作品展 in 心斎橋

 昨日はハービスPLAZAへ『住まいの設計相談会』の相談員として参加していました。

 初めてだった前回は相談者なしでしたが、今回は2人相談がありました。聞いて思うのは「わからない」が一番不安を生むということ。

 全て解決してのではありませんが、少し前向きな気持ちになって貰えたのではと思っています。

 3日前の4月30日の土曜日、新人スタッフを連れ車で心斎橋へ。

 夕方の6時過ぎにキッチンハウスの大阪ショールームに着きました。

 地下鉄心斎橋から歩いて5分ほど。

 営業時間後、作品展の搬入があった為です。

 クライアントの要望があり、4月の初めにショールームへ行きました。

 エントランスに空きスペースがあり、その使い方を模索していたようで、作品展をしませんかという話しになりました。

 そうと決まれば、早速パネルを作成。では、5月1日からとなったのです。

 レイアウトも考えました。

 キッチンハウスは、作り付けキッチンの大手メーカー。

 何故か一様にエネルギッシュな人が多いのです。

 設営も、当事務所と一緒になり、積極的に動いてくれました。

 A1のパネル10枚と、9個の模型、ポストカード、掲載雑誌など構成されています。

 1998年の仕事、白馬の山小屋もスポットライトを浴び、なかなか映えています。

 昨年の仕事、伊東内科クリニックは敷地の入った1/100の模型にしました。

 パネルは、新人スタッフが担当しました。

 作品展自体、キッチンハウス大阪としては初めての試みだそう。

 タイミングが良かったのですが、1番最初は嬉しいことです。

 土日は沢山の人出があるそうなので、5月8日にちらっと見に行こうと思っています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
□5月1日~5月20日まで心斎橋のキッチンハウスショールームで
パネル、模型の展示をしています
□5月21日(土)、22(日) ASJ 建築家展 に参加します
泉の森ホール 1F・ギャラリー
泉佐野市市場東1丁目295番地の1
11:00~18:00 入場無料
□5月31日までハービスPLAZA(大阪)4階
「切妻と中庭の家」のパネル、模型を展示しています
■毎日放送『住人十色』4月23日「光庭の家」放映
■『読売新聞』4月19日 朝刊に
「マイベストプロ大阪」の専門家として掲載
『ハウジング』3月25日発売に
「ドタバタ広場のある家」掲載
雑誌・テレビ等の情報
一級建築士事務所 アトリエ m
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA