カテゴリー別アーカイブ: C45 「松虫の長屋〈リノベーション〉」

「松虫の長屋」‐12‐これがフルリノベーションだ

 11月初めに撮影をした「松虫の長屋」。

 webサイトのページが完成しました。

101北側外観

 北向きの四軒長屋の中央二軒のフルリノベーション。

601※外観 - コピー

 以前の外観です。

102北東外観

 必要なもの、必要でないものを整理整頓していきました。

103エントランス

 エントランスに寄り付きがあると、街への印象はぐっと変わってきます。

201LDK西から

 やはり、これがメインカットでしょうか。

 光庭、ロフト、ボルダリングと、この家の特徴が良く分かります。

202LDK北西から

 上のお兄ちゃんを、奥さんと次男君が見ている写真も楽しそうです。

204キッチン

 食事の風景も、実際に作って貰ったと書きました。

203LDK北から

 ご主人のお母さんも一緒に暮らします。

604※1階 - コピー

 以前のダイニングは1階にありました。

 ボルダリングの壁の後ろに階段があり、5段下がったところに中2階があります。

105中2階和室

 この部屋は、お母さん専用リビング。

 ご家族の友達が遊びに来た時、丁度良い距離感が5段なのでは、という奥さんとの会話から出来上がったものです。

 うるさ過ぎず、一人にせず。そんな気づかい、愛情を空間にしました。

 305ロフト北向き

304ロフト西向き

 ロフトは、子供専用の空間です。

 おもちゃが、リビングに出てこないのが兎に角嬉しいと、奥さんに言って貰いました。

401光庭

 そして、環境を大きく改善したのがこの光庭。

 階段下にも空間があり、裏の路地へと繋がっています。夏には、ここから路地で冷やされた風が入ってくるのです。

 床にあるアクリルの床も、階下に光を落とすためのもの。

402LDK夕景

 洗濯を一手に引き受けるお母さんのリクエストは、広い物干し。

 手前半分を月見台という位置づけにして貰いましたが、とても広い物干台になりました。

403月見台

 快晴のもと、ハルカスを眺めるこの光景を、イメージしてプランを練って行きました。

 「こうしておけばよかった、という所は全くありません」と言ってもらいました。

 北向き四軒長屋の中央二軒に光と風を導いたフルリノベーション。
 
 私も、ほぼやり切ったという気持ちです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】

■12月2日~12月28日天六・住まいの情報センター4Fにて「野洲の家」「遠里小野の家」「住之江の元長屋」のパネル展示

【News】
■homify(アルゼンチン版)12月10日に「加美の家」が紹介されました
■homify(英語版)11月19日「加美の家」が紹介されました
■homify9月22日「野洲の家」が紹介されました
■homify(韓国)9月14日「遠里小野の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐11‐写真撮影そしてエピローグ

 11月3日は文化の日。「松虫の長屋」の写真撮影でした。

 前日は久し振りの雨でしたが、雲1つない青空が広がりました。

10 - コピー - コピー

 とは言え、天気はきまぐれ。

 撮影は早目、早目が鉄則です。

11 - コピー - コピー

 屋根上にある月見台から、北に望むあべのハルカス。

 晴れと曇りでは、全く違う景色になります。撮影の時ほど、晴れが嬉しい日はありません。

13 - コピー - コピー

 月見台から光庭を降りていくと、ダイニングにつながります。

 この計画は、四軒長屋の中央二軒のリノベーション。この部分は屋内でした。

 ここを減築し、光と風を取り込こむという提案をしたのです。

 これを面白がってくれるクライアントと、それにトライしようという施工会社がなければ、実現することはありませんでした。

15 (2) - コピー - コピー

 もと界壁だった壁にも開口をあけ、ロフト部にある子供部屋とLDKが繋がります。

16 - コピー - コピー

 撮影の間、人物無しのカットを撮る際は、ここで待機して貰います。

17 - コピー - コピー

 それらを繋ぐクライミングウォールは、夫妻の友人も時々登るそう。

 それより、玩具が広がっても気にならない。かつ目は届くロフトを、お母さん友達は評価してくれるとのことでした。

 「こうしておけば良かった、というところは無いんです」と言って貰いました。

20 - コピー - コピー

 人物ありのカットは、調理から食事までの撮影です。

21 - コピー - コピー

 写真なのにという事無かれ。

 演技ではなく、本当であることが大事なのです。

23 - コピー - コピー

 作っている間にお腹一杯になってしまうかもしれませんが。

25 - コピー - コピー

 「子供に手伝って貰ってもいいですか」というのは、奥さんのアイデアでした。

 こちらのご家族は、暮らしを楽しもうという気持ちがよく伝わってくるのです。

27 - コピー - コピー

 一緒に住む、ご主人のお母さんにも入っていただき、食事の風景も撮影しました。

 これで午前の部は終了。

29 - コピー - コピー

 日没後、更に夕景を2カット撮り、この日の撮影は終了しました。

 写真が上がってくるのは3週間後。楽しみですが、間違いのない出来だと確信しています。

31 - コピー - コピー

 昼食のおにぎりの上に乗っていた海苔は、恐竜の形をしていました。福井の恐竜博物館で買った、抜き型だそうです。

 計画のスタートは2013年の秋。

 鍼灸整骨院を経営する忙しい中、夜の打合せがほとんどで、お子さんのお弁当を持って来られた事がありました。

 その海苔も、このような抜き型だったのだと分りました。

 暮らしを楽しむ。人生を楽しむ。それは、何かが無ければ出来ないものではありません。

 物創りを生業としている私が言うのも変ですが、物がなくても意思があれば十分だと思うのです。

 「今まではあまり友人を呼ぶことが無かったのですが、4家族までは行けますよ」という言葉に、自分達の存在価値を見出すのですが。

 日々の暮らしに、ささやかな喜びを付加できたらなら。それが私達の仕事です。
 
 この撮影で計画はひと区切りです。ここまで要した時間は2年。振り返ってみればあっと言う間でした。

 次回はおそらくメディアの取材時だと思っているのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■12月12日(土) 2:00pm~4:00pm 天六・住まいの情報センター5Fにて セミナー開催「○○と一緒に暮らす」

【News】
■homify10月24日「加美の家」が紹介されました
■homify9月22日「野洲の家」が紹介されました
■homify(韓国)9月14日「遠里小野の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐10‐アドリブのジャムセッション、それが現場監理だ

■10月3日(土)13:00-15:00高槻高校(母校)文化祭の相談コーナーに参加します■

 何故か綱渡り竣工が続いた2015年の前半。

 引越し屋さんが引くくらい工事をしていた前回。「松虫の長屋」も、ようやく竣工検査を迎えることになりました。

01

 2ヶ月前から、生活が始まっているので、今更検査もないのですが。

03

 しかしけじめは肝心です。

 この計画、若いご夫妻がのセンスを、形にすることに拘りました。

05

 レンガ、タイルの貼り方なども、奥さんが響き、選んでこられたものを尊重しました。

 全体のバランスを私が取ったという感じです。

07

 クライミングウォールのホールドも「カラフルは止めて、淡色のグレーで行きたい」というのも、クライアントからのアイデア。

 1も2もなく賛成しました。

 こういったところで、少し主張を抑えると、空間のまとまりがとても良くなります。

 手前に見えるのは光庭。四軒長屋の中央に外部を挿入しているのです。

 反対に、こういった空間構成や、環境を紐解くのは私達の仕事です。

09

 1年生になったばかりのお兄ちゃんは、早速、練習の成果を披露してくれました。

 こういった、プラスのオプションは、減額の際に無くなる場合が多いのですが、これも、夫妻のこだわりによって実現した箇所です。

10

 四軒長屋の中央二軒。加えて北向き。

 それを解決するには、この方法しかないと考えていました。

17
 ロフトとLDKはスキップフロアとなっており、緩やかに繋がっています。

19

 中学生くらいまでは、子供部屋として使えると思います。

21

 静かになったなと思ったら、お兄ちゃんはロフトで本を読んでいました。

 ここは、何となく目線が切れる空間です。家族の個性にもよるのですが、こういったしつらえが、とても大事だと考えています。

11

 奥さんが最後まで迷っていたのが、キッチン横にある洗面壁の目地。

 最終的には、私の推した白目地にしてくれました。これは、とても感謝してもらいました。

 リノベーションの場合は、特に全てがコントロール出来る訳ではありません。

 現場は刻々と変化しますし、施工者の考え方もあります。

 そこに立ち、空間を感じ、クライアントが喜べる、最高の答えを求めなくてはなりません。

 アドリブのジャムセッション。それが設計に対し、監理という仕事なのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■10月3日(土)、4日(日)高槻高校の文化祭で、卒業生の紹介で当社の仕事が紹介されます
■10月10日(土) 3:30pm~6:00pm ジュンク堂<京都店>にて
「無料相談会」に参加

【News】
■homify9月22日「野洲の家」が紹介されました
■homify(韓国)9月14日「遠里小野の家」が紹介されました
■homify(ドイツ)8月11日「加美の家」が紹介されました
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

守谷さんの紹介

「松虫の長屋」‐9‐間に合った、のか

 先週金曜日。引越し当日は快晴でした。

 強い日差しで、作業は大変だったと思いますが、雨だったらと思うとぞっとします。 

31 - コピー

 朝一番、現場はまだ作業をしており、ひとまず家の前に荷物は待機。

 怒られても仕方ない中、いつも笑顔で、現場に対して寛容だったことに、どれだけ救われたことか。

33 - コピー

 家具を据付け、電気配線をつなぐ。

34 - コピー

 据え付けられた家具に塗装。

35 - コピー

 荷物は来る。塗装を急ぐと。

 もうアメリカンコメディーみたいな状態です。ともて笑っていられませんが。

52 - コピー

 アリさんマークの養生が済み、いよいよ大物、冷蔵庫の搬入です。

53 - コピー

 若い2人が、大汗をかきながら、まず2階へ搬入。

55 - コピー

 キッチンに隣接するパントリーに何とか納めてくれました。

59 - コピー

 1階への明り取りも、まだ仮置き状態のようです。

 現場の職人も、アリさんマークの人たちも、本当に大変だったと思いますが、何とかんとか終了しました。

 最近、何故このような綱渡りが多いのか。

 多くの物がユニット化する中、加えて、職人の高齢化、人手不足と、全く楽観できません。

 何かを創り、それを世に出す以上、その責任と覚悟を、関わる全ての人が持たなければなりません。
 
 物が100円で買える時代、その作成に関わりたいのか、何千万円というお金が掛る、一点物の創造に関わりたいのかを、改めて自分に問う必要があります。

 30年前なら当たり前だったことが、当たり前で無くなって来たのです。

 しかし言い訳無用。ご家族の皆さんには、お詫びしかありません。月見台が据え付けられたら、伺います。

 まだ、残っているのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■■■7月12日(日) 3:30pm~6:00pm 堂島アバンザ2F
ジュンク堂<大阪本店>にて「無料相談会」に参加■■■
■6月30日~7月31日
天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」http://www.atelier-m.com/w/achikochi/w.htmlのパネル展示

【News】
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
「セブンドリーマーズ・芝公園ラボ」
『賢者の選択 Leaders』で紹介されました
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐8‐イメージのまんま

 引越し前日、最終の打合せに来ました。

30 - コピー

 正面にさほどの変化はありません。

31

 内部のクロス工事はひと段落したよう。

 小学1年生の長男君お気に入りの窓。真っ先にロフトまで上がってきて、お父さんが来るのをここから眺めるのです。

32 - コピー

 1週間前からすると、塗装工事もかなり進みました。

33 - コピー

 とは言え、予断は許さない状況。塗装会社からは、社長直々の登場です。

 切羽詰っている証拠でもありますが。

35 - コピー

 床にある光取りの開口部。

 お子さんも明るければお母さんも明るい。

36 - コピー

 ここには、厚さ25mmのアクリル板が入りました。

37 - コピー

 こんな使い方をしてくれたらいいな、という想像と期待で設計は進んで行きます。

38 - コピー

 クライミングウォールは、ホールドこそ付いていませんが、グレーの塗装で仕上がっていました。

39 - コピー

 ここも、想像以上にお気に入りで、創り手としてはほくそ笑むしかありません。

 奥さんも「こんな家に住みたかったという、イメージのまんまです」と言ってくれました。

 そこを目指して来たので、当然と言えば当然ですが、私達にとっては自信になる言葉です。

 あとは、最後の追い込みで、明日の引越しが無事終ることを祈るのみ。

 朝一番から、家具の据付工事が残っているのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■■■7月12日(日) 3:30pm~6:00pm 堂島アバンザ2F
ジュンク堂<大阪本店>にて「無料相談会」に参加■■■
■6月30日~7月31日
天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」http://www.atelier-m.com/w/achikochi/w.htmlのパネル展示

【News】
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
「セブンドリーマーズ・芝公園ラボ」
『賢者の選択 Leaders』で紹介されました
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐7‐松虫も間に合うのか

 元の竣工予定は5月末でした。が、未だ工事中。

 大規模な遣り替えもあり、クライアントには大きな理解を示して貰いましたが、引越しは7月10日に決定。待ったなしです。

 最近こんな事ばかり書いている気も……

 11 - コピー

 松虫の由来は「松虫塚」にあります。

13 - コピー

 昔から上町台地には、塚、古墳が多くありました。

 通りがかりの旅人が、松虫(現在の鈴虫)の声に聞き入り、命絶えたことを哀れんで、供養したことが始まり、とあります。

 この季節の夜、古来なら想像できない程大きな、虫の音が聞こえてきたことでしょう。

15 - コピー
 
 歴史情緒に慕っている間もなく足場が取れ、塗り壁の外観が表れました。

 奥の最上部にあるのが、ロフトの窓。

17 - コピー

 窓枠塗装の最中でした。

 手前のLDKの正方形窓も見えます。

19 - コピー
 
 LDKとつながるロフトエリアは、この建物のテーマをよく現します。

 ロフトは子供部屋として使われ、その下に彼らの祖母の昼寝部屋があるのです。

 その段差が5段。

21 - コピー

 ロフトは高い位置でもLDKとつながります。

 ここから、クライミングウォールを伝って降りることが出来るのです。

 ここはこれからの楽しみ。

23 - コピー

 現場は、何とか7月10日に間に合わせようと、全力です。ただ、急いでいるからと言って、質を落とす訳には行きません。

 設計・監理という仕事は、この監理部分で、総合力を問われる気がします。

 しかし、良いイメージしか持っていません。この現場、兎に角面白いのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■■■7月12日(日) 3:30pm~6:00pm 堂島アバンザ2F
ジュンク堂<大阪本店>にて「無料相談会」に参加■■■
■6月30日~7月31日
天六・住まい情報センターにて
「加美の家」「遠里小野の家」http://www.atelier-m.com/w/achikochi/w.htmlのパネル展示

【News】
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
「セブンドリーマーズ・芝公園ラボ」
『賢者の選択 Leaders』で紹介されました
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐6‐屋根穿ち、暮らしの中に感激を

 関西から5日遅れて、昨日関東も梅雨入り。
 

11 - コピー

 本格的な梅雨前に、何とか屋根工事、防水工事が終わりました。現場にとっては何よりの幸せなことです。

14 - コピー

 この計画では、四軒長屋の中央に光庭を設けています。

23 - コピー

 隣り合うロフトへは、直射が差し込むのです。

38

 ロフトゆえ天井高は低いのですが、ここは子供専用エリア。

21 - コピー

 斜めに下がってくる屋根も、楽しんでくれるはずです。

27 - コピー

 光庭からロフトを見上げると青空が見えます。

 この光庭に階段が設置され、月見台にアプローチ出来るようになるのです。

29 - コピー

 屋根を穿ち、強い光が建物の中に差し込んできます。

 日々の暮らしに感激を。

 建築にはそれが出来ると信じますし、それが私達の存在意義だと思うのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
■4月2日 セブンドリーマーズ梅田ラボ OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐5‐この道45年のスーパー大工

 松虫は阿倍野区なので、ハルカスが徒歩圏内。

01 - コピー

 繁華街に遠からず近からずで、住みやすい街だと思います。

07

 前回UPした、2階LDKの写真。

05 - コピー

 一昨日はこの状態へ変わりました。

 まさに、この長屋が劇的に変わるタイミング。

 サッシがついている部分を光庭とするため、屋根が取り払われたのです。

07 - コピー

 子供さんが遊んでいたロフト部分に光が差しています。この部分は屋根を補修するエリアです。

 昨晩は晴れ予報だったのが、運悪く深夜に雨が降り、監督、棟梁とも現場に駆けつけたとのことでした。

 自然の中で働くというのは、本当に大変です。

 しかし、それらをどれだけ内部に近づけることが出来るか。これが、私達の永遠の目標なのです。

08 - コピー

 脚立がある部分は洗面になるので、再び屋内に戻ります。

 現場にいる間に、屋根組みが始まりました。

09 - コピー

 棟梁の顔が普段より引き締まって見えるのは気のせいではないでしょう。

 この道45年。しかし「これだけのリノベーションはやったことがない」と。

10- コピー

 この現場も「野洲の家」同様、親子大工です。しかし。このところは、助っ人が来ての3人体制。

 新しい構造材と、旧構造体が入り乱れ、見れば見るほど、なんとダイナミックなリノベーションなのかと思います。

 私が設計したのですが。

17 - コピー

 長男君が、棟梁に手紙を書いてきてくれました。次男君も、心から楽しみにしているようです。

 2008年、フジテレビのスーパーニュースで「境内の中の家」を特集で放送して貰いました。

 神社の中の家で、大工工事のみ奥さんのお父さんが参加。しかも石川からというストーリーもあり、取材になりました。

 その時のフレーズが「この道50年のスーパー大工」でした。今回も、そのフレーズが蘇ってきます。

 「この道45年のスーパー大工」

 若者の建築現場離れが進みますが、これだけ遣り甲斐のある仕事は、そうそう無い気がするのです。

 文責:守谷 昌紀

■■■5月30日(土) 3:30pm~6:00pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加■■■

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■5月30日(土) 3:30pm~6:00pm ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加
■4月18日~5月17日 天六・住まい情報センターにて
「遠里小野の家」「加美の家」のパネル展示

【News】
■4月2日 セブンドリーマーズ梅田ラボ OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐4‐ダイナミックに、劇的に、遠からず、近からず

 昨日、BSで「劇的ビフォーアフター」私の担当回が放送だったようです。

 こちらの家族は、「住之江の元長屋」も見学済み。しかし、この計画こそ番組以上に番組らしいと思います。

01

 4軒長屋の中央2軒を、フルリノベーション。

03

 向かって左にあるのは駐車場。

 天井高さは、2m弱まで抑えています。

05

 中から駐車場をみると、上階が下がっているのが分かるでしょうか。

06

 この部屋は、ご主人のお母さんがゴロゴロ出来る部屋として計画しました。

 小柄な方で、畳がよいとのことで、天井も2.2mまで抑えました。この部屋からLDKまでの階段が6段。メインテーマを体言する空間なのです。

 その距離、遠からず、近からず。

07

 LDKから見渡した時、奥の部屋が沈んでいるのが分かるでしょうか。

 先に種明かしをすると、手前に見える黒いサッシの向うは中庭になります。

 光が差し込み、屋上へ続く外部階段が出来るのです。

09 - コピー

 天井高を押さえた、駐車場、お母さんの和室の上にあるのが、子供用ロフト。階段が出来る前に、すでに体験済み。

 それでも完成した時は、感激して貰う自信があります。
 
 設計した本人が、現場に幾たびに驚く位、ダイナミックな計画なのです。

文責:守谷 昌紀

■■■5月30日(土) 3:30pm~6:00pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加■■■

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■5月30日(土) 3:30pm~6:00pm ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加
■4月18日~5月17日 天六・住まい情報センターにて
「遠里小野の家」「加美の家」のパネル展示

【News】
■4月2日 セブンドリーマーズ梅田ラボ OPEN
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

「松虫の長屋」‐3‐明るい家族に、明るい家を

 最近、どの施工会社に聞いても忙しい、忙しいと。

 世の中の景気が良いのか、優秀な施工会社と仕事をしているからか。

00 - コピー

 職人の手を確保するのが兎に角大変とのこと。

 ようやく腕利きの大工が現場に来てくれました。

01 - コピー

 この日はスイッチ、コンセントなどの位置確認でしたが、こちらの家族は、本当に皆が明るい。

 上のお兄ちゃんはこの4月から小学生。出来れば入学までに、と言われていたのですが、それは適いませんでした。

 計画はなかなかスムーズに進まないものですが、この明るさに随分助けて貰った気がします。

03 - コピー

 現在は仮住まいなので、本来の家に朝夕、お迎えをして貰っているのです。

 よって、この日の打合せはご主人のお母さんも見えて、5人全員がそろいました。

 リノベーションは、過程が面白いもの。この土壁を見て、何も感じない人はいません。

04 - コピー

 現場につき、細心の注意を払う必要はありますが、出来るだけ見に来て欲しいと思います。

 古いものに手を入れ、それがどこまで変わるのかを体感して欲しいと思います。

 また、ユニットでなく、手作りの家の良さは、必ず伝わると思うのです。

05 - コピー

 笑う門には福来る。

 笑顔と積極性だけが、全てを好転させてくれるはず。明るい家族に明るい家を、です。

09 - コピー

 模型の子供部屋は外していますが、必ず笑って遊んでくれると思います。

 2階に外部があるのが見えるるでしょうか。今回も、劇的にリノベーションしてみたいと思います。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■4月2日 セブンドリーマーズ梅田ラボ OPEN
■4月18日~5月17日 天六・住まい情報センターにて
「遠里小野の家」「加美の家」のパネル展示

【News】
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
『HOUSING 9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記