建築家 / 守谷昌紀  一級建築士事務所 アトリエm

architect and associates atelier

○○年後の感想

2011年7月  つるみ歯科クリニック  鶴見院長より

1. 建物を使われている人数をお願いします。

9人

2. 建物が完成して何年になりましたか?

8年

3. 実際に生活されて(使われて)、良かった点はどこですか?

1) 白のペンキ塗りの壁は壁紙にはない風合いがあり、見ていて気持ちが良い。
2) 吹き抜けの、さらにアールの空間が解放感をより際立たせている。
3) 外壁から、独特の雰囲気があり、中はどうなっているのかなぁ、という興味を引き出させる。
4) 少なくともあと20年ぐらいは古臭いという感じはしないくらい、斬新かつ、飽きのこない設計。
5) 狭い土地を、なんとか工夫してもらっており、動線がいい。

4. 反対に問題点や、こうしておけば良かったと思う点はどこですか?

1) きれいなだけに、それを維持していくための努力が半端ない。 (スタッフの皆様に感謝です。)
2) 夏、冬の空調管理が困難を極める。得に夏はクーラー直下のところとそうでな いところとの温度差が激しく、温度設定に気をつかう。広い空間を循環させる良い方法はないかと、試してみたが、素人の浅知恵で終わっている。
3) もう少しひろければなぁ、と思うことが多々ある。 (頑張って、甲斐性でおおきな診療所建てれたらいいのですが、、、、、がんばります。)

5. 訪れた方々の感想はいかがですか?

 患者様は一様に、「きれいねぇ」「すごいいい感じ」と、やはり吹き抜けのアールの壁を見て、感心されます。そして何度か通われていくうちに、治療にたいする緊張がときほぐされると、壁の 石の造形物を見て、「これ、色はどうなっているのかなぁ?」など考えておられたり、映像を見て、リラックスされています。
  まさに、飽きのこない演出ですよね。すこしでも、治療に対する恐怖感がなくなれば、と考える者にとって、最大の武器になっております。

6. 設計の過程、または暮らされて(使われて)、印象に残っていることなどあればお願いします。

 今現在、もっとこうしたらよかったかな、ここはけちらなければよっかたな、などと思いますが、当時は精一杯考え、相談して ベストをつくしたので、後悔はないです。次建てる時は、、、なんて考えますが、次はあるのかどうかもわかりません。
 今思うと、「きれいな建物で中はどうなってるのかな?」「おしゃれな最新式の歯科医院ね」と期待一杯で入って来られる患者様にがっかりされないようにと自分なりに努力した7年でした。まだ、建物に追いつけていないのが現状で、早く対等になれるようがんばらねば・・と身をひきしめなおしました。

7. その他、ご意見等ありましたら、お願いします。

この建物はあの守谷さんの設計ですよ、と知人に自慢できる日がそう遠くない ような気がしていますが。