人類は進歩し続けるのか

 昨年の11月、こんな記事が出ていました。

 人類の知性は2千~6千年前ごろをピークにゆっくりと低下し続けているかもしれない――。こんな説を米スタンフォード大のジェラルド・クラブトリー教授が米科学誌セルの関連誌に発表した。

 人類の知性の形成には2千~5千という遺伝子が関係しており、ランダムに起きる変異により、それらの遺伝子は、働きが低下する危険にさらされている。

 一瞬の判断の誤りが命取りになる狩猟採集生活を送っていたころは、知性や感情の安定性に優れた人が生き残りやすいという自然選択の結果、人類の知性は高まっていった。

 真実かどうかは別にして、十分説得力のある話です。進歩発展を続けていると思っていた人類が、まさか後退していたとは驚きです。

 千年単位の話ではありませんが、思い当たる節がないではありません。

 一昨日、泉大津まで行っていました。

 所用でクライアントと会っていたのですが、帰りに「羽衣の家」をのぞいて来ました。 

 この仕事のオファーを貰い、私は独立しました。

 完成からはや15年。

 庭木も更に育ち、ちょっとした雑木林のようになっています。

 25、6歳の頃の記憶が、もっと言えば苦悩が、一瞬で蘇って来ます。

 まさに青春の1ページと言えば、少々青臭いでしょうか。

 42歳になったいま、当時より劣るものは何一つないつもりでした。が、先のニュースを読みふと思ったのです。私は進歩しているのだろうか、と。

 ―知性や感情の安定性に優れた人が生き残りやすいという自然選択の結果、人類の知性は高まっていった。―
 
 表現はオブラートに包まれていますが、冷静でなかった人類は獣の餌食になったという事です。
 
 不景気、就職難、デフレなど聞こえてきますが、生きることに命がけの時代に戻っただけのこと。ものは考えようです。
 
 このあたりは進歩したのか、ただ図太くなっただけなのか。 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
■■■「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012■■■1月6日(日)放送で
「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました
【Events】
■1月1日~1月31日 ハービスPLAZA(大阪)4階
「池を望む家」のパネル、模型を展示
■2月2日(土)、3(日) ASJ建築家展に参加
浪切ホール 1F・多目的ホール 大阪府岸和田市港緑町1-1
11:00~18:00(入場無料)
■2月6日(水)ハービスPLAZA(大阪)4階 12:00~15:00  
大阪府建築士会『住まいの設計相談会』(無料)に参加
■2月16(土)、17(日) ASJ建築家展に参加
サンメッセ香川 2F(入場無料)
香川県高松市林町2217-1
2月16(土) 11:00~18:00
2月17(日) 11:00~17:00
【News】
■大阪ガス『住まう』9月20日発行に「イタウバハウス」掲載
『MY HOME100選 Vol.11』8月27日発行に「サロンのある家」掲載
メディア掲載情報
一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA