遅刻厳禁‐1092‐

 夏休み中、何度か子供が事務所にやってきました。

 宿題の自由工作をするためです。

 娘は迷路。

 長男は、私がボートを降ろす模型。かなりピンポイントです。彼らの夏休みも、残すところ3日になりました。

 新聞の1面で、片田珠美という精神科医のコラムを取り上げていました。要旨は以下のようなものでした。

 日本社会の幼稚化が指摘されて久しい。クレーマー、モンスターペアレンツのように他人のせいにしたり、すぐ「キレ」たりする大人が増えた。

 子供時代は「登校拒否」、大人になってからは「出社拒否」と、「打たれ弱さ」も目立つ。

 これらの問題の根源は「自分は何でもできる」という幼児的万能感をいつまでも引きずる「成熟拒否」の蔓延がある。

 成熟した大人になるには、若い頃から転んでは起き上がる体験を繰り返すしかない。

 今週初め、ある建材メーカーから「前任の引継ぎで」と電話がありました。新任の22、3歳の女の子は、自らとったアポイントに15分遅刻。そして

「遅くなりました~」と言ったあと、すぐ営業を始めました。

「15分も遅れたら、まずは謝らないと」と言うと、間髪いれずに「済みませんでした」と。もう言わないで、というスピード感です。

 まず、自分が転んだと認識しなければ、立ち上がることは出来ないのですが。

 映画「ベスト・キッド」がリメイクされたようです。主人公の少年は、日々の雑事全てが、成長へのトレーニングだったと、後で知ります。

 そう考えれば、日常に張り合いもがでるというもの。概ね、極意というのは、誰でも知っているが、続けるのが難しいのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■■■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加■■■
■9月30日までヨドバシカメラB2Fソフトコーナーにて
「加美の家」「あちこちで茶できる家」「池を望む家」の模型を展示
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

夏は若く新鮮‐1091‐

 青い空に湧き上がる入道雲。

 日本の夏の景色です

 今回の広島の豪雨では、積乱雲が絶えることなく、繰り返し現れたそうです。最大15kmの高さにまでに。

 先週撮った写真ですが、せいぜい500mくらいでしょうか。その約30倍です。

 スタッフのマルコに「ニュウドウって何?」と聞かれました。

 入道雲は積乱雲の別称。エベレストを遥かに凌ぐ、坊主頭の化け物が次々と現れ、豪雨を降らせ続けたのです。本当に恐ろしい光景だったと思います。

 治水の悪い、大昔に生れた言葉を、現在で体感することになる。これも警鐘のひとつかもしれません。

 一人でも多くの命が救われることをお祈りします。

 今年は雨の多い夏でした。こうなると、空高い秋晴れが恋しくなってきます。

 広辞苑によると、「夏」はアルタイ諸語で「若い」とか「新鮮な」を意味するnierymが語源だそう。

 若く新鮮。だから、あっと言う間の過ぎ去っていくのか……

 夏休みも残すところ一週間。最後の日曜日くらい、スカッと晴れて欲しいと願っています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月30日までヨドバシカメラB2Fソフトコーナーにて
「加美の家」「あちこちで茶できる家」「池を望む家」の模型を展示
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

一方的叔父‐1090‐

夏恒例、ゼッカ家が我が家にやってきました。

妻の親友が、ミラノへ嫁いで13年。現在帰郷中なのです。

一番上のシモネは12歳になりました。

一番下はうちの娘で5歳。

皆大きくなり、集合写真でないと納まらなくなりました。

今年は私の休みと合わず、どこにも連れて行けませんでした。

せめて帰りだけでもと、天理まで送ってきました。

今度会うのはまた1年後。

長男は1歳の時から、一緒に遊んでいます。

シモネに至っては、結婚前から知っています。

今では、カルチョの国イタリアで、州のMVPに選ばれるほどのサッカー選手。

一方的叔父としては鼻が高いのです。

一方的叔父とは、あるクライアントが、長男へ向けて言ってくれた言葉です。

血縁関係はないが叔父。素敵な響きだなと思っていました。

見返りを求めない父性とでも言えば良いでしょうか。私にも、ようやくそんなものが芽生えてきました。

叔父としては、時々はこちらからイタリアへ出向かなければなりません。また、ジェラートを買ってあげる日を楽しみにしているのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■■■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm■■■
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

師をめぐる、巡礼の旅‐1089‐

 今年の夏休み旅。14日(木)福岡市に入ったところまで書きました。

 ホテルにチェックインして、夜の天神エリアへ。

 名物の屋台で、焼きラーメンを汗だくで炒める店主。

 南国とは言わずとも、開放的な雰囲気があります。

 屋台がよかったのですが、子供がいるので断念。今度の楽しみにします。

 翌朝、早起きして中心部を歩きました。

 中洲エリアにある、アルド・ロッシ設計のイル・パラッツォ(1989年)。

 単純ですが、ひときわ目を惹きます。

 巨匠・吉村順三の河庄(1959年)。

 コンクリート打放しのルーバーを楽しみにしていました。

 しかし、グレーとピンクで塗装がなされており……

 これは正直かなり残念。

 ホテル近くの福岡銀行本店(1975年)。

 黒川紀章、初期の仕事です。

 屋内というにはあまりにも高い天井。

 特別な存在感を放っています。

 朝食のあと福岡を発ち、北九州市立美術館へ。車で1時間程でした。

 こちらも、磯崎新の初期の作品です。

 学生の頃、白黒写真で見て以来、ずっと訪れたいと思っていました。

 磯崎の建築は、単純な造形を用い、一度に建物を印象付ける力があります。そんなところに憧れていたのです。

 一方、より限られた素材で、対比という思想を持ち込めば、より美しい建築が出来るのではとも思っていました。私の作品「加美の家」のモチーフになっているのです。

 訪れるより先に、創ってしまったのですが。

 麗しの磯崎を訪ね、今回の建築巡礼、目的は果たしました。

 しかし、建築めぐりだけでは家族は退屈します。

 午後には日本最大級の鍾乳洞、秋芳洞に到着。

 子供達は探検気分で楽しんでいました。15日(金)は山口泊。

 最終日、16日(土)は朝から萩へ移動。

 市内では、維新の志士、高杉晋作、木戸孝允(桂小五郎)の生家を回りました。

 そして、最後の目的地、松下村塾に到着。

 1856年、吉田松陰は叔父からこの私塾を引き継ぎました。

 そして、多くの幕末の志士を育てるのです。

 倒幕を強く訴える松陰が、維新を見届けることはありませんでした。

 大老・井伊直弼による安政の大獄によって斬首されるのです。1859年のこと。

 日本の近代化は、薩長土肥という地方の力によって成し遂げられています。

 それを差し引いても、この本州西端の小さな私塾から、育った人物の数は目を見張ります。

 先の2人を初め、久坂玄瑞、伊藤博文も松下村塾出身。

 松陰は、相当にクレイジーな部分もあったようです。

 しかし、少々狂気のようなものが無ければ、人の心に火をつけることは出来ないのでは。8畳の小さな講堂を見ながら、そんな事を思っていました。

 当の本人はこんな言葉を残しています。

 「みだりに人の師となるべからず。みだりに人を師とすべからず」

 師を持っていない私にとって、世界に残る名建築、そして珠玉の名言が、師そのもの。勿論みだりではないつもりです。

<目指せ、家族で47都道府県制覇>
33/47 【】は済み
北海道
青森  岩手 宮城 秋田  山形  福島
茨城 栃木 【群馬】 埼玉 【千葉】 東京 【神奈川】
【新潟県】 【富山】 【石川】 【福井】 【山梨】 【長野】 【岐阜】 【静岡】 【愛知】
【三重】 【滋賀】 【京都】 【大阪】 【兵庫】 【奈良】 【和歌山】
【鳥取】 【島根】 【岡山】 【広島】 【山口】
【徳島】 【香川】 【愛媛】 【高知】
【福岡】 佐賀 長崎 【熊本】 【大分】 【宮崎】 【鹿児島】 沖縄

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

フェリーで行く福岡‐1088‐

 今年の夏休みもフェリーの旅になりました。

 13日(水)の夕方、南港を出港。

 6時ころ、明石大橋を通過しました。


 今回は個室がとれました。

 乗船時間は12時間。

 子供たちにとっても、私にとっても、この時間が一番ゆっくり出きる時間かも知れません。

 船室の窓から景色が見えるこの幸せ。


 早朝に新門司に到着。

 その足で門司に寄りました。

 レトロの町、門司にはアルド・ロッシのホテルと黒川紀章のタワーマンション。


 子供たちが勉強を好きになってくれますように。

 まずは太宰府天満宮へ。賽銭も普段よりやや多めにしておきました。

 参道にあるスターバックスものぞいてきまいした。隈研吾設計の設計です。

 杉の角材を組み合わせた装飾が圧巻でした。

 帰りがけには菊竹清訓設計の、九州国立博物館。

 以前、出雲大社横でみた菊竹の狂気とは、まったく異次元の奔放さでした。

 博多へ移動して昼食。

 博多ラーメンはるるぶ情報のみ。博多一幸舎大名本家へ。少し並びましたが、すぐに入店。

 初めて替え玉を経験しました。つけ麺も初体験でしたが、これがなかなか。

 郊外にある、アイランドシティへも足を伸ばしました。「ぐりんぐりん」は伊東豊雄の2005年の仕事。

 うねるコンクリートスラブの下にある温室。上部も緑に覆われています。

 スラブには大きな開口があります。

 外と中の区別があいまいになって行くのです。

 自由、アグレッシブ、先進的。

 隈研吾、伊東豊雄は、時代の一番前を走る建築家です。

 それに、ロッシ、黒川紀章、菊竹ともうフルコース。

 福岡は建築がいいと聞いていましたが、これほどとは。刺激的でした。

 知らない辻を曲がる時のこのときめき。今からは夜の博多を歩いてきます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

迷ったら即行動‐1087‐

 今日の大阪は、台風一過の青空。

 台風11号は、関西の西を縦断するルートをとりました。

 昨日は、京都水族館へ行っていました。

 京都は少しはましかな、と予想。

 これが、台風を甘くみたことになりましたが。

 朝一番に水族館着。通過した頃に帰ろう。

 行って閉館ならそれもやむなし、と思っていました。

 流石に人も少なめ。 のんびりしたムードで、子供達も大水槽前に座りこんで観ていました。

 2012年オープンと新しいだけあり、展示にも工夫されています。

 アザラシが休憩したくなる、円筒型水槽。

水が動かないからなのか、いつも何匹かが昼寝しています。

 昼が近づくにつれ、人出も増えてきました。

 小さな子供がいる家庭はどこも同じだと、妙な親近感が沸くのです。

 イルカショーも、工夫されています。

 ストローを加工した笛が配られ、全員で練習。

 しかし、イルカショーは、経験がものを言うと良く分かりました。

 白浜、須磨、みさき公園のレベルの高さは、トレーニングの賜物だったのです。

 頑張れ、イルカと若いトレーナーズ。

 昼過ぎに館を出てJR京都駅に到着。構内に入ると、京都―大阪も運休と知りました。

 私鉄が動いていないか調べましたが、アクセス集中で繋がらず。まず京都駅を出て、地下鉄で四条まで移動。
 
 阪急は特急のみ運休。徐行運転でしたが、大阪まで帰ってこれました。桂川をみると、遊んでる場合ではなかったかもと、思いましたが。

 JRは運休が早い。通学の7年間、阪急京都線が止まったことはない。復旧も早いだろうと判断し、移動しました。大阪に戻った時点で、JRは運休のままでした。

 迷ったら即行動と決めて10年以上。行動して結果が悪くなったケースは5%以下だと思います。

 もっとも、若い頃のイメージは、50/50のイメージ。これだと、周りは「どちらでも良かったんじゃない」という評価になります。

 ここが分岐点で、人は失敗を恐れるというより、その後の非難を恐れるのです。

 出来るだけ情報を集め、冷静に判断。ベストと思う選択をして、結果が悪くなることはありません。勿論、判断する技術も多少は上がったと思いますが。

 運休を告げるアナウンスが繰り返し流れる車内。その雰囲気は誰もが知る通り。文句を言っても、悪態をついても電車は動きません。

 よって若者が「行動」へ舵をきったときは、必ず応援する。自分も含めてですが、応援できる人って、本当に少ないと思うのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

価格破壊‐1086‐

 月曜日に、「柏の家」のクライアントから梨が届きました。

 千葉県の白井市とあります。確かご主人の出身地。
調べると梨の名産地のようです。

 千葉県が収穫量日本一という事も初めて知りました。

 直販所などから送って貰ったのでしょうか。瑞々しく、爽やかな甘さ。
結構な値段だったのではと気になります。

 このところ、城山三郎の経済小説を3冊続けて読みました。

「粗にして野だが卑ではない」 1988年
「男子の本懐」 1980年
「価格破壊」 1969年

 時代を遡るように読んだのですが、最後の「価格破壊」が群を抜いていました。

 町の薬屋から流通業界に革命を起こした矢口。ダイエーの創業者、中内功がモデルと言われます。

 フィクションとは言え、いかにして彼が流通革命を起こしたかが、綿密に描かれています。

 1950年代、薬品、家電など、メーカーの力が圧倒的に強いものでした。卸、小売業者に販売価格を指示し、守らせていたのです。再販売価格維持、いわゆる再販維持制度です。

 また、値引き巾も上限を決めれており、これを破ると商品を卸さないなどのペナルティーが課されました。

 メーカー、問屋、小売の3者が安定した利益を得る為、足並みを揃えていたのです。

 作中、矢口率いるスーパー「アロー」は、決められた値引き巾を大きく越え、目玉商品を売り続けます。やがて、製薬会社は商品を卸さなくなります。

 それでも全国の現金問屋をめぐり、商品を仕入れ、販売を続ける矢口。消費者の支持をえ、販売力が増すと共に、業界への影響力も増して行くのです。

 ダイエーの売上げは伸び続け、1972年に三越を抜き小売業日本一になります。しかしバブル崩壊後の経営悪化は周知の通り。

「ダイエーは何でもあるけど、欲しいものは何にもない」

 晩年、中内は「消費者が見えなくなった」と言ったそうです。

 消費者には二面性があります。安いほうがいい。価値があれば、少々高くても欲しい。どちらも本心で、時代の気分、それぞれの状況によって、その間を揺れているのです。

13  コンビニまで100円とは、本当に物の安い時代になりました。
支持され続ける為に、最も必要なものは。

 真っ直ぐに現実を見れる目と、変化する勇気。この2つなのではと思っています。

 矢口の原動力は、激戦地フィリピンで生死の境をさ迷った経験から来るものでした。

 どんな運転技術があっても、車が動いていなければ、その価値はありません。

 明治、大正から昭和初期のエネルギッシュな成功者に共通しているのは、この「動く」ということに尽きると思います。

 自ず、物に恵まれた時代に生れた私達に欠けやすいものだと思います。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール
「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
メディア掲載情報
◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

うどんと建築、讃岐詣で & 讃岐うどん名店めぐりⅥ‐1085‐

 母方の祖母が亡くなったのが今年の1月5日。

 初盆には少し早いのですが、岡山、香川へ墓参りに。


 父母、弟家族をあわせて11人の団体旅行です。

 宿は小豆島に取っていました。

 日曜日の朝食前、皆で釣りに出ました。バタバタしているうちに、カメラがボトリと水中へ。

 情けないことに定期的に水没させています。今回は1年半でした。


 よって、写真は弟からの貰ったデータです。

 しかしこの写真だけはwebサイトから拝借しました。

 道中の高松にある、香川県立体育館です。

 1964年、国立代々木競技場と同時期に完成した丹下健三の代表作。

 耐震補強の応札がなく、この9月で使用停止が決まりました。

 この日の四国は記録的な大雨。右端に突き出た鼻のような部分から、滝のように雨水が落ちていました。

 高度成長期の日本。丹下が一番前を走っていた時代がビリビリと伝わってきます。圧巻でした。

 保存か解体か、という論議になっています。これほどの建築が簡単に出来ることはありません。天井が低いなら、保存というよりは、用途を変更しリユーズするのが良いのではと思います。


 小豆島は安価なフェリー料金を設定し、観光客を誘致しています。

 四国への橋ができ、何とか立ち寄って欲しいという事です。

 まずは壺井栄の「二十四の瞳」の舞台、岬の分教所へ。


 1日2回、干潮時に現れるエンジェルロード。


 150年は続く醤油蔵ヤマロク醤油

 醤油蔵内まで見せて貰えます。

 醤油は勿論、醤油アイスも美味しかったのです。


 小豆島を4:00pm頃でて、7:00pm神戸港に到着。

 天気はあいにくでしたが、その分スケジュールはゆっくりでした。


 今回の名店めぐりは、山越えうどん。噂に違わぬ繁盛振りでした。

 かまたま(釜揚げ卵いり)1玉250円。

 建築を学ぶ学生の間に「讃岐詣で」という表現があります。

 詣でるべき建築が沢山あるのですが、うどん名店巡りと共に、私の楽しみです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

【Events】
■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm
住まい情報センターにて「建築相談」に参加

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記