カテゴリー別アーカイブ: C38 「柏の家」

「柏の家」‐12‐竣工写真

■■■「セブンドリーマーズ銀座店」のオープニングセレモニー■■■
3月28日(金)-30日(日) 11:00-20:00 東京都中央区銀座5-8-3
 
 550kmという距離を超え、そして厳しいコストの中、完成した「柏の家」。

 写真撮影は、担当スタッフも連れて行きました。空は雲ひとつない快晴。 
 
 ご主人がこよなく愛するプレミアリーグのリヴァプール。そのホームスタジアム「anfield」がモチーフになっています。

 玄関を入ると、右にあるのが「作業室」。奥さんが、木工細工をしたり、縫い物をしたりする部屋です。

 ここで作品を作り、数ヶ月に一度、ワンデイショップを開きます

 壁も自ら漆喰を塗り、照明なども全て奥さんのセレクト。作業室であり、アトリエであり、店舗であり。

 スタッフはこの部屋に泊めて貰いました。

 2階はLDKの1室空間。正面が北向き。南の奥に広いバルコニーがあります。

 天井は4m以上。延べ面積26坪以上の広がりを出せたと思います。

 向かって右にキッチン。袖壁後ろは、両面の全面収納になっています。

 外からみると、丁度レンガが張り出している部分です。

 見返すと、ダイニング後ろの大きな窓が見えます。

 北側の光は明るすぎることがなく、思いきった開口計画が出来るのです。

 水周りの上にはロフト。ここはサッカーミュージアムと呼ばれます。

 リヴァプールと柏レイソルのお宝が展示されている、至福の空間。

 訪れた際は、私が主寝室で夫妻がロフトへ。

 しかし、こちらの方が寝やすいかも、と言っていました。

 明るいバルコニーに面した浴室。ユニットバスですが、外部へ出られるよう、扉を設けました。

 腰壁は高めに設定し、男性なら裸で外へ出られます。夢がかなったと、言って貰ったのです。
 

 22日(土)は、朝から晩まで撮影。そして晩御飯は、大変なご馳走でした。

 蒸し鶏、パエリア、デザート。美味しい料理でビールを頂き、12時まで盛り上がっていたのです。

 フルコースに感激したのですが、朝ごはんは感動しました。好みでトッピングを選べる中国粥。優しい美味しさで、その心遣いがもう。

 仕事をさせて貰い、宿泊付きのフルコース。こんな事を受け入れてよいのかとも思います。

 しかし、共に戦ったのは事実。クライアントであり、戦友でもあるのです。

 では、何と戦ったのか?コスト、期間、「一般的には」という慣習……

 上げれば切りがありません。建築家と家を建てるのは、戦うことでもあるのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■セミナー開催―ライフスタイルを楽しく―■■■
4月26日(土)、27日(日) 3:00pm~4:00pm 
グランフロント大阪北館・5F「サンワカンパニー
■■■住宅無料相談会■■■
4月28日(月) 3:30pm~6:30pm 
ジュンク堂<茶屋町>

【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
 5月6日(祝・火) 相談会開催予定
■4月23日~4月29日 堂島アバンザ1階にて
「遠里小野の家」のパネル展示

【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐11‐ワンデイショップ

 昨年の10月に完成した「柏の家」

 奥さんから、写真がおくられてきました。

 家の前に、告知の看板がをおくと、道行くひとが興味をもってみてくれるとのこと。

 明日3月15日(土)、10:00amから4:00pmまで、柏の家で「ワンデイショップ」が開催されます。

 場所は、柏市緑ヶ丘。

 J1の柏レイソルのホーム「日立柏サッカー場」へ向かう大通り。スタジアムの200mほど手前です。

 店内の写真には、輸入雑貨なども並んでいます。

 店名は「Rabitts」。

 3月の連休、泊りがけで撮影に行く予定なのですが、その際には本当の「うさぎ」が家族に加わっているとか。楽しみにしています。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■セミナー開催―ライフスタイルを楽しく―■■■
4月26日(土)、27日(日) 3:00pm~4:00pm 
グランフロント大阪北館・5F「サンワカンパニー
■■■住宅無料相談会■■■
4月28日(月) 3:30pm~6:30pm 
ジュンク堂<茶屋町>

【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
 5月6日(祝・火) 相談会開催予定
■4月23日~4月29日 堂島アバンザ1階にて
「遠里小野の家」のパネル展示

【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐10‐自宅で雪見風呂

 柏の家のクライアントから、大雪の写真が届きました。

 雪の中、レンガの外壁がなかなかに映えています。

 「自宅で雪見風呂」を堪能いたしました!と、昨日メールを貰いました。千葉は今や雪国です。 

 かまくらの写真もあり、雪の休日を満喫しているとの事。

 風呂は2階にあるため、ユニットバスにしています。

 裸でもバルコニーに出られるよう、大きな出入り口を備え、腰壁もかなり高くしました。それが、ご主人たっての希望だったのです。

 バルコニーにも降り積もる雪。いよいよ雪見風呂の写真です。

 もう説明は不要でしょうか。

 念のためですが、ご主人に了解は貰っています。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐9‐ うれしくて…

 先月竣工した柏の家。奥さんから「うれしくて…」とメールが届きました。

 月曜日の昼に職場の友人とお子さんで我が家でパーティーをしました。大人13名、子供5名で・・・・

 椅子の数も偶然ですが13脚ありゆっくり座って食べて飲んでしゃべってと楽しい時間を我が家でできました。

 来客の皆が全員素敵なお家で、いたるところがちゃんと考えてて良いお家だね~~~と言ってもらいました。羨ましい~~~!!と

 いろいろな方の力を借りて自慢できるお家になり感謝しております。ありがとうございました。

 憩いの場所(落ち着くおうち)ができたそうで、また次回もやる計画になりました。また報告のご連絡をさせてもらいます。

 照明のセレクトと、棚の制作は奥さんによるものです。

 食材の入った缶も、こだわりが伝わってきます。照明も、思い切りのいい選択です。

 この家のモチーフとなったのは、リヴァプールにあるanfieldというサッカー場。

 玄関には、そのジグソーパズルが飾られています。

 階段のエンブレムは、リヴァプールの選手たちが、ピッチに立つ前にタッチしていくものだそう。

 毎朝、ここにタッチして仕事へ、学校へ行くなら、こんな素晴らしい仕掛けはありません。

 anfieldというモチーフを考えたのはご主人です。< 現地へ行くほどの、熱烈なプレミアリーグ、リヴァプールのファンでした。

 建物には、多くのストーリーがあればあるほど、愛着が生まれます。それは困難と置き換えても良いかもしれません。

 近いうちに撮影に行く事になっており、楽しみにしています。

 文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■ で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■11月16日(土)、17(日) ASJ建築家展に参加ビッグハート出雲アートギャラリー 11:00~18:00 (17日は10:00から)
■11月23日(祝・土)ジュンク堂京都店 15:30~18:00
JIA×JUNKUDO 共催『住宅無料相談会』に参加

【News】■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐8‐ 寄りと引き

 千葉の柏へ行ったのは先週でした。

 明日が引っ越しというタイミンで、外部だけ撮影して来ました。

 表札は焼物です。こういった素材感は、無垢ならでは。

 正面のスチール庇はスチール製です。レンガの対比がなかなか美しいものです。

 外観が「引き」の写真なら、素材感が伝わるのは「寄り」の写真です。

 引きで形が良く解るのは、この角度でしょうか。

 どのアングルがこの家を最もよく伝えることが出来るのか。これが、撮影の楽しみであり、緊張であり。

 今回は思い切って、ミラーガラスも使っています。

 正面が北向きなので、昼間なら家の中はほぼ見えません。中から見ていると、結構指を指している人も多いとのこと。良い話であれば嬉しいのですが。

 内部の撮影は、奥さんによる家具工事が終わってから。その連絡を楽しみに待っているのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■ で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■11月16日(土)、17(日) ASJ建築家展に参加ビッグハート出雲アートギャラリー 11:00~18:00 (17日は10:00から)
■11月23日(祝・土)ジュンク堂京都店 15:30~18:00
JIA×JUNKUDO 共催『住宅無料相談会』に参加

【News】■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐7‐ ぞくっと

 昨日、柏の現場へ行っていました。

 審査機関の完了検査だったのです。

 審査機関の人が「関西弁だね」といい、書類に目を通しました。「ああ大阪から。大変だね」と。

 全く大変でないとと言えば嘘になりますが、声が掛かる内が華だと思っています。検査は問題なく終了。まずは一安心です。 

 内部は最後の掃除か残っているものの、概ね完成です。

 決して大きな家ではありませんが、2階は1室空間。天井高もあり、開放的な空間になりました。 

 道路が北にあるので、南側に大き目のバルコニーをとっています。

 フルオープンの窓を開ければ、外部とも一体に。

 大きく窓を開けてお風呂に入りたい。出来ればそこから外に出たい。

 よって、お風呂からバルコニーに出れるドアをつけました。
 

 奥さんが夕方現場に来てくれました。「足場が外れ、初めて外観を見た時は、ぞくっとしました」と。

 初めに書いたのですが、この建物にはモチーフがあります。

 プレミアリーグのリヴァプールの本拠地、アンフィールドというスタジアムです。それでも、そんな感想を貰うと設計者冥利に尽きるのです。 
 

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■10月4日(金) ビッグローズ(広島県福山市)
15:30~17:00 中国アトモスガス主催セミナー
■10月24日(木)~28(月) ASJ建築家展に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー24F 11:00~18:00

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」‐6‐ タイルと表札いい感じ

 先週にかけて、8月24日(土)、30日(金)、9月4日(水)と現場に行っていました。

 現場も追い込みです。

 柏の駅前商店街も、見慣れた光景に……と言えば大げさかもしれません。

 しかし、回を重ねる度、愛着が湧いてくるのは事実です。

 当初より、計画の中心にあったレンガのファサード。その姿が、ようやく現実のものとなってきました。

 奥さんが、時々写真を送ってくれるのです。

 更に、2階梁は自身で塗られたもの。他の家具も塗って貰う予定です。

 プロの仕事がいつも最善とは限りません。粗っぽく、濃淡を付けたいなどは、DIYに限ります。

 焼物の表札も付きました。名前のところは加工していますが「いい感じです」とのことでした。来週、実物を見るのが楽しみです。

 現代において「良い感じ」と「いい感じ」は違う表現。いい感じなのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■■■9月15日(日)1:00pm~5:00pm「住之江の元長屋」オープンハウス開催■■■
前日までに、お名前、お電話番号を明記の上、メールかfaxにてお申込み下さい。地図をお送り致します。
■9月20日(金)~23(祝・月) ASJ建築家展に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー24F 11:00~18:00

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」-5- 屋根の上で宇治金時

 8月20日(火)は柏の現場へ。10:30amには現地につきました。

 3時の休憩には、クライアントからアイスの差し入れ。宇治金時を食べるのは何十年振りでしょうか。

 高い所で食べるアイスは、とても美味しく、かつ涼しいのです。

 どこで食べたかと言うと、建物正面の一番上。ここに庇があり、へこみがあるのが見れるでしょうか。

 足場がある、今だからこその醍醐味です。

 奥さんは、非常に身軽な人です。ハシゴのないロフトまで、ヒョイヒョイと登ります。

 ここからの景色がなかなか良いのですが。 

 工期が遅れ気味で、ご迷惑を掛けています。しかし「職人さん達に無理をさせないでくださいね」という気遣いまで。

 物創りと言っても、人と人の関係から生まれて来るもの。その気遣い、期待に応える仕事をしなければなりません。

 千葉通いも今回で12回目になりました。あと何回現場に来られるのか……

 常磐線に乗り換えるのが上野駅。初めて通った時、その天井の低さに、驚いたものです。

 京都も、大阪も暑いですが、東京も暑い。

 ジリジリと高層ビルを焼きつける様が、尚そう感じさせます。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール
「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■8月23日(金)『住まいの設計相談会』に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー20F 15:00~16:30
TOTO DAIKEN YKK AP大阪コラボレーションショールーム
■■■9月15日(日)1:00pm~5:00pm「住之江の元長屋」オープンハウス開催■■■
前日までに、お名前、お電話番号を明記の上、メールかfaxにてお申込み下さい。地図をお送り致します。

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」-4- 柏のサポーターが柏に建てる家

 日曜日は、柏の現場へ行っていました。

 土日は、つくば市でのイベントに参加していたので、ホテルからの移動です。

 朝一番、現場に着くと、ようやく実物を見る事が出来ました。

 天気も良く、気分爽快です。

 まずは2階へ上がります。

 道路が北側で、2階の奥、南にバルコニーを配置しました。南に開くにリビング・ダイニングは、天井高最大4m。

 吹抜に近い大空間に、ロフトも備えています。

 クライアント、監督と屋根上にも上りました。

 これも足場がある時ならでは。

 この日の目的は、主にスイッチ、コンセントの位置決定。実寸の型紙を貼って確認して行きます。

 この打合せは、家を建てる過程の中で、最も時間が掛かる日なのです。

 準備2時間、打合せ5時間。全て終わったのが、2時半頃でした。充実感を感じながら、つくば市のイベント会場へ喪戻ったのです。

 2階にあるロフトは、ご主人の要望。

 

 小さな窓は寝転んでバルコニーが眺められるようになっています。

 帰りがけ、日立柏サッカー場へ向かうサポーターの姿もちらほらと。この後、勿論クライアント家族もスタジアムへ向かいます。

 柏のサポーターが柏に建てた家。サッカーは、暮らしに深く根差していると実感するのです。
 
文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■7月6日(土)、7(日) ASJ建築家展に参加
岸和田市・浪切ホール 11:00~18:00
■7月19日(金)~22(月) ASJ建築家展に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー24F 11:00~19:00

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「柏の家」-3-いかに伝えるか

 地鎮祭の後、基礎工事が始まっています。

 基礎工事が終わると次は建て方。柱、梁などを組み上げて行きます。

 それに伴い、決めていくべき事が沢山でてきます。

 躯体が出来上がったあとは、屋根、サッシ、外壁工事が始まるのです。

 立面図に色付けし、仕様を書き込んだものをクライアントへ送付しました。

 模型、スケッチとそれぞれの役割があるのです。 

 意外かもしれませんが、サッシは外壁工事より前に取りつけます。

 よって、比較的早い段階で全てを決定する必要があるのです。

 いかにイメージを共有できるか。この言葉に尽きるのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■6月29日(土)、30(日) ASJ建築家展に参加
つくば国際会議場 11:00~18:00

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記