出来る限り映画を見る week

 レンタルビデオ店から、半額セールの案内が来ていました。1本借りて173円。仕事も落ち着いて来たので、今週は”出来る限り映画を見るweek”にしました。

1本目 「パイレーツ・オブ・カリビアン」  満足度80%

 

 

 

 

 

 2003年公開のアドベンチャー、ファンタジー映画。ジョニー・デップが主演で、彼の出演作品は多分「シザー・ハンズ」以来です。あの作品も「以外に良かった」の典型的映画でした。

 海賊船の船長だったジョニー・デップは手下に裏切られ一匹狼となります。奪われた、自分の海賊船を取り戻す為元手下とあるお宝を奪い合うという話。

 ジョニー・デップの「いかれ加減」が最高でした。ちょっと斜にかまえて、現実をなめきったような感じがなんとも良くて。CGも凄かったのですが、剣でのアクションシーンもなかなかの迫力でした。エンターテイメントはこうでないと、というような作品です。余韻はありませんが、十分楽しめます。

2本目 「カンフー・ハッスル」   満足度75%


 

 

 

 

 

 「少林サッカー」のチャウ・シンチーが、再び監督&主演のカンフー映画です。

 ある郊外の貧乏アパートで、住民とチャウ・シンチー扮するチンピラが揉め事を起こします。しかし住民側があっさりと撃退。しかしこの事件をきっかけにギャング団とアパート住民の全面戦争に発展して行きます。

 その争いの中で、アパートの貧相なオヤジや、頭にカーラーを巻いた管理人のオバサンが、実はカンフーの達人で、相当強かったりするのです。チャウ・シンチーは最終的に住民側の見方になりますが、伝説の達人に殴られたショックで、いきなり強くなります。そして、伝説の達人を返り討ちに・・・・・・という話。しかしストーリーに大して意味はありません。

 痛快なカンフーアクションと、「おバカ度」と、キャッチフレーズの「ありえねー」を楽しむ映画。バカバカしすぎてかなり笑える映画です。

 まだ数本借りているので、今週中に見れるかどうか。面白いものがあればまたUPします。

港の魚屋は

 先週末、桜にはまだ少し早そうなので、和歌山の海へ出掛けました。

 

 

 

 

 湯浅というインターチェンジで高速を降り、海岸線をのんびりとドライブ。

 小さな漁港が見えたので寄ってみました。「戸津井」という港で駐車には500円必要ですが、清潔なトイレもあって家族連れにはピッタリです。 少し釣りをしましたが、小さな魚ばかりだったので全てリリース。

 

 

 

 

 天気も景色も最高で、潮風を満喫しました。帰り道に地の魚でも買おうと、漁港のおばあさんに尋ねると「隣の港にあるヨ」とのこと。

 水揚げされたばかりのブリ、タイ、シマアジ、ヒラメ、ホウボウ、イシダイ等などがイケスにいました。

 

 

 

 

 70cmくらいのハマチと25cmくらいのマルハゲが1500円と400円。いい買い物ができました。

 売っているお兄さんに「ここにはどんな人が買いにくるの?」と聞くと「近所の旅館の人か、釣りに来てボウズ※やった人やね」と。ん~、納得。※一匹も釣れないこと

 魚を美味しく持って帰るコツも聞いてみると「ウチは〆る時に、神経のシステムを破壊するので、身がリラックスした良い状態で持って帰れるヨ」と。長いワイヤーを尾の方から背骨の真ん中に突っ込み、頭まで通してしまいました。かなり残酷に見えましたがその効果の程は・・・・・・。

 

 

 

 

 帰ってから、ハマチは造りにしました。ワイヤー効果もあってか、身には弾力があり、味も抜群。この〆方は試してみる価値ありです。

 この港は「衣奈(いな)」。こちら方面へ釣りに出掛けて、もしボウズだったら利用してみては。

 お父さんには見栄をはりたい時があるはず!?

本気の迫力

 世界16カ国が参加した野球の世界一を決める大会、WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)は王ジャパンの優勝で幕を閉じました。

 21日(火)に行われた決勝のキューバ戦では視聴率は43・4%、瞬間最高視聴率は56・0%だったそうです。

 開催前の予想を遥かに上回る盛り上がりで、かく言う私も、テレビの前に釘付けでした。

 MVPは3勝をあげた西武の松坂投手で、文句なしの大活躍でした。決勝戦も勝利投手となりましたが、私の印象に残っているのは2次予選のメキシコ戦です。

 微妙な判定もあり、アメリカに負けた次の試合で、準決勝に進む為には負けられない一戦でした。試合は序盤から、いきなりのピンチが訪れます。

 0対0で迎えた2回裏、エラーもあってワンアウトランナー3塁。どうしても三振が欲しいこの場面で、メキシコ打線に対して、松坂はキレの良い150km台のストレートを連投します。最速は154km。三振そしてセンターフライで見事にピンチを凌ぎました。本当に球が唸っていました。

 世界を相手に、力でねじ伏せる投球は圧巻で、語弊があるかもしれませんが「本気」に見えました。短期決戦で数試合だけとは言え、あんなストレートを投げられる日本人がいるのかと、驚きました。

 野球は対戦相手があってこそのスポーツです。彼は高いレベルの舞台があれば、まだまだ能力を発揮出来るのだと思います。

 あれだけの力があれば、世界最高の舞台で勝負したくなるのが当たり前。来年はどんな方法を使ってもメージャーに行くのでしょう・・・・・・。日本人として、才能ある若者を応援したくなりました。

歩く 歩く

 長男も一歳を過ぎて、掴まり立ちが出来るようになりました。曾祖母から「靴を買ってあげて」と御祝いをもらったので、百貨店へ出掛けました。

 歩く前に履く靴(変な表現ですが)は頂きものが有りましたが、歩ける靴は初めてです。

 「初めてお世話になるものだから」と、店員さんには色々な質問をし、散々試着した結果、私のスニーカーと同じメーカーのものにしました。

 「いい買い物が出来たな」と妻と話していると、店員さんが「これを押せば、歩けるかも」とイヌが動く手押し車を持って来てくれました。

 「まだムリだと思いますよ~」とか言いながら持たせてみると、キャッキャと喜びながら歩く歩く。何故かものすごい大またで、百貨店の広い廊下を行ったり来たり。こけてもすぐ立ち上がり、延々と往復していました。

 寝返りえをうつ。座る。ハイハイをする。掴まり立ち。その境目はいつも突然やって来ました。本能とは言え、成長のスピードは親が少なく見積もってしまう程です。

 もちろん嬉しい誤算ですが、限界を設定してしまうのは親のほうなのかも?と考えてしまいました。

雪・晴れ・つぼみ

 

 

 

 

 3月14日(火)は朝起きると大雪。大阪でも雪が積もり、真冬のような一日となりました。

 翌3月15日(水)は一転して快晴。気持ちの良い天気なので、近所の公園へ散歩に出掛けました。桜のつぼみも膨らみを帯びてきました。大阪の開花予想日が3月25日に早まりました。

 

 

 

 

 気がつけば、木々も青々とした葉を付けていました。その中には鳥の巣が。

 「このあいだ年が明けたと思ったら、もう三月半ば?」などと言っている間に、木も鳥も春を迎える準備を進めていました。

 私も釣りシーズンに向けて道具の手入れでも始めます。

 一年ぶりの桜まで、あと一週間と少し。世間の気分は、「桜まえ」と「桜あと」では大きく違うように思います。待っている「まえ」も悪くはありませんが、皆がポジティブになるのは勿論

 「あと」。春の象徴「桜」を待ち望む時、日本人は一致団結するのです。

四国のおばあちゃん & 讃岐うどん名店めぐりⅡ

 昨日、母方の祖母に会いに行って来ました。

 香川県にある石段で有名な金毘羅さんの麓に住んでいるのですが、転んで頭を切ってしまい丸亀市にある病院に入院しているのです。

 今年で82歳。当たり前ですが、年を取りました。小学生の頃は、長期休暇になると弟と2人で、祖父母のもとで過ごしたものです。

 以前の祖母は、とにかく元気な人でした。今考えると、子供の世話をするのが、なのよりの生きがいだったようです。親戚の夫婦がドイツに留学に行くといっては娘を預かり、夏休みになると私たち兄弟がやってき、一緒に住む母の弟夫婦にも子供が3人生まれ・・・・・・

 イタズラ盛りなので、よく叱られましたが、よく笑い、よく働く、大好きな「四国のおばあちゃん」でした。

 今では曾孫が4人。しかし、もう昔のような元気はありません。子供の面倒を見る自信が無くなるのと同時に、以前のような覇気がなくなったのです。入院して体調も上向きなので、またうちの子供と遊び、叱ってて欲しいと願っています。

 帰りに、讃岐うどん名店めぐり-第2段-に行ってきました。

 2004年10月11日 に紹介した山あいの名店「山内」に続いて、今回はぶっかけうどん発祥の店と言われる善通寺市にある「山下」です。

 11:30am頃に入ったのですが、すでに席は一杯です。高知ナンバー、新潟ナンバーの車までありました。

 ぶっかけうどんの大盛りを頼みました。海老、サツマイモ、ちくわの天麩羅をのせて480円。生姜はおろし金で自分ですります。

 納得の値段に満足のお味でした。さすがに香川屈指の繁盛店だけのことはあります。コシの強い麺に、薄めの出汁、少し塩味の効いた天麩羅がよくあっていました。

 帰り道、元気な頃の祖母の姿を思い出します。

 時の流れとは言え、やはりなんとも寂しい気持ちになるのです。

トラブル トラブル トラベル

 最近知って妙に納得したことがあります。

-旅-トラベルの語源はトラブル

 「トラベル」の語源である「トラベイユ」は「苦労」という意味があるそうです。トラブルとほとんど同じことば。元々旅は苦労することばかりだったのでしょう。もっともっと遡ると拷問と言う意味まであるようです。

 近頃、家族で旅行に出かけるといえば、インターネットで下調べをし、宿を予約し、見所をリサーチし、移動はスムーズに・・・・・・

 旅の醍醐味は、思いもよらぬハプニングにこそあるのかもしれません。バックパックひとつ背負って、知らない国の、知らない街へ、旅へ出たいという野望がムクムクと・・・・・・

 そう、トラブルを求めて。

 私にとって「旅は俗悪に限る」のです。

大阪城 クリスタルタワー 梅

 日曜日の朝は雲ひとつない快晴。

 これは春の一日目?と、大阪城公園の梅林へと出掛けることにしました。

 

 

 

 

 情報では、五分咲きとのこと。

 実際は七分咲きちょい手前というところでしょうか。

 しかし人出のほうは結構なものでした。

 

 

 

 

 それでも、行ったかいがありました。

 大阪ビジネスパークをバックに見る景色は、なかなかのもの。

 

 

 

 

 この天気が続けば、今週末あたりが最盛期でしょうか。

 梅林をでると、春本番を前にして、つぼみを付けた木々もちらほら・・・・・・。

 次は桜です。

大阪城公園のWEBサイト

1歳の考えること

 昨日は長男、仁(じん)の誕生日でした。

 あたふたしたり、戸惑ったりしながらも、ようやく一年がすぎました。

 ありきたりですが、長かったような、短かったような・・・・・・兎にも角にも、仁は元気に育っています。

 

 

 

 

 

 昨日の夕食は誕生日の特別メニュー。何が特別かと言うと「全て手づかみで食べれる」事だそうです。

 

 

 

 

 

 夕食は先に妻と食べているので、カメラで撮っておいてくれました。特別メニューは一瞬にしてこうなったそうです。

 私が帰宅してから、3人で誕生日ケーキを食べました。彼は上のイチゴだけ。

 

 

 

 

 食後は最近覚えた歯磨きの”マネ”。実際磨いているはけではありませんが、何故かご機嫌なのです。

 最近はいろんな遊びが出来るようになりました。中でも、大のお気に入りは”かくれんぼ”。

 未だハイハイしか出来ないので、探しているマネを始めると、”高速ハイハイ”で飛ぶように逃げていきます。しかし、狭い我家の中ではすぐ見つかってしまう。

 考えた彼は、顔を布団などに押しつけると、じっとしているのです。自分からオニ(私)が見えないので、相手からも見えないと思っているのか、隠れているつもりのようです。

 布団に顔をおしつけ、ちょこんとお尻を突き出している姿を見ると「純粋なことは、なんて素晴らしいことよ」とチチは微笑んでしまうのです。