なかなか美しいものです。

 クライアントの感想は「少し狭く感じるかな」でした。空間の広さは、場面場面によって、印象が変わります。

 「天井高と平面広さとの比率」「壁の有る無しと色」は、感覚に特に影響が大きい部分です。

 構造体としては、浴室だった場所の土台が多少痛んでいました。それ以外は問題無さそう。

 こればかりは、開けてみないと分かりません。

 ここから2階床、内部壁など新たな構造体を加えて行きます。

 その位置を、クライアントに確認して貰うのがこの日の目的でした。断熱材の無い家は、非常に寒いのです。

 南北と東は建物が隣接。西には開けています。

 光がどの家にも降り注ぐのは屋根。

 LDKを2階に上げ、その光をうまく内部へ導くプランを考えています。 

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「灘の高台の家」‐1‐プロローグ

 神戸は大変住みやすい街だと言える。

 北には山、南には海。高台は日当たりがよく、人気も高い。よって、多くの住宅が建ちならぶことになる。

 当初、相談があった際、新築、リノベーションの両方を検討しているとの事だった。

 結果、高台の物件が見つかり、リノベーションを選択することに決まった。

 はじめてのデートが住宅展示場だった、と言う話は何とも微笑ましい。しかし、それほど住まいに対する拘りがあるとも言える。

 他の事にお金を掛けるくらいなら、家に掛けるほうがという夫妻だった。

 緑は宅地のすぐそばにまで迫っている。これらを、日々の暮らしに取込みたいと思う。

 南には大阪湾を望む。その景色を十分楽しめるよう、思い切ったプランを考えている。

 竣工は3月下旬。

 春には夫妻の新しい暮らしが始まる予定だ。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■1月17日(金)~21日(火) ASJ建築家展に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー24F 11:00~18:00
■2月1日(土)、2(日) ASJ建築家展に参加
宇部市文化会館 10:00~17:00

【News】
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記