一方的叔父‐1090‐

夏恒例、ゼッカ家が我が家にやってきました。

妻の親友が、ミラノへ嫁いで13年。現在帰郷中なのです。

一番上のシモネは12歳になりました。

一番下はうちの娘で5歳。

皆大きくなり、集合写真でないと納まらなくなりました。

今年は私の休みと合わず、どこにも連れて行けませんでした。

せめて帰りだけでもと、天理まで送ってきました。

今度会うのはまた1年後。

長男は1歳の時から、一緒に遊んでいます。

シモネに至っては、結婚前から知っています。

今では、カルチョの国イタリアで、州のMVPに選ばれるほどのサッカー選手。

一方的叔父としては鼻が高いのです。

一方的叔父とは、あるクライアントが、長男へ向けて言ってくれた言葉です。

血縁関係はないが叔父。素敵な響きだなと思っていました。

見返りを求めない父性とでも言えば良いでしょうか。私にも、ようやくそんなものが芽生えてきました。

叔父としては、時々はこちらからイタリアへ出向かなければなりません。また、ジェラートを買ってあげる日を楽しみにしているのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【Events】
■■■8月24日(日) 1:00pm~4:00pm■■■
住まい情報センターにて「建築相談」に参加
■8月30日(土)グランフロント大阪北館・5F
「サンワカンパニー」にてパネル展示
4:30pm~6:00pm「無料相談会」に参加
■9月21日(日) 1:00pm~3:30pm
ジュンク堂<三宮店>にて「無料相談会」に参加

【News】
『ハウジング9月号』7月19日発売に「あちこちでお茶できる家」掲載
『家は買わずに建築家とつくる。』2013年11月20日発売に
「あちこちでお茶できる家」掲載
大阪の住まい力アップ:第1回 リフォーム・リノベーションコンクール 「住之江の元長屋」が戸建部門、最優秀賞を受賞しました
■2013年1月6日(日)放送<「匠」が選ぶビフォーアフター大賞2012>「住之江の元長屋」が空間アイデア部門2位に選ばれました

メディア掲載情報

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA