タグ別アーカイブ: ディズニー

将来就きたい仕事7位‐1179‐ 

 今日は梅雨の合間の晴れ空。

03 - コピー

 道端に小さな花が咲いていましたが、これもアジサイの一種でしょうか。

50

 日差しはもう真夏のもの。木漏れ日と言うよりは、アラベスクと言った趣きです。

 クラレは、今春小学校を卒業した子供達1000人に、将来就きたい仕事のアンケートをとりました。

 火曜日、そのランキングが発表されていました。

<男の子>
①スポーツ選手②研究者③医師④ゲームクリエーター⑤エンジニア⑥教員⑦建築家・設計士⑧会社員⑨警察官⑩動物園・遊園地スタッフ、スポーツ関係(コーチなど)、運転士・運転手

<女の子>
①教員②医師③ケーキ屋・パン屋④看護師⑤漫画家・イラストレーター⑦研究者、芸能人・歌手・モデル、保育士、薬剤師

 男の子2位、女の子7位の研究者は、昨今のノーベル賞受賞が影響しているという記事でした。7位に建築家・設計士が入っていました。

 コメントは付いていませんでしたが、自分の職業が入っているのは単純に嬉しい限りです。

01 - コピー

 学校帰りに、現場に寄ってくれる長男君。棟梁と会うのを楽しみにしています。

 松虫の長屋のクライアントは、彼には税理士になって欲しいそうです。大工とか建築家とか言って貰えるかなと思って聞いた私が甘かったのですが。

71 - コピー

 70年代前半、日本の大企業グループ2社が、ディズニーランドの誘致合戦を繰り広げていました。

 アメリカ本国以外、初の誘致を目指したのは、富士スピードウェイに計画する三菱地所・東宝チーム。浦安を押す三井不動産・オリエンタルランドチームです。

 電通時代には「11PM」「シャボン玉ホリデー」「大阪万博」をプロデュースし、成功を納めていた堀貞一朗。オリエンタルランドの常務として、そのプレゼンテーションを担当します。

 1974年、ディズニーの幹部が視察にやってきました。三菱側が押す富士スピードウェイは都心からの距離が弱点でした。

 近郊のメリットを活かしたい堀は、ホテルから移動するリムジンバスで、昼食をとって貰おうと考えます。

 その時間帯は道がすいておる、食事をしていれば、より短く感じるだろうと考えました。

 車内には小さな冷蔵庫がひとつ。ディズニーの幹部へ向かって彼は「何でも好きな飲み物を」と言いました。

 詳細に好みをリサーチしていた三井側は、彼らの注文が最大3パターンであることを突き止めていました。よって、全てのオーダーに完璧に応えたのです。

 夢の国誘致を、ぐっと引き寄せた瞬間です。

 その堀貞一朗さんは、2014年2月10日に亡くなりましたが、インタビューを書籍にした「夢現力」の著者、和仁 達也氏はこう教えられたそうです。

 「人生は才能探しの旅である。自分の才能は、人に教えてもらう 」

 自分の才能は、自分としては当たり前過ぎて分からないもの。人が自分にどのような頼みごとをしてくるかに注目すると言います。

 あなたが何をしたときに、人が喜んでくれているかに注目します。分らなければ、直接聞いてみれば良いと言うのです。

 自分に才能はあるのだろうか?あるとすればどんなものか?

 人に聞く前に、この仕事を選んだので、残念ながら聞いたことがありません。稀代のプロデューサーはこうも言います。

 「自分の納得を信念という」

 中島みゆきではありませんが、時代は回ります。

 13歳の若者達が、流行でなく、自分が信念をもってやり抜ける職業に出会えることを、心から願います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【Events】
■7月12日(日) 3:30pm~6:00pm 堂島アバンザ2F
ジュンク堂<大阪本店>にて「無料相談会」に参加

【News】
「セブンドリーマーズ・梅田ラボ」4月2日 OPEN
「セブンドリーマーズ・芝公園ラボ」
『賢者の選択 Leaders』で紹介されました
『HOUSING 5月号』3月21日発売に「遠里小野の家」掲載
『HOUSING 12月号』10月21日発売に「柏の家」掲載
■webマガジン『homify』1月10日に「加美の家」掲載
『大改造!!劇的ビフォーアフター』9月20日に「住之江の元長屋」再放送

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

夢の国‐1106‐

 義父の古希祝いは「孫と一緒にディズニー行き」となりました。

 祝いと言っても、全員分を負担して貰っているので反対です。しかし、こんな機会でもなければ、一生訪れることは無かったかもしれません。

11 - コピー

 ファーストコンタクトはシンデレラ城。

 ミラノのガレリアを思い起こさせるアーケードから、ドラマティックな景色が演出されていました。

13 - コピー

 妻の妹家族も現地で待ち合わせ、総勢10人でいざ夢の国へ。

15 - コピー

見慣れたキャラクターをモチーフにしたアトラクションは、やはり世界最高レベル。

16 - コピー

 あらゆる方法でゲストを楽しませる。非常にシンプルな空間です。

 もてなす側をキャストと呼ぶとは聞き知っていました。人生を舞台に例えるなら誰もがキャストと言えそうです。

19 - コピー

 エレクトリカルパレードの時間まで、娘も目いっぱい楽しみ、初日を終えました。

21 - コピー

 2日目はディズニーシーへ。

 園内のホテル「ミラコスタ」に泊まるれば、15分前に入園できるようです。

 世界一の稼働率を誇ると聞きましたが、園があってこそと考えれば、これも人気アトラクションと言えそうです。

 朝一番は「タートルトーク」へ。

 ウミガメとゲストがトークするという、至ってシンプルなアトラクション。

23 - コピー

 勿論ですが、ウミガメが会話するはずはありません。どこかで見ている「ヒト」が話している訳です。

 芸能用語で言えば、ただの「客イジリ」ですが、これがなかなか面白い。

 毎回のアトラクションで鍛えに鍛えられているのでしょうが。どんな会話も温かい笑いに変えます。その技術は圧巻。

 明石家さんまに「あれは凄い」と言わせるのが更に凄い。

25 - コピー

 この日は、昼からガイドツアーに申し込んでいました。

 希望を伝えると、3時間のあいだ園の中を案内してくれます。列に並ばなくて良いので、どんどん希望のアトラクションに参加できるのです。

 また、あちこちに居る、ディズニーの隠れキャラを教えてくれます。

28 - コピー

 下から見上げるとミッキーに見える照明。

27 - コピー

 魔法のランプから出てくる魔人jジニーがアラベスク模様の中に。

29 - コピー


 ここにもジニー。

33 - コピー

そしてホテルの室内にも。ありとあらゆるところに、何度来ても楽しめる仕掛けが施されています。

 案内してくれたキャストに聞くと、会社からは何も教えて貰えないそうです。自分達で探し、キャスト同志で、教え合っていると言っていました。

 具体的な応対もマニュアルがある訳ではないと言っていました。働く側も楽しみながら成長していくのです。

35 - コピー

 今朝も、開園15分前に入れる特典があったのですが、台風接近もあり、予定変更し、午前中に大阪に戻りました。

 女性が池に指輪を落とし、一夜にして魔法の力で探し出した話。ゴミを夢のかけらと呼ぶ話。来たことが無くとも、数々の逸話を耳にします。

 それを知り、更に期待し、多くのリピーターが訪れる。その理由は何なんだろうと考えていました。

 もし、教育で作り出せるのなら、他のテーマパークでも、同じような伝説は生まれるはずです。

 綿々と積み重ねられた伝説が、信頼と期待を生みます。それがキャストのやりがいを引き出す。無限のプラスのスパイラルになっているのだと分かりました。

 最も違うのはこちらの気持ちなのでしょう。

 夢の国は、ゲストの心の中にあったようです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
(2014年9月20日再放送)

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記