「ゲストルームのある家」-4-サビ

 改修は既存部をどう活かし、やりかえる部分とどう関係づけるかが重要です。

 序盤からずっと課題になっていたのが外壁。

 既存建物は鉄骨4階建てで、外壁に一部タイルが使われています。

 覆う、塗り替えなど様々な選択肢を検討していましたが、高圧洗浄して残すことに決定しました。

 他の部分はその色あいに合せます。

 建築材料がどんどん規格化され、選択肢が狭まる中「塗装」という工事は貴重です。その選択肢の巾が、群を抜いているからです。

 同じく工事中盤まで持ち越していた玄関ドア。

 これも錆び仕上げに決まり、監督がサンプルを持ってきてくれました。CDホルダーのようなケースに、1枚1枚納められています。

 こういったものを見ると「この制作会社は良い仕事をしてくれるだろうな」と確信します。何事も一事が万事です。

 硫酸等を塗布して錆びを進行させます。理論上、酸素に触れなければ錆が進行する事はありません。

 頃合いを見て、ウレタン塗装で錆びごと密封してしまうのです。

 サンプルこそ見て貰っていますが、全ては自然の産物。仕上がりが楽しみです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
3月19日(火)■大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました

【Events】
■4月27日(土)ジュンク堂三宮店 15:30~18:00
JIA×JUNKUDO 共催『住宅無料相談会』に参加
■5月5日(日)、6(祝・月) ASJ建築家展に参加
梅田阪急ビルオフィスタワー24F 11:00~18:00
■5月11日(土)、12(日) ASJ建築家展に参加
和歌山ビッグ愛 展示ホール 10:00~18:00

【News】
■1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
■3月11日(月)オウチーノに「劇的ビフォーアフター」の匠たちとして紹介
4月9日(火)リフォーム産業新聞「住之江の元長屋」掲載

メディア掲載情報

一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。