COOL!-1066‐

 昨日は、インターオフィスのショールームへ行っていました。

 自邸で使う、娘のイスを見に行ったのです。遅々とですが計画は進んでいます。詳しくは「現場日記」で。

01

 ショールームは、四ツ橋の交差点から西へ3分程。

 3月まで、グランフロントの伊勢丹にhhstyle.comの店舗がありました。 しかし3月に撤退。

 インターオフィスはその親会社で、関西ショールームはここだけになりました。

 入口を入ると、家具のミニチュアが並んでいます。

 ボールチェアは1963年、フィンランド人デザイナー、エーロ・アールニオの作品。手前にあるパスティルチェアは1967年の作品です。

 2004年頃だったか「webサイトを見た」とオファーがありました。

 住宅兼店舗といった建物で、家具のショップが主。ミッドセンチュリーの名作から、更にコンセプトを絞ったセレクトショップで、旧店舗にアールニオのバブルチェアがありました。

 ボールチェアのクリア版と言えば分かりよいでしょうか。

 この計画は結局頓挫します。建築に詳しい親族が「図面だけ描いて貰えば十分。現場監理は不要」という意見だったのです。私は「現場監理なしで、引き受けることがはできません」と伝えました。

 オファーをくれた夫妻は、悩んでおられたようですが、結局断りの手紙が届き、その中に5万円が挟まれていました。

 こちらのご主人、日本人離れした魅力がありました。

「RED-Lab」のどれかの写真を指し、「守谷さん、クールやわー」と繰り返します。

 10年前のことで書いてしまいます。

 免許取り上げ中にも関わらず、車を運転して来所したのです。サングラスに長髪をなびかせ、アメリカングラフィティーから飛び出して来たような人でした。

 「野洲の家」の施工会社の社長が、私を知っていたと聞いたのは地鎮祭の後。本人も時期は覚えていようですが、一度「設計協力の相談」に来所したそうです。

 その時も「下請けはやっていないのです」と答えたのだと思います。若い分、多少血気盛んではあったはず……

 世の中は意外に狭いもの。その場限りはないのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

やってみる、などない‐1065‐

 大阪は昼前から雨が降り出しました。

 植え込みのツツジも、雨濡れて尚鮮やかに。

 この3月、プリッカー賞の発表がありました。建築界で最も権威あるされる賞で、今年の受賞者は坂茂でした。

 1979年にハイアット財団によって設立された同賞を、日本人は7名が受賞しています。

1987年 丹下健三
1993年 槙文彦
1995年 安藤忠雄
2010年 SANAA(妹島和世、西沢立衛)
2013年 伊東豊雄

 坂茂の作品では、阪神淡路大震災のあと、神戸に紙管で作られた教会が記憶に残ります。建築は、権力者のためだけのものであってはならない、という哲学が貫かれているのです。

 新聞で彼がこう語っていました。

 世界でも稀なことに、日本人の学生は授業をさぼる。学生時代は楽しく過ごし、社会に出れば鍛えてもらえるとでも思っている。

  考えてみてほしい。野球でもサッカーでも、プロを目指す人は日々、厳しいトレーニングをする。建築も同じ。繰り返し課題に取り組みトレーニングをしなければ、プロにはなれない。

 真剣勝負を繰り返している彼からすれば、学生の態度が目に付くのだと思います。

 しかし、どのような基準をもってプロとするのか。何をもって真剣勝負と呼ぶのか。自分で決める他ないのです。

 先日、入所試験に来た若者は、2日目で辞めました。このようなことを繰り返していると「間違っているのは自分なのか」と思えてきます。一方、27歳のイタリア人は、黙々と穏やかに仕事を進めていきます。

 「12ダンメマデ、カイダン、チョクセンデスカ?」

 イタリア、スイスで2年の実務経験があり、コミュニケーションこそ片言ですが質問は的確です。反対に、建築設計図面は世界共通だと、私に分からせてくれるのです。

  Do, or do not. There is no try. – Yoda
   「やる」か、「やらない」かだけだ。「やってみる」などない。

 銀河系を守るなら、このぐらいの言葉が必要なのです。

 では、私たちの目指すところは。勿論、やる以上は一番を目指します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

あの花、シランかったん?‐1064‐

 5月の初め、「Shabby House」のクライアントと、庭木を見に行っていました。

 正面に植えたのはプンゲンストウヒ。

 ヨーロッパではクリスマスツリーとして使われる樹です。

 しかし、昨夏の猛暑に耐えられず、枯れてしまったのです。

 数本で影を作りあえれば良かったのですが、日本の日差しは厳しかったようです。

 この樹も、河南町にある古川庭樹園で探しました。

 こちらの専務、この世界では名の知られた人。

 広大な畑を案内し、唯一無二の1本を一緒に探してくれます。

 この日も運命の1本と出会えました。嫁いでくる日は、見に行こうと思っています。

 前回、庭先の花について書きました。

 すると、親戚からメールが。

 カタツバキはアヤメと間違うほど似ています。シランの葉っぱは、笹の葉のようで、丸まっています。あの写真はシランだと思います。

 しかも、義父から妻が貰った花でした。

 この仕事を始め、庭樹は詳しくなりました。しかし花となると……知識の浅さが露呈していまいました。お恥ずかしい限りです。

 人生の先輩からの指摘だけあって、気遣いも嬉しい限り。

 ブログを読むたびに、知的で、哲学的な内容に感じ入っております。
 (中略)
 実物と図鑑で確認してください。あの花、シランかったん?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

イタリアンがやってきた‐1063‐

 新緑がまぶしい季節。

 庭に咲くこの花は「かきつばた」のようです。

 先の住人が残していたったもので、花弁が細く、美しい花。

 沖縄入梅のニュースもあり、限られた季節を満喫したいものです。

 先週は「遠里小野の家」の3ヶ月点検でした。

 中庭のヤマモミジも青々とした葉をつけていました。その前を泳ぐ鯉のぼり。 四万十川でみた景色を思い出します。

 今月初め、1年2ヶ月働いたスタッフが退職しました。入れ替わるように、2人の若者が入所試験中です。

 1人は年始にイタリアから来日。現在日本語学校と掛け持ちです。

 もう1人は、2年間アメリカへ留学していました。

 これを機に、事務所の公用語を、英語に変えようと思います。冗談ですが。

 先日、オープンデスク中の女子学生が私に模型を見せに来ました。「ここがちょっと汚いね」と修正を求めました。

 すると「これから直すつもりでした」と、プイッとむくれてしまったのです。これでは、流石に事務所に置いておく訳にはいかず、丁重に辞めてもらいました。

 イタリア人の彼は、カルロ・スカルパが学長をしたことのある名門大学出身。イタリアの建築士免許も所得済みで、模型も修正しれくれます。

 日本人のようと言えば、イタリア人に失礼ですが、やる気さえあれば言葉の壁など、越えられると思っています。

 宮大工、西岡常一は法隆寺改修で知られ、「鬼」と呼ばれます。その弟子、小川三夫はこう教えられました。

「諸々の技法は神徳の恵みなり、祖神忘るべからず」
 「人に任せ、人に譲ることで、伝統は生きたものとしてつないでいける」

 伝えられる伝統を持っているかは分かりませんが、仕事は分かち合ってこそ。2人の若者に期待しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定

【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

自分の名前が好き嫌い‐1062‐

 子供の頃、親へ名前の文句を言ったことがあります。

 「何でこんな名前なん?漢字が女の子みたいやん」と。

 親は「お祖父ちゃんが付けてくれた、とってもいい名前なんだ」と説明してくれました。長男の名前を考えるとき、漢字の謂れを調べ、今は祖父に感謝しています。

 時代は繰り返されるので、同じように子供から言われました。

 「何でこんな名前なん?友達に、ニン『ジン』ってからかわれるやん」と。

 「凄く考えて付けた名前で、いい名前なんだ。その意味は……」
んっ。前はスラスラと出てきたのに。

 「仁(じん)」は「人と人が出会って初めて湧き上がる、慈しみのこころ。愛情」という意味です。

 儒教では、人の常に守る道徳を五常と呼び、その中から選びました。

仁- 孔子の提唱した道徳観念。礼にもとずく自己抑制と、他者への思いやり。
 義- 利害をすてて条理にしたがい、人道・公共のためにつくすこと。
 礼- 社会の秩序を保つための、生活規範の総称。仁を行動に移したもの。
 智- 物事を理解し、是非・善悪を弁別する心の作用。
 信- 欺かないこと。言をたがえないこと。まこと。

 広辞苑で調べてみると、現代に欠けていないかを省みることになります。

 長男はすぐに友達を作ってきます。先週サッカーの合宿で、他校の生徒との相部屋でした。夜中の2時半まで遊んでいたそう。褒められたことか分かりませんが。

 非の無い名前などありません。良いところだけみればよいのです。

 しかし「名は体を表す」か、とも思います。ことわざの精度に驚かされるのは、40歳を過ぎてからなのかもしれません。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

ビッグママ‐1061‐

 昨日は、1年振りに奈良の池原ダムへ。

 このダム湖での釣りが好きな事、一時、狂ったように通っていた話を昨年書きました

 大阪から車で運んだボートを、施設で降ろして貰います。

 小さなボートですが、バス釣り専用の装備を備えています。

 船上はフラットで動きやすく。

 足で操作できるエレキモーターが船首にあるのが一番の特徴です。

 ロッド、リール、ライン、ルアーと、無限の選択肢があります。

 季節感、水温、水質などから判断し、今日使う道具を選ぶのです。

 池原ダムは広大なダム湖です。

 どの場所で釣りをするかが、成果を大きく分けます。
 
 特にこの時期、バスは産卵を意識し、浅場にあがってくるのです。

 警戒心の強い大型の固体を、狙って釣れる可能性があるのです。

 水温は17.5℃。近くに新鮮な水を供給する滝のあるエリアを選択しました。

 透明度は5m位で、何とか産卵にからむバスを目視できそうです。居ました。

 ボートの陰を見るとすぐ逃げますが、また戻ってきます。明らかに、自分の気に入った産卵場所を意識しての行動です。

 60cmはあろうかという彼女と、一騎打ちする事に決めました。

 自分の知識と想像力をフルに働かせて、何度もアプローチします。

 15分程かけて、何とかフックアップ。

 強烈な締め込みを繰り返しますが、やり過ごしやり過ごしネットイン。もう、最高の瞬間です。

 3匹目の60cmオバーかと思いましたが、やや足らずの55cm、2kg。計測だけすませ、リリースしました。

 ここ池原ダムでは、日本記録を更新出来る可能性が、誰にも残されています。

 いい歳をした大人が、心ときめかせる、釣りの聖地なのです。

 夕方まで釣りをし計10匹の釣果。満足して池原を後にしました。

 バス釣りの是非は、昨年の記事に譲ります。

 作家・開高健はこう言いました。

 「釣った魚は、逃がしてあげなさい。そうすればあなたの心を泳ぎ続ける」

 この時期、もっとも大きいのはメスの固体です。これを、バス釣りの本場アメリカでは、ビッグママと呼びます。

 ビッグママとの真剣勝負に勝った、いや付き合って貰った帰り道。何度ももその光景を思い浮かべます。

 ラジオから「今日は母の日特集」と流れてきました。すっかり忘れていたので、吉野の葛餅だけ買って帰ったのです。

 ビッグママ。母はいつも偉大です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

竜馬、鰹、過去未来‐1060‐

 GWの愛媛、高知の旅。

 前回は、四万十川を巡るところまで書きました。

 東へ車を走らせると、高知市内に入ります。やはり竜馬は外せないので、まずは桂浜へ。

 司馬遼太郎好きですが、「竜馬がゆく」を読んだのは30歳の頃。その頃、私は仕事を1年休み、海外へ出掛けたりしていました。

 彼の人生は32年です。

 激動の人生を駆け抜けた様を知り、焦りを覚えました。今も焦りはありますが、日々ベストを尽くす他ないと腹はくくっています。

 高知出身の先輩に「地元の人間もひろめ市場はよく行く」と聞いていました。

 南国特有のおおらかな空気を感じます。ベトナムやタイの市場を思わせる雰囲気もあり、気分は盛り上がります。

 中でも、明神丸の鰹は絶品でした。

 GWの混雑でしたが、席を譲ってくれた家族がいました。

 「あれは食べた方がいい」と勧めてくれました。

 鰹のハランボは売り切れごめんだそう。

 トロのような部分なのか、脂がのっていて、別次元の美味しさでした。

 塩たたきは、その名の通り塩だけで頂くもの。

 この粗塩が、新鮮な鰹の味を引き立てます。1本釣りの鰹だけを使っているそうです。

 美味しいとは聞いていました、ここまで違いがあるものかと、圧倒されました。

 これだけでも、高知へ来た甲斐があります。

 最終日、フェリー乗り場のある愛媛へ戻ります。

 別子銅山のことを知ったのはこの1月。祖母の葬式の際でした。その近くにある、神社が祖母の親の出身だと聞いたのです。

 以来気になっており、「東洋のマチュピチュ」というフレーズを知りました。

 標高750mに広がる、日本最大級の銅山跡で、産業遺産として保存されているのです。

 ただ、ここ至るまでの道が極めて狭く長い。

 もしこの道幅を知っていたら、行かなかったかも。その位、離合が大変でした。

 昭和43年に閉山されたのですが、多くの建物が残っています。

 変電所跡も当時のまま。

 壁が剥げ落ちてはいますが、ぬっと人がでてそうな雰囲気です。

 最盛期はこの山奥に3600人の関係者家族が暮らしていました。

 ここは住友が民間一社で採掘をしていた稀な銅山で、小学校、中学校もありました。子供たちをしっかり教育すれば優秀な人材が生まれ、何代にも渡って、彼らが住友を支えてくれたそうです。

 床に転がるビールの空き缶。

 「子供の頃見た、アサヒビールのロゴはこんな感じだったな」と思い出します。

 旅は、自分の過去と向かい合い、未来を見つめなおす機会でもあります。次にまとまった休みを取れるのはお盆でしょうか。

 家族旅行、47都道府県制覇を目指します。

31/47 【】は済み
北海道
青森  岩手 宮城 秋田  山形  福島
茨城 栃木 【群馬】 埼玉 【千葉】 東京 【神奈川】
【新潟県】 【富山】 【石川】 【福井】 【山梨】 【長野】 【岐阜】 【静岡】 【愛知】
【三重】 【滋賀】 【京都】 【大阪】 【兵庫】 【奈良】 【和歌山】
【鳥取】 【島根】 【岡山】 【広島】 山口
【徳島】 【香川】 【愛媛】 【高知】
福岡 佐賀 長崎 【熊本】 【大分】 【宮崎】 【鹿児島】 沖縄

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

最後の清流に見る‐1059‐

 今年のゴールデンウィークは、愛媛、高知を回っています。

 四万十川沿いを走っていると、鯉のぼりの群れ。

 今日は端午の節句。

 子の健康と成長を願うのは、誰しも同じです。

 3日(金)の早朝、フェリーは東予港に到着しました。

 松山までは高速で1時間かかりません。

 3千年の歴史を誇る道後温泉は、夏目漱石らも愛した古湯です。

 松山は、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の舞台でもあります。

 そのミュージアムは、安藤忠雄設計です。

 その晩は、宇和島泊。

 藤原純友が考えたとも言われるのが鯛めし。

 刺身を生卵の入った出汁にからめて、ご飯と一緒に。ようは海賊料理なのです。

 翌日は、四万十川を遡りながら、高知を目指します。

 最後の清流、四万十川。何ともノスタルジックな響きです。

 沈下橋のある景色で知られますが、最も美しいとされるのが岩間沈下橋。

 これらは生活道路です。

 大雨の時に流されないよう、欄干がありません。

 しかし、はるか上空に建設すれば、こういった形状にする必要はないのです。

 少し走れば多くの沈下橋を目にします。

 上流部にある向山橋は、昭和38年架橋とありました。

 これほど薄い橋は見たことがありません。

 機能美と言えるところまで昇華しており、自然と融和しているように見えるのです。

 ミニマリズム、簡単に言えばもったいない主義。

 自然との共生を、最後の清流に見た気がします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

ウロウロするのは男だけ‐1058‐

 4月29日は昭和の日。長男と釣りへ行こうと思っていました。

 しかし関西は強い雨。断念して、大山崎山荘美術館へ行きました。

 大山崎山荘は、1917年に建った洋館です。

 持ち主の手を離れ、1990年頃マンションの計画が持ち上がります。

 建て主の加賀正太郎はニッカウヰスキ-の設立に参加。

 同じく、アサヒビールもその設立に参加していました。地域の強い要望もあり、アサヒビールがその縁から、買い取り、美術館へと生まれ変わったのです。

 改修、設計を託されたのが安藤忠雄です。

 1996年、半分地中に埋まった円形の「地中館」が完成。美術館はオープンしました。

 この一室空間の主役はモネの「睡蓮」。その他、ミロ、シュザンヌ・ヴァラドン等が展示されていました。

 シュザンヌ・ヴァラドンと言えば、ルノワール、ロートレックのモデルとしても有名。

 「白の画家」モーリス・ユトリロの母でもあります。その父が誰かは分かっていませんが、ロートレックという話しもあります。

 「睡蓮」より、こんな物語に私は惹かれるのです。

 雨に誘われ、カタツムリが柱を這い登っていました。

 コンクリートはセメント、砂、石、水を混ぜたもの。また、セメントの成分は、石灰石、粘土、けい石等です。

 本来、全てが材が国内でまかなえる安価な物なのです。

 安藤はその美しさにこだわり、独自の表現へと高めて行きました。しかし元はと言えば「大空間を安く作るための苦肉の策だった」と懐述しています。

 私もその魅力に魅せられた一人ですが、好きなのは男性だけというケースが圧倒的。よって家として実現するのは「あなたが好きなら」というケースが殆どです。

 今週初め、ラジオでこんな事を言っていました。

 電話をしながらウロウロするのは男性が殆ど。女性がそのような行動をとることは無い。男性は本来会話が苦手で、その不安を紛らわせるため、ウロウロと立ち歩く。女性は会話を楽しめるため、そのような必要が無い。

 私用の電話など、私もかなりウロウロします。会話が苦手で、不安を紛らわせていたとは……

 男と女。漫才コンビではないですが、こうまで違うのかと、軽いショックを受けたり受けなかったり。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■4月22日(火)~5月9日(金)グランフロント大阪北館・5F
サンワカンパニー」にてパネル展示
5月6日(祝・火) 相談会開催予定
【News】
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール ■で「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
『家は買わずに建築家とつくる。』11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記